RGBとCMYの不思議な関係

カテゴリ:日韓交流( 26 )

共に生きる未来を願って

今日は、盆の最終日でしたが、なんとか都合をつけて「全南道立国楽団 韓国伝統芸術北九州公演」に行ってきました。
「8・15光復節71周年記念及び民団創立70周年記念 」の式典の第二部が一般市民にも公開されるということで、複数の在日コリアン関係者の方からお誘いをいただいていたからです。

北九州芸術劇場の中ホールを埋め尽くす人、人、人の中に、直接お知り合いになった方、新聞や映像を通して見覚えた方、各種日韓関連行事でお見掛けした方など、見知ったお顔がたくさんあり、ビョンホンシがご縁で始まった、日韓交流の足跡を実感しました。

公演は、舞踏、パンソリ、扇の舞、カヤグム伴唱、チャング舞、散調合奏、マダン唱劇、ナムサダンを中心とした舞劇の8種類でプログラミングされた舞台は、圧巻と言う他なく、休憩なしの1時間半の公演はあっという間に終わりました。
韓国の文化に興味を持つようになってから、映画や祭り、演奏会などに通って見知った舞踏や音楽でしたが、やはりプロによる生のステージは迫力が違います。

また、この公演は熊本地震復興チャリティーでもありました。
主催者挨拶で、以下のようなことが来場者に訴えられました。
熊本震災に便乗して、ネットで在日コリアンへの差別を先導する書き込みが多くなされたことは皆さんも周知のことと思います。
しかし、この主催者の方は、同胞を案じて熊本の益城町に行ってみたところ、自宅が倒壊した在日同胞の方が、隣家の日本人の家に身を寄せ、両家が助け合って生活しておられたそうです。
その方は、「ネットの中では、大正時代の関東大震災を思わせる在日同胞に対する誹謗中傷が後を絶たないけれど、現実の社会では、このように日本人と在日同胞が仲良く暮らしている。また、ヘイトスピーチなどのつらい現実はあっても、未来を見て、共に生きる社会を築いていこう。」と結ばれました。

オリンピックでも、北朝鮮と韓国の体操の選手が仲良く自撮りした写真をツイッターにアップしたことが話題になっていましたが、実は、この韓国の選手は、在日コリアンで、韓国人選手としてオリンピックに出場するため単身、韓国に渡った選手なのだそうです。
日本で教育を受けた彼女だからこそ、何のためらいもなく北朝鮮の選手と親しくできたのかもしれません。

なかなか進まない日韓交流ですが、できる人ができることから始めるのが基本かなと思った出来事でした。


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2016-08-15 23:49 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)

トークイベントのお知らせ

f0027009_23461066.jpg

「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから
正会員年会費⇨の「日韓映画文化交流研究会STORERS」から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2015-10-08 23:46 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)

仏教讃歌が繋ぐ日韓交流

昨年末、約40年ぶりに、高校時代にお世話になっていた合唱団に再入団しました。

今年の秋の40周年記念コンサートを前に、再入団やステージエキストラのお誘いが届いたのがきっかけでした。
これまでにも、幾度かお誘いは受けていたのですが、子どもが小さかったり母を引き取ったりで、なかなかきっかけがつかめないままに40年も経っていました。

今回は、子どもにも母にも手がかからなくなっているし、練習会場が勤務校に程近いこともあって、毎週火曜日のt練習日には、勤務校から直行するつもりで、思い切ってコンサート時のお手伝いだけではなく、再入団を決めました。

仏教歌を歌う合唱団なので、メインの曲は「歎異抄」という曲です。
私はソプラノパートなので、通常は音とりは比較的簡単なのですが、仏教讃歌の場合は、それがなかなか難しいのです。
それで、暮れに大掃除をしながら、「歎異抄」が収録されている25周年記念コンサートのDVDを繰り返し聴いていました。

そのDVDで、このコンサートでは韓国はソウルの尼寺の合唱団を招いていたことを知りました。
25周年と言えば、今から15年前、韓流ブーム以前です。
日韓の合唱団が合同で歌っているステージもあり、観ていて胸が熱くなりました。

この15年の間に、韓流ブームが到来したかと思いきや、今度は嫌韓で、耳を覆いたくなるようなニュースばかりが届いてきます。
ブームに流されるのではなく、草の根の日韓交流を続けていきたいと、切に願った年の暮れでした。
[PR]
by lee_milky | 2015-01-07 20:55 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)

不思議な縁



この映像番組は、1945年9月17日の枕崎台風の影響でおこった炭鉱事故にまつわる日韓の悲しくも心温まる交流に題材を得て編集しました。
この番組は、縁あって、昨年9月、福岡インディペンデント映画祭で上映していただき、当日は、糸田町の方々も会場にお越し頂きました。
68回目の命日のよい供養になったのではないかと心密かに思っていました。

