カテゴリ:ファンミーティング( 42 )

行けたらいいのに×2

새해 복 많이 받으세요.

昨年はご心配をおかけいたしましたが、お陰様で、今年は元気に自宅で正月を迎えております。
年始行事も一息つき、その上、私以外の家族が風邪で寝込んでいるので、今は、一人静にPCに向かっています。
ビョンペンもブログも何が何でもという時期を過ぎ、私自身が放置してしまっているこの場所に、今も変わらず立ち寄ってくださるみなさまに感謝申し上げます。
今年もよろしくお願い致します。

さて、ファンミの記事が上がってきました。
全員と握手に、かなり食指を動かされたものの、術後、日が浅かったので、断念した昨年のファンミ。
次回は必ず!
と、誓ってはみたものの、日程、悪すぎ!!

LBH ON TOUR 2017

4月3日(月)4日(火) 大阪・フェスティバルホール

4月5日(水)東京・東京国際フォーラムホールA

4月9日(日)東京・中野サンプラザホール


「春休みで良かったね^^」なんて、優しい言葉をかけてもらったものの、春休みは忙しくて休めませんから^^;
そして、唯一の日曜日は、入学式前後。
未だ、来年度のことが分らないからこそ決定できないのでした^^;

春休みは忙しいと書きましたが、この冬休みは三年生なので、超多忙でした。
私は、春先は未だ本調子で無かったので、事務的な仕事を軽減してもらっているので、自分の仕事は、ひと月先の分まで終わっているのですが、出願書類の点検は全クラスそろわないとできないので、結局、年末は御用納めの日まで残業に。
そして、明日は仕事始め+最終点検開始。
無事に1日で点検が終わったら、ソウルに飛び立とうと、既に、家族の了解を得、飛行機もホテルも格安なものを検索済み・・・なのですが、終わらなかったらあきらめるしかなく^^;

・・・て、ことで行けたらいいのに×2
それもこれも、昔だったら行ってたでしょうね。
ビョンホン熱も冷めたし、体力にも自信がなくなったしで、強行突破、見合わせ中です。

ま~、今回、ソウルに行けなくても、7日は日本でブラックファイルが公開されるので、それを楽しみに、点検頑張ります^^

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2017-01-03 21:27 | ファンミーティング | Comments(0)

ファンミーティング全貌

行きたかった今回のファンミーティング。
待っていれば、握手が必ずできるって、うらやましすぎ!!
この記事が最も全貌が分るかな!?


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから
正会員年会費⇨の「日韓映画文化交流研究会STORERS」から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2016-03-21 11:05 | ファンミーティング | Comments(0)

公式より、権利擁護のお願い再び

公式HPに、ファンに向けて権利擁護への協力願いが上がっています。
このお願いが度々上がっているのか、初めてのアリーナツアー直後に上がってから数年ぶりにあがったのか定かでありませんが、当時のことを思い出し、記事を書いています。

私も、ブログを始めた当初は権利擁護の知識が無くて、あちこちから集めた画像を貼っては楽しんでいました。
だから、公式からの注意指導を受けて、画像を卸すときは、ここがまるで廃屋にでもなるような気がしてやりきれませんでした。
ですが、次第に慣れてきました。
だから、みなさん、ショックかもしれないけれど、法を遵守しながら、どうかサイトを続けてください。
だって、あの時みたいにあちこちのサイトが閉まってしまったら、悲しいから。

あのころは、作品について根掘り葉掘り語ってたよね。
映画の公開直後や連ドラの放送されるたびに、余所のサイトはどんなことを書いてあるんだろうと浮き浮きしながらネット上を散歩したものでした。
でも、最近は、作品を語るファンサイトが激減し、消化不良解消のために映画ブログをウロウロすることが多くなってきました。

勿論、著作権や肖像権を遵守するには、面倒なこともたくさんあります。
例えば、動画をリンクする場合は、権利者がアップしているものかどうかを確認する、画像をアップする場合は、権利者の許可を得る等々。
そのため、動画のリンクもなかなか出来ないし、ここの玄関はずーっと王様のままでした。
でも、そんな不便や不都合と付き合いながら、細々ここを続けていこうと思います。
他のサイト主さんもご苦労は色々あるでしょうが、この先もずっと続けていきましょう。

ちなみに、久々に模様替えした我が家の玄関の画像はご自由にお使いください。
但し、それこそ著作権の問題がありますので、コピーライトを含め、加工はしないでくださいね。


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから 正会員年会費⇨から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2014-02-28 01:46 | ファンミーティング | Comments(10)

