2018年 01月 28日 ( 2 )

それだけが私の世界、舞台挨拶⑤

舞台挨拶が終わって外に出ると、ワゴン車の周辺に人だかりができていました。
現地の方々がスマホを構えて、出待ちをされているのでした。
私は、ここで待つのをあきらめて、タクシーを捕まえて、早々にメガボックス大邱に行きました。
タクシーの運転手さんから、今日、日本人をメガボックス大邱に乗せるのは、お客さんで三人目だと言われました。
理由を聞かれたので答えましたが、興味が無さそうでした。

この映画館はeマートの上にあるので、しばらく館内をうろうろしていると、すぐに時間がやってきました。
ここでも、映画を堪能しました。
この映画は、観れば見るほど、新しい発見と感動があります。
観た直後にまた見たくなる映画です。

帰りに、eマートのそばのロッテマートに行ってお土産を買い、東大邱駅からKTXに乗って釜山に戻りました。
朝は気づきませんでしたが、釜山駅もとてもきれいになっていて、ソウル駅の小型版になっていました。
夕飯は、ここでパッチュクを食べました。
甘くなくて、小豆だけでなく粥も入っていて、これぞ「王になった男」のパッチュクなのではないかなと思いました。
f0027009_14215655.jpg
これで、私の「それだけが僕の世界」の舞台挨拶旅行は終わりです。
本当に良い映画でしたから、早く日本でも観たいです。
きっと何度も観たくなるでしょう。


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2018-01-28 14:23 | +それだけが僕の世界 | Comments(3)

それだけが私の世界、舞台挨拶④

翌日の大邱の舞台挨拶はチケットが無かったので、早めにホテルを出ました。
この日は、一人での旅です。

あらかじめ、家から作っていった舞台挨拶のスケジュールで、黄色の部分の舞台挨拶を観ようと決め、先ずは、KTXの停まる東大邱駅傍のメガボックス大邱新世界に、チケットを買いに行きました。
f0027009_12482040.png
新世界デパートの奥深くにくだんの映画館はありました。
でも、なぜかここにはチケット売り場がありません。
受付で、ネットから入手した方のスケジュールを示して、チケットを買いたいと聞いたら、ありませんとのことでした。
ここは会員制ですかと聞いたら、「そうです。」との返事。
そう言えば、ここは早くから完売になっていたので、なぜだろうとは思っていました。
(後で聞いたら、買った方もいらっしゃるということでしたが、結局、この映画館にはこの後行かなかったので、真偽のほどは分りませんでした。)
韓国は予約をしていても直前に解約することができるので来てみたのですが、結局チケットはゲットできず、メガボックス大邱に行ってみることにしました。
ここは、地下鉄の駅から遠いので、タクシーを使わなくてはならないから避けたかったのですが、映画を二本観るためには致し方ありません。
結局、赤枠のところのチケットをゲットしたら、昼になっていたので昼ご飯を食べることにしました。
方向音痴の私は迷子にならないように、有名店ではなく、CGV大邱ハニル横の通りを通って適当に食堂を物色し、マンドゥー屋さんに入りました。
f0027009_13114949.jpg
一皿の中にいろんな種類のマンドゥーが入ったクッマンドゥーで、お得感がありましたが、スープは出汁が効いてなくて、残念でした。
韓国料理では珍しいですよね。

腹ごしらえが終わって、映画館に行くと、顔見知りの方にお会いしました。
大邱には、着いたばかりとおっしゃっていました。
チケットは代行で買われたそうで、最前列の中央のチケットを持っておられました。
私は、全ての舞台挨拶に参加するわけでなく、映画も観るためには一日二回しか参加しないのだから、代行でゲットするのも良いのかなと思いました。
でも、映画を観るためには、舞台挨拶ならどれでも良いというわけではないので、スケジュールが出るのを待っている間に、代行会社のチケットも売れてしまうのですかね。

映画が始まりました。
二度目に観たので、新たな発見がたくさんあり、昨夜遅くまで書いた手紙を書き替えたい衝動にかられましたが、メガボックスの方は前から三番目の列しかチケットが取れていなかったので、手紙を渡すのはここしかないと思い、絶対渡そうと心に誓いました。
実は、ここも二列目しか取れていませんでしたが、南漢山城の時にも来て、私が座っている傍に出入り口があるとわかっていたので、1000ウォン均一のショップで目立つ色の紙袋を購入し、中に手紙と日本から持って行ったお菓子を入れました。

舞台挨拶が終わり、登壇者がはけていくとき必死に紙袋をふって、ビョンホンシに取りに来てもらいました。
手紙にも書きましたが、素晴らしい映画を観て、その感想をビョンホンシに直接渡すことができて幸せでした。


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2018-01-28 13:48 | +それだけが僕の世界 | Comments(0)