カテゴリ:+甘い人生( 12 )

夫と見た甘い人生

「今日はテレビが面白くないから、イ・ビョンホンのDVDを見よう。」と夫が言うので、「甘い人生」を見ました。

改めて、この映画は男の映画だと思いました。
公開中にも、何度も書きましたが、これ、プロモーションの方法を間違ってましたよね。
男性をターゲットに売らなきゃ。

この映画、夫にとって、掛け値無しにおもしろい映画だったみたいです。
銃を買うシーンは、私にとっても色々笑える部分があったけれど、夫は銃を分解して組み立て直すところで爆笑してました。
どうやら先が読めておかしかったみたい。
銃撃戦も引き込まれるように見入っていました。
もともとラブロマンスが好きな夫なので、ノワールを抵抗なく見るなんて意外でした。
でも、最後の最後に、ハッピーエンドじゃなかったのかって、残念そうにするので、おかしかったです。
だって、あれだけ撃たれてハッピーエンドじゃあまりにシュールじゃないですか。
ゾンビじゃないんだから。

ラストシーンでソヌが社長に「なぜなんだ。」と聞いた時、バイトから帰ってきた娘が「なぜ?」と質問したのに対して、夫は「男の嫉妬。」と答えていて、これは、私と同意見でした。

そうそう、私の意見といえば、ソヌ、若かったです^^;
最近、ドンポ親分とヒョンジュンばかり見てたからね。
ビョンホンシもいい感じに老けてるってことですかね^^
[PR]
by lee_milky | 2009-05-19 00:45 | +甘い人生 | Comments(4)

今更ですが

今朝、PCを開いたら、googleアラートからこんな記事が送られてきました。→
はじめは、今更な感じもしたのですが、映画のはじめの部分に出てくるアクションシーンや銃を初めて使うシーンに対するビョンホンシの考えを興味深く読みました。
今夜は、この部分をふまえて、久しぶりに「甘い人生」を観ようかと思います。

昨日から、夫が出張で留守なので、のびのび~。
最近、転勤でバタバタして、家事がおろそかになっているので、夫に気兼ねして、なかなかPC開いたり、DVD観たりできません。
こんな時だからこそ、ビョンホンシに癒されたいのにね^^;

あっ、そうそう、夫の出張先は、釜山です。
接待なので、ホテルもお料理も豪華そう。
羨ましい。
[PR]
by lee_milky | 2008-04-12 17:10 | +甘い人生 | Comments(11)

달콤한 인생(甘い人生)

年が明けて、未だ10日しか経たないのに、私の心は、もう何度も揺れました。
今年は、運があまり良くないのかな?
そんな風に思っていました。

揺れては、友達に相談して落ち着き、落ち着いては揺れ、揺れては、絵本に出会って落ち着き・・・その繰り返しでした。
そして、昨夜は、サマンサのイベントに揺れました。
揺れながら、いろんなことを考えました。
家庭のこと、仕事のこと、そして、ブログのことを。

More
[PR]
by lee_milky | 2007-01-11 00:09 | +甘い人生 | Comments(27)

またまた、受賞

公式のBBSに行ったら、「甘い人生」映画賞のニュースの情報を上げてくださってる方がありました。
早速私も行って、記事を読んでみると、更に嬉しい事が書いてありましたよ。
どうぞ、皆さんも、ご覧になってくださいね。→
[PR]
by lee_milky | 2006-07-27 22:33 | +甘い人生

甘い人生


ここ数日、甘い人生のDVDを見ていました。
キャプチャーしながら見ていたから、コマ割やカメラワークのすごさが、尚一層際だって見えました。
今更ながら、「監督ってすごいのねえ」と思った次第です。
いろんなところに伏線が張ってあるのも発見して、甘い人生を2倍楽しく見ることができました。

さて、私はと言えば、昨日、partⅢが完成し、PCに保存しようとしたら、重すぎて保存できないんです(泣)
何せ、初心者なので、そこまで計算できていませんでした。
だから、今夜は、画像を小さくして軽くしなければ・・・。
余裕を持って完成したつもりだったんだけどなあ。(トホホ)
[PR]
by lee_milky | 2006-07-10 19:33 | +甘い人生 | Comments(7)

Mr.Lee Byung-Hun Happy Birthday event Ⅲ

昨夜、「甘い人生」のMVを見ました。
公開当時は、何度も見たはずなのに、ビョンホンシが編集したⅢに嵌りました。
意図的な感じが、ビョンホンシらしいと思いましたし、これこそが私のツボなのでした。
特に、このシーン。