福岡のファンミ1

皮肉のように、福岡のファンミはいつも綱渡り状態での参加になります。

初めてのアリーナツアーは、休日だったにもかかわらず、展覧会の搬入と重なって、車を飛ばして、開演ギリギリに会場に到着しました。

2年前の2回目は、初めは日曜参観日と重なってしまい、参加を諦めました。
ところが、震災の影響で延期になったので、参加することが出来ました。

3回目の今回は、平日開催なので、始め参加を諦めました。
私は、ノムの韓国観覧ツアーに無理して参加して以降、仕事を休むのを辞めたからです。

ところが、チケット申し込みの締め切り間近に、私の元に出張依頼が届きました。
何と、この出張先が、ファンミの会場の程近くでした。
研修が終わるのが4時半。
ファンミが始まるのが6時。
どんなことがあっても、間に合います。
私は、大喜びで、チケットを申し込みました。

10日は、私の出張のために、早くから時間割変更が行われ、2時間目が終わったら出かける予定になっていました。
ところが、10日、出勤してみると、机上に「研修中止」のファックスが届いていました。
何と、講師の先生がインフルエンザに罹患され、前日の遅くに中止が決まったというのです。

ショックを受けつつも、この日は、3時間目以降、授業がないので、事務仕事がゆっくり出来て、「これはこれで良かったか」と考えました。
ファンミは3時間近くあると聞いていたので、遅刻してでも行こうと決めました。

勤務が終了し、サービス業務の部活だけはパスして、車を飛ばしました。
すると、何と、いつもは混んでいるサンパレスへの道のりをスイスイ飛ばしていくことができ、ギリギリセーフで会場に着くことができました^^
めでたしめでたし^^

ファンミの内容は、横浜が終わってから書こうと思います^^

福岡のファンミ2はこちら


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから 正会員年会費⇨から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2014-02-11 22:27 | ファンミーティング | Comments(4)

福岡ももうすぐです^^

ファンミーティング、盛り上がってるようですね^^
福岡も、日程が近づいてきました^^

ビョンホンシも言っていたように、思いっきりおしゃれして行きたかったけど、時間が無くて美容院にも行けないし、昨日、掲示物を貼り替えてて爪が二本も折れて、ネイルどころではなくなったし、素のままで行くっきゃないです^^;

でも、本当は、平日で間に合わないところを、たまたま会場のすぐ近くで研修があるので、ラッキーだと思って楽しみます。

みなさんも、それぞれの場所でそれぞれのファンミを楽しんでくださいね。


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから 正会員年会費⇨から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2014-02-07 23:27 | ファンミーティング | Comments(0)

チケット、届きました^^

先ほど、ご案内したチケットですが、お譲りする方が決まりました。
既に会員数が160名を超えましたので、メールを一斉に送ることができず、タイムラグによる不公平を避けるため、応募の時間を10時以降にしたところ、10時前にメールくださって無効になった方、ちょうど10時に送ってくださったにもかかわらず、応募多数でお譲りできなかった方もいらっししゃいました。
申し訳ありません。

せっかくの良席のチケットを泣く泣く手離された会員様には、本当にお気の毒でしたが、きっと、この善行が、次回の幸運を招きますよ。

さて、そのチケットですが、再配達してもらって、私もようやく受け取りました。
ここ数年来にないマーマー良い席でした^^

ミート&グリートには外れたみたいです^^;

グッズには興味が無いので、出張から余裕をもって行けそうです^^

あー、でも、ライトくらいは購入したいかなぁ^^


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから 正会員年会費⇨から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2014-01-31 22:51 | ファンミーティング | Comments(2)

LBH ON TOUR 2014開催決定!

家にもようやく申込用紙が届きましたし、JOFにも詳細なお知らせがあがりましたね

今回は、宮城にも足を伸ばすんですね^^
被災地のみなさん、良かったですね^^
実は、これは私の想定内でした。

その代わりに福岡はなくなるかもしれないと思っていたから、数日前、友達から福岡でもあると聞いたときには、嬉しくて小躍りしましたよ^^
いや、ホント。
ちょうどホテルに一人で泊まってたので、人目を気にせず喜びました^^

私の職場は勤務終了が正式には4時35分なので、車を飛ばせば、何とか開演時間には間に合いそうです^^
しかも、翌日は休日^^

はめをはずす・・・・もとい、はねをのばすぞぉ~~~!!

