「お嬢さん」を観ました

「お嬢さん」を観ました。
ここ最近、韓国映画づいている私ですが、一連の作品の中で、本作が私にとってはナンバーワンでした。
でも、これは、人によって受け取り方の異なる作品でしょう。
ちなみに、本作を中洲大洋で観たのち、KBCシネマまで「太陽の下で」を観るため、徒歩移動したのですが、私の前を歩いておられた私年配の女性二人組は、酷評されてました。
気持ち悪いと。
しばらく映画は観たくないと。
同じ場面が何度も繰り返されて同じ映画を何度も見せられたみたいで退屈したと。

その会話を聞きながら、私が、本作を面白く観た最大の理由はそこにあるのかもしれまいと思いました。
本作と同じパク・チャヌク作品のJSAもそうでしたが、同じシーンが異なる視点で繰り返されるのに、私は弱いのかも!?
そう言えば、「誰秘」もそうでした。
これが私のツボなのか!!
結局、映画は展開が面白ければ面白いのでしょうね。
まあ、この感想は後付ですが、観ながら、パク・チャヌク監督天才!!と絶賛してました。

ただ、私の中の難点は、日本語のセリフ。
皆さんお上手だけど、やはり無理がありますよね。
この映画こそ、日本人は日本人俳優をキャスティングしてほしかったです。

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2017-03-26 15:39 | 映画 | Comments(0)
<< マスター、今秋、日本公開決定!! 「アシュラ」を観ました >>