それから、撮影に苦労したシーンが多いのも、演じた本人だから、捨てがたかったのかなと思いました。

そんなわけで、このMVを使って、Birthday event partⅢを制作中です。
できあがりは、当日になるかな?
でも、これをご覧頂くには、パスが必要ですので、もし、ご覧になってくださる方がいらっしゃいましたら、「パス希望」とメールして下さい。
[PR]
by lee_milky | 2006-06-27 20:44 | +甘い人生 | Comments(23)

a Bittersweet Life

ある晴れた春の日。

風に揺れる木の枝を眺めながら、弟子が尋ねた。

「師匠、あれは木の枝が揺れているのですか、

今更ですが、「甘い人生」のDVDを、やっとゲットしました。
昨年の、このDVDの発売の頃、公私ともに多忙を極めていた私は、「今、このDVDを買えば、大変なことになる。」と判断し、買うのを見合わせました。
なぜなら、この映画が公開していた頃、映画館に足を運ぶたび、壊れていたからです。
なにせ、この映画は、私の人生に大きな影響を与えてくれた2本目の、そして二十数年ぶりの映画でした。
このような理由で、DVD購入を見送った私は、年が明けると、今度は「どうせ遅れついでに、値引きになってから買おう」と、今まで購入を控えていたのです。
すみません、下世話な話で。
いつも、こんな調子のミルキーです。
悪いファンだわね。

でも、せっかく届いたDVDですが、今日は、見ることができません。
帰宅が遅かった上に、仕事を持ち帰ったので。
しかも、明日は、体育会の早朝練習のため早出&順通し練習があります。

そうそう、私は、これまで、何となく職場で年上の方だと思っていたのですが、実は、女性の中では下から三番目でした。
体育会の役割分担は、年功序列で、若い順にきつい仕事を割り当てられます。
一番若い人は、招集係。これは、翌日声が出なくなります。
二番目に若い人は、用具係。これは、かなり重いです。
三番目に若いは、結審記録係で、フィールド内でのお仕事です。
四番目以降は、テントの中で、記録や、放送のお仕事です。
若いと言っても、四十代後半の者が団子状態で居るのですが・・・。
お姉様方ったら、こんな時だけ「あなたは、若いから」を連発するのよ~~~^^;

そんなわけで、明日は、日焼け止めを真っ白に塗って、頑張ります。
[PR]
by lee_milky | 2006-05-17 00:12 | +甘い人生 | Comments(14)

제42회 백상예술대상(第42回百想藝術大賞)授賞式

こんばんは。
みなさんは、もう、とっくに見ていらっしゃると思いますが、私は、授賞式の動画を先ほど、初めて見ました。
授賞式動画はこちら→
前半は、ビョンホンシが、プレゼンターになってるのかしら?
そして、<甘い人生>イ・ビョンホンとコールされて、ステージに上るとき、ラッキーなファンは花束を手渡すことが出来たのですね。
うらやましいなぁ。
そして、今度は、ステージを下りるとき、ビョンホンシの動きに、プレゼンテーターの方の微妙な表情。。。
これが、この記事の内容ですね。→
さすがは、我らがビョンホンニム。
感動的なお話ですね。
記事を読んだだけでも、そうなのだもの。
このファンの方の感動は、どれほどのものでしょう。
きっと、この方もマナーを守った素敵なファンだったのでしょうね。
だって、他の人に迷惑をかけるような方の花束だったら、ビョンホンシも受け取りにくいでしょうから。
私も、見習おう。

さて、このレビューの本題は、このステージ上でのコメントの内容。。。
昨夜のレビュー(↓)の内容と公式の内容とが異なるので、長いコメントの異なる一部をそれぞれ訳したのかと思い、下のコメント欄でもそう書いていたのですが、この動画を見ると、そうではなかったみたいです。
確かめもしないで、ミアネヨ~。
このコメントの翻訳は、公式のもので間違い無いようです。

試しに、公式の和訳を翻訳機にかけ、ビョンホンシの声を聞きながら、前半部分は手直ししました。


감사합니다.
ありがとうございます。

사실, 훌륭한 후보가 많이 있는데, 1책의 영화로 3번째의 상을 받게 되어, 미안한 기분도 있습니다만, 기쁜 기분이 큽니다.
実際、すばらしい候補が沢山居るのに、一つの作品で3度目の賞を頂くことになり、申し訳ない気持ちもありますが、嬉しい気持ちの方が大きいです。