「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから 正会員年会費⇨から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2013-11-06 00:46 | ファンミーティング | Comments(0)

冬休みと共に・・・

冬休みの始まりと共に到来し、冬休みの終わりと共に去ったもの。
それは、私のビョンホンシへの恋心^^

冬休みの始まりは、12月23日。
そう。
ビョンホンシが福岡に到着した日。
初めて自分の意志で空港に行きました。
会えるかどうかも分からないのに、行く前から会えた気になって、ドキドキ。
結局、空港で居眠りしながら、3時間ほども待って、会えたのはビョンホンシの荷物だけだったけど、楽しい半日になりました^^
主体的に行動するって、ほんといいわぁと思った次第です^^

翌日は、入り待ちする気満々だったのに、前日の空港での居眠りが祟って、風邪が悪化し、結局、用心して、入り待ちは控えました。
おまけに、座席は、アリーナ席でも後ろの方で、あんまり見えなかったけど、やはり初体験の出待ちでは、ビョンホンシが車から乗り出して、ゆっくり通ってくれました。
その上、投げキッスのサービスまであって、卒倒しそうでした。
二次会の帰り道、タクシーの中で、投げキッスの話が出て、「あれは、私にしてくれたんだよ。目があったもん。」と言ったら、タクシーの運転手さんに吹き出されてしまいました^^;

大阪へは、当日、ゆっくり目に新幹線に乗ったので、入り待ちには間に合わなかったけど、懐かしいお仲間さんにも会えたし、出待ちは福岡ほどバッチリではなかったにせよ、一列目でビョンホンシが見られて幸せでした^^
翌朝は、ビョンホンシが宿泊しているというホテルに、朝食を食べに行きました。
偶然にも、すぐ近くのホテルだったので、歩いて行ったら、なんと、100人ほどの人が歩道に並んで待っておられました。
私も、大喜びでその列に加わりましたが、2~30分も待つと具合が悪くなり、リタイヤしました。
実は、ちょっと体調が悪かったのに、家族に内緒で大阪まで出かけたので、前日の出待ちも、かなりしんどかったのです。

今回のファンミは、「俳優ビョンホンシここに在り」って感じの構成になっていたし、初めての出待ちも出来たので、私ミルキー、かなり興奮しました。
その高揚感が抜けきれないままに、正月に入り、毎日のようにビョンホン映画を見ていたら、いよいよヒートアップ!
この事態に、私自身がとまどうほどでした。

が、しかーし。
新学期の始まりと共に、そんな気持ちはどこへやら。
毎日、毎晩、あくせく働いています。
とにかく、今、職場は寒くて忙しいです。
今日は、使い捨てカイロでやけどしているのにも気づかず、帰宅して暖かい室内に入ってから気づきました^^;

実は、昨年4月から、かなりのオーバーワークで、私のキャパを完全に超えていました。
でも、職場内では、このことを誰にも相談もせず、愚痴もこぼしていませんでした。
周囲は、何となくは察してくれてるかなと思っていたけど、そうでなかったみたい。
別の案件が出来て、今月末まで、更に仕事量が増えることになりました。
気の強い私は、弱音を吐くのが嫌だったけど、結局、昨日、管理職に実情を相談に行きました。
それは、夫の一言があったから。
「人間は、人の二倍は働けても、三倍は働けない。なぜなら、8時間労働の三倍は24時間で、一日一睡もしないで働くことは不可能だから。」

そんなこんなで、しばらくブログの更新は無理かもしれません。
ビョンホン熱もすっかり冷めました。

でも、春休みのソウル旅行を楽しみにしながら、頑張ります。
店屋物とコンビニ弁当と冷食のローテーションの夕食で我慢している夫が、なぜかソウル旅行も許可してくれましたから^^


随時会員募集中!

↑↑Click!!↑↑
※飛ばない時はこちらから

[PR]
by lee_milky | 2012-01-20 01:13 | ファンミーティング | Comments(12)

イ・ビョンホン オン ステージ 2011と私の仕事vol.2

今回のオン ステージには、私に仕事のことを想起させるシーンがもう一つありました。
それは、ニューオリンズの映画のシーンです。
2005年8月末、大型ハリケーン「カトリーナ」が米国本土を直撃しました。
ジャズの発祥地であるニューオーリンズの8割が冠水し、死者1800人以上という米史上最悪の自然災害となりました。
災害前48万人だったニューオーリンズ市の人口は29.1%を失い、現在34万人にまで減少し、一部ゴーストタウンと化した住宅街は、災害時から6年たった今でも災害直後の状態のまま何の手も加えられず残されているそうです。
ビョンホンシは、G.I.Joe2の撮影のためにここニューオリンズで過ごした4ヶ月の間に、この災害の爪痕を目の当たりにしたのでしょう。
映画は、ジョギングするビョンホンシが足を止めた海岸にその爪痕が見て取れるシーンから始まります。
私は、そのカットを福岡公演で初めて見た瞬間、目頭が熱くなりました。

その訳は、こうです。
震災直後、私は、教師にしかできないことをしようと心に誓いました
その翌日、ビョンホンシがSBSで異例の会見を行いました
私の想像を超えるビョンホンシの勇気ある行動に胸が震えました。

