2017年 04月 02日 ( 1 )

マスターを観ました

マスターの動画をお借りして、昨夜観ました。
勿論、字幕はありません。
字幕が無かろうがどうしようが、度々韓国まで映画を観に行っている私ですが、この映画はセリフが多くて、展開が早いので、正直ハードルがかなり高かったです。
そんなわけで、詳細の解明は、今秋の日本公開までお預けですが、感想を少しだけ書いておこうと思います。

この映画は、本作は、ハリウッド映画よろしくカーチェイスや派手な銃撃戦があるのですが、それらのアクションシーンに至るまでの設定がしっかりしていて、単純なハリウッド映画よりかなり面白かったです。
そして、それぞれのキャラが立っていて、まるで着ぐるみを着ているような効果があって、ハリウッド映画らしい単純な分りやすさも併せ持っているのも、面白く観られた由縁のような気がします。

私は、ドンウォンシとウビンシの演技はこれまで観たことがないので、キャラクター設定のための演技なのか、彼らの特徴を生かしたキャスティングなのかは私には分かりませんでしたが、静と動の対極な演技でした。
個人的には、ウビンシのオーバーな演技は馴染めませんでしたが、二人の対比という点ではこの方が良いのかな。

ビョンホンシは相変わらずのキャラなり切りっぷりでした。
マスコミでは、「奴3」以来の悪役と謳ってますが、チャンイは指を切られてからあのような偏狭な人間になったわけで、根っからの悪い奴ではなかったんですよね。
それにひきかえ、本作のチン会長は根っからの生まれついての悪。
その悪っぷりがすごいのは勿論、前半、善人を装うシーンがまたすごい。
ビョンホンシが演じている悪人チン会長が善人を演じるって、鳥肌ものです。

と、まぁ、こんなわけで、それぞれの俳優さんがそれぞれのやり方でキャラを演じ分けていて、この映画を盛り上げていました。

オ・ダルスシも後半出てきますが、彼はどんな役でもすべて自分に近づけて演じますよね。
ビョンホンシと反対。
これも対比と言えるのかな。

最も、普通に演技していたのは、刑事役の女優さんだったかな。
重要な役どころだったけど、彼女までキャラが立っていたら、この映画、刑事物になってしまった気がします。
そして、今回、チン会長はほとんど人と絡まないのですが、最後の最後に彼女がチン会長を叩くシーンがあって、それがなぜかやたら記憶に残りました。


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2017-04-02 22:47 | +マスター | Comments(0)