RGBとCMYの不思議な関係

七人の侍

マグニフィセント・セブン、中高年の男性人気で、好調だそうで、良かったですね。
七人の侍からの荒野の七人からのマグニフィセント・セブン(以下、M7/何せ携帯から投稿してるので、書きにくい(^^;)というPR戦略が、功を奏したみたい(^^)

そんな中、とあるサイトに「M7は、荒野の七人は超えたけど、七人の侍には、遠く及ばない。」と、書かれていたので、そこまで書かせる映画とは?とばかり、見てみました。

で、のっけから射抜かれました。
この映画、私が見た映画の中で、過去最高かも!?
世界の黒澤と言われる所以が、遅ればせながら理解できました。

特に、今回M7を見た後に本作を見たので、映画を見た後に原作本を読む感覚でした。
そりゃあ、原作本を読んでから映画を見た方には物足りなさを感じられたのも納得でした。
しかし、それは、日本人特有の感じ方でしょうね。
そこには、日本人独特の情緒や封建社会の身分制度、侍や百姓の生き様、戦国時代の戦さや野武士の蛮行などをある程度理解していなければ、到底理解できない世界観が描かれていました。

だからこそ、本作では、七人の侍が百姓を助けるのに、個人的な恨みは必要ないわけです。
従って、怨みを買う圧倒的な悪のリーダーも居ません。

ストーリーは、いたってシンプル。
野武士の襲来から村を守ろうとした百姓が、侍を雇い、雇われた七人の侍が、百姓らとともに戦い、自らが犠牲になりながらも、ついに村を守ったというお話。
しかし、なぜ百姓らが侍を雇おうとしたのか、侍をみつけるまでの苦労、侍が百姓を助けようとした理由、侍と百姓の交流、そして、戦略戦法が丁寧に丁寧に描かれています。
休憩を挟んでの約3時間半に渡る本作ですが、一気に飽きることなく見ました。
いや〜、すごかった。

しかし、国も時代も異なる西部劇で、この世界を精一杯描いたM7も秀逸だと、改めて感じるところとなりました。
荒野の七人は、まだ見ていませんが三本を見比べてみるのが面白そうです。

まずは、来週あたりもう一度M7を見に行きます(^^)



[PR]
by lee_milky | 2017-02-08 11:26 | Comments(2)
Commented by sunny omma at 2017-02-13 14:28 x
milkyさんお久しぶりです。拝見だけはいつもさせて頂いてます。
多分同じコラムを読みまして、それを念頭にM7観てきました。勿論他の二作は観ていました。
西部劇に仕立てた荒野の方は、出演者がみな強烈な個性で、それに圧倒されていましたが、内容的には
ただのならず者が格好良いガンさばきを見せるといったもの、M7はそこに倫理観を感じさせる要素も
ありましたね。ただあの”ドン、パチ”シーンの長さには寄る年波の身にはいささか応えました。
中年男性の観客にまじって私のような人もチラホラ、ビョンホン効果でしょうね。
荒野の出演者はロバート・ヴォーンがこの間亡くなって全員故人だそうです。
七人の木村功さんのあの青々しかった事♪  思わぬ書き込みの楽しさをさせていただきありがとう
ございました。
Commented by lee_milky at 2017-02-14 23:17
☆sunny omma さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
私は、荒野の七人はまだ見ていないんですよ。
それにしても、出演者が全て故人とは。
古い映画ですからね。

今回、番宣の仕方が良かったようで、中年男性客が多くて良かったですね。
私ももう一度観に行きたいと思っています。
異なる意味で、ビョンホン効果もあったようで、総じて、評判が良い様です。
<< シングルライダー、マスコミ試写会 シングルライダー、だからこそ観... >>