偶然ではありましたが、修学旅行に訪れる前に、半年以上もかけて阪神淡路大震災の学習をし、現地で震災当時の記録資料や海岸に資料として残された震災の爪痕を目の当たりにした生徒達は、今更、私が種を蒔かずとも、自ら行動をはじめました。
まずは、予定していた職場体験実習に行き、そこで、支援の状況や方法を学んできました。
特に、消防署・自衛隊に行った生徒は、災害派遣に出発するあわただしい様子を見聞し、病院・新聞社に行った生徒は、支援や報道の実際を学んできました。
話し合いの結果、1年生にも呼びかけ、義援金募金活動を行い、行政を通じて募金しました。
集まった金額は、20万697円。
全校生徒わずか150名で集めた予想以上の金額でした。
4月に入り、美術の授業では、全校で震災復興を願う制作をはじめました。
そのために、保護者にお願いして牛乳やジュースなどの紙パックを集めました。
大きなハートのマークを作るために赤い色の紙パックが大量に必要でした。
そのため、メグミルクが局地的に売れたのではないでしょうか。
また、3年生は、総合的な学習の時間に震災と自分の将来を絡めて調べ学習をはじめました。
例えば、栄養士を目指している生徒は避難所の食糧事情、自衛官になりたい生徒は震災直下の自衛隊分刻みの対応について、アナウンサーになりたい生徒は震災後のマスコミの動向を調べました。
生徒が自分の興味に従って調べたので、その内容は、かなり興味深いものになっていましたし、生徒の数だけ広範囲に広がっていました。
夏休み、私は、生徒の書いた調べ学習のレポートや、日記、道徳の授業の感想、生徒と私の会話の記録など、おびただしい数の資料を読み返し、文化祭で発表するためのシナリオを書きました。
それらの資料は、どれも興味深く、ピックアップするのが大変でした。
シナリオは4部構成で、第一部は、3年生のこれまでの平和学習の奇跡の発表です。
第二部は、復興支援と仕事についての調べ学習の発表です。
第三部は、パール・バックの「The Big Wave」の原文の朗読です。
第四部は、「上を向いて歩こう」に手話ダンスの振り付けで全員で歌います。

二学期になり、幕ごとに分かれて、生徒が発表の練習と、プレゼン画面の制作をはじめました。
その画面の冒頭に、神戸港のメモリアルパークの保存ゾーンで撮影した記念写真がありました。
その阪神淡路大震災の爪痕の写真とオン ステージで流された映画の中のニューオリンズのハリケーンの爪痕のシーンが重なり、泣けてきました。

自分の仕事とビョンホンシのイベントに重なる部分を見出した喜びだったのか、或いは、遠くアメリカに行っても日本の震災のことを忘れないでいてくれたことを知ったからか、あの映像で、自分の仕事を思い出し、その苦労や生徒との別れが近いことを思い出したからか・・・自分自身の涙の訳も分からず、ただただ、その涙にとまどっていました。


随時会員募集中!

↑↑Click!!↑↑
※飛ばない時はこちらから

[PR]
by lee_milky | 2012-01-03 19:17 | ファンミーティング | Comments(0)

イ・ビョンホン オン ステージ 2011と私の仕事vol.1

今回のオン ステージは、俳優ビョンホンシの魅力を最大限に引き出すステージになっていました。
演出の今村ねずみさんが、ビョンホンシのこれまでの日本での活動と、本国での俳優としての仕事を研究してくださったのだと、感激しました。
中でも、オープニングの追うビョンホンシと追われるビョンホンシの二役は、その変わり身の早さとビョンホンシの演じ分けの妙に目と心を奪われました。

でも、その一方で、私は、生ビョンホンシを目の前にしながら、自分の仕事のことを考えていました。
私は、今、部活でドキュメンタリー番組を作っています。
そのオープニングで、軽自動車と対向車線をはみ出した乗用車が正面衝突するシーンが欲しいのですが、なにせ、中学生の部活なので、設備も技術も無く、ましてや、本当に正面衝突させるわけにもいかず、どう表現すればいいのか、ずっと迷っていました。
それが、あの二役のシーンのスクリーンのクロスカットィングとスクリーンを背にしたビョンホンシを見たとき、「これだ!!」と閃き、ステージの前半は、ずっとそのことばかり反芻していました。
とは言え、福岡公演が終わった頃には、その閃き自体すっかり忘れていました。
でも、大阪公演でみたびオープニングシーンを見終えた頃には、自分たちの番組のオープニングの概要が固まり、大阪から自宅に戻るや絵コンテを仕上げました。

わずか1分間にも満たないシーンですが、私たちにとっては重要。
休み明けから、早速撮影に入ります^^


随時会員募集中!

↑↑Click!!↑↑
※飛ばない時はこちらから

[PR]
by lee_milky | 2012-01-02 21:12 | ファンミーティング | Comments(2)