2010年 02月 19日 ( 1 )

「第2回日韓次世代交流映画祭」報告VOL.4

会場に着くと、早速press証とstaff証をもらって下川先生を始め大学側のスタッフの方との挨拶もそこそこにそれぞれの配置に着きました。
。。。というより、下川先生が私のブログを検索し、「あんなミーハーなおばさんが集めたボランティアで本当に大丈夫なんか。そもそもちょっとだけいいこととは何ぞや。」と、心配されていたという話を前夜に聞いて、正直、顔を合わせづらかったのでした^^;
でも、そこはおばさんパワーの底力。
先生の心配をよそに、私たちは十分役に立つことができました。(自画自賛)
受付をしていたお仲間さんは、急遽接待や後始末の仕事まで回ってきたほどです。
私も自前のビデオカメラを片手に頑張りました。
カメラはかなり年代ものでしたが、こういうことには慣れているので、電源をすぐに見つけ、電機ドラムを片手に会場内を這ってコードを渡しました。
すぐそばで、下川先生と小栗康平監督がシートに座って談笑していらっしゃいました。
小栗監督は、映画「眠る男」で、眠る男の役でアン・ソンギさんを起用されたご縁で、今回この映画祭に出席されているようでした。
先生も監督も体格がとても宜しいので、私がお二人の間を縫って這い回るのがご迷惑なようでしたが、決して確信犯ではありません。
スクリーンと舞台と司会席の位置関係とお客さんに邪魔にならないように考慮したら、その位置がベストのように思われました。
[PR]
by lee_milky | 2010-02-19 22:05 | 韓国映画関連映画祭 | Comments(2)