김·지운 감독님에게 재차 감사하고 싶고, 영화사 폼의 여러분, 정말로 수고 하셨습니다.
キム・ジウン監督に改めて感謝したいし、映画社ポムのみなさん、本当にお疲れ様でした。

그리고, 스탭, 출연자의 여러분, 정말로 고맙습니다.
そして、スタッフ、出演者のみなさん、本当にありがとうございました。

특히, 이·소욘 조감독, 「달콤한 인생」을 위해서 임신을 유보했다고 합니다만, 반드시 성공해 주는 것을 기원합니다.
特に、イ・ソヨン助監督、「甘い人生」のために妊娠を先延ばししたそうですが、必ず成功してくれることをお祈りします。

감사합니다.
ありがとうございました。


後半は、語尾がかなり違うのですが、修正を断念しました(苦笑)
でも、いずれにしても、受賞セレモニーの中でのコメントは、公式の和訳で間違いないようです。

では、映画賞のHPのコメントは?
授賞式後にインタビューされたものかな?
授賞式での、ちょっとユーモアを交えたお話も、HPのすごく真摯に答えたコメントも、どちらもビョンホンシらしくて良いですね。

それでは、これから、お仕事に戻らねば。。。
みなさま、ごきげんよう。
[PR]
by lee_milky | 2006-04-17 22:50 | +甘い人生 | Comments(6)

제42회 백상예술대상(第42回百想藝術大賞)HPより

非公開さんよりお題を頂きました。
※日本語の表現が、気になる部分があり、一部修正しました^^;

百想芸術大賞のHPにビョンホンさんやイ・ヨンエさんら受賞者のコメントがUPされているのですが、その部分が翻訳機にかけられなくてわからないのです・・・
もし、お時間がありましたら教えて頂けたらうれしいです。


どうやら、コメントの部分も画像になっているので、翻訳機にかけられないようです。
それで、ビョンホンシのコメントの部分だけですが、訳してみました。
非公開さん、有り難うございました。

第42回百想藝術大賞HPはこちら→


영화부문

映画部門


이병헌,<달콤한인생>
イ・ビョンホン,<甘い人生>

최우수연기상 (남)
最優秀演技賞(男)


“상의 무게만큼 노력하는 배우 되겠다”
“賞の重さ位 努力する俳優でありたい”


작년 4월 1일 개봉하인데 잊지 않고 큰상 을 줘 감개 무량하다.
去年 4月 1日封切りした映画なのに忘れないで大賞を与えて頂き、感慨無量だ。

<달콤한 인생>으로 영평상 과 준사영화제 에서 남우주연상을 받았는데 한 영화로 주연상을 세 번 받은 건 이번이 처음이다.
<甘い人生>で映評賞と春史映画祭で主演男優賞を受賞したが、同じ映画で主演賞を三度受賞したことは今回が初めてだ。

너무 고생스럽게 촬영해서 이 상을 주는 건 아넌지 모르겠다.
とても苦労して撮影したから、この賞を受賞することができたのだと思う。

개봉 1주년을 맞아<달콤한인생>
封切り 1周年を迎える<甘い人生>

재상영회가 있었는데 사비를 모아 자리를 마련한 팬들께 특히 감사드런다.
再上映会があったが、私費を集めて場所を用意してくれたファンのみなさんに特に非常に感謝している。

상의 무게만쿔 책임 과 부담감을 갖겠지만 언제나 자유롭고 도전하는,노력하는 연기자가 되겠다.
賞の重さだけ責任もなおいっそう重くなるが、いつも自由で、挑戦する、努力する演技者でありたい。
[PR]
by lee_milky | 2006-04-16 21:44 | +甘い人生 | Comments(19)

축하합니다

第42回百想藝術大賞 映画部門  最優秀主演男優賞受賞!!の、ビッグニュースをみなとみらいさんに教えていただきました。
今日だったのねぇ。
ノミネートの報道があったとき、一瞬でも「行こうかな。」と思ったのに、すっかり忘れてました^^;
今日のビョンホンシ、素敵ですね。
関係記事はこちら→ 
レッドカーペット動画はこちら→
[PR]
by lee_milky | 2006-04-14 23:15 | +甘い人生 | Comments(16)