そして、昨日、FaceBookのタイムラインにアップしていたこの動画に、ありがたいコメントを頂きました。
これも69回目の命日の供養になったと感じます。

縁とは本当に不思議なものです。

以前にも、お話ししたかもしれませんが、この番組を制作することになったのも不思議な縁に誘われてのことでした。
昨年、3月、日韓交流のイベントでお近づきになったある大学の先生が定年退職され、その退官を祝うパーティーに駆けつけました。

そのパーティーのレセプションで演奏していらっしゃったのが、韓国の伝統楽器「チャング」のプロ奏者「ペ・ヨンジン」さんでした。
その時、ヨンジンさんから伺ったのが、糸田町のエピソードです。

私は、その時、既に取材を始めていた映像番組のワンシーンにできるかもしれないとの思いから、後日、生徒を伴って、ヨンジンさんのご自宅を訪問しました。
ところが、ヨンジンさんの人となりも糸田町の日韓交流の実践もすばらしく、結局は、この話をメインに番組を編成することにしたのでした。

また、このパーティーでは、日韓映画文化交流研究会で度々MCをお願いしている韓国語通訳者の大塚大輔さんにもお会いしました。
大塚さんは、偶然、新聞で飲酒運転事故撲滅キャンペーンの映像作品を作っている中学校放送部があることを知り、インディペンデント映画祭に招待してくださる企画を構想していらっしゃる段階でした。
そこで、パーティーの席で、私が中学校の教員をしていることを思い出し、その話を何気なく持ち出されたのでした。
その話を聞いた私が、驚いたのは言うまでもありません。
なぜなら、当時、その放送部を指導していたのは、私自身でしたから。
結局、その話がとんとん拍子に進み、冒頭でお話しした映画祭で上映していただき、日韓のプロの映画監督とともに舞台挨拶に生徒共々立たせていただくという幸せに恵まれたのでした。

これを縁と言わずして何と申しましょうか。
1945年9月17日に殉職された4名の日韓の炭鉱夫の方々のご冥福をお祈りするとともに、私自身、全てのご縁に感謝し、この先の人生を歩んでいきたいと思います。


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから 正会員年会費⇨から、お支払い頂けます。

[PR]
by lee_milky | 2014-09-20 21:28 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)

公開講座「もうひとつの〈日本〉part3―韓流とタイランドからのまなざし」


今更ですが、公開講座「もうひとつの〈日本〉part3―韓流とタイランドからのまなざし」 への参加報告をしたいと思います。

この日、私の印象に残ったキーワードは3つ。
一つは、セーラムーン。
????  ?
セーラームーンが変身する際、一瞬ヌードを思わせるシーンがあるそうです。
発表者の波潟剛九大準教授は、韓国でたまたまこのアニメをご覧になって、このシーンで体の部分が消されて頭部だけになっているのに驚かれたそうです。
韓国では、ヌードを連想させる映像を子供向けに放送することはあり得ないそうです。
私は、この話を聞きながら、韓ドラの日本版に著作権に関わる部分がモザイクになっているシーンを思い出しました。
国によってタブーとされるものが異なるということでしょうか。

二つめも、同じ波潟先生の話の中にありました。
それは、「脱日」。
「親日」でも「反日」でもなく、「脱日」の若者が増えているというお話でした。
良きにつけ悪しきにつけいちいち日本のことを思い出す人が少なくなったということです。
時代のせいでしょうか。
韓国の経済力台頭のせいでしょうか。

三つ目は、久保田裕子福岡教育大教授が会場とのトークセッションの中で話された「外こもり」。
日本でひきこもっていた人が、海外に出て、何をするでもなく、根無し草のごとく暮らしている例が増えているそうです。
その事実に驚き、「彼らの中から、新しい文化が生まれるかもしれない。」という先生のお話に興味を持ちました。



「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから
上映会グッズ、引き続き販売しております。

[PR]
by lee_milky | 2013-03-24 00:16 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)

「日韓映画文化交流研究会」のこれから

いろいろあって、この春、名前を変えた「日韓映画文化交流研究会」のことについて、昨夜、色々考えていました。
流れに身を任せて、「LBH映画を語る会@福岡」を発足し、名称も会則も変えたけれど、この研究会の存在価値は何だろうって。
何か世の中の役に立つことに繋がるのだろうかって。

More
[PR]
by lee_milky | 2012-06-24 13:44 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(2)

韓流の光と陰

先日、こんな記事を見つけました。

2004年の大晦日、紅白歌合戦に出演したビョンホンシは、翌年に控えた日韓国交正常化40周年を記念して、メッセージ文を読み上げました。
自ら筆を執り、出演時間に合わせて、リハーサル時に、原稿を切り貼りして短縮したメッセージでした。
そのメッセージの中に、こんなくだりがあります。

アムチョロン  イロハン ハルパラ  ヨンサンムンハウィ  キョルル シシャグロ タバンニョヌロ   マヌン キョリュガ 
아무쪼록 이러한 활발한 영상문화의 교류를 시작으로 다방면으로 많은 교류가

イルオチメッダラソ     ハングッグァ イルボン イルボング ハングギィエ ブリヂョ コーリマンクミ ナ ドドウ
이루어짐에 따라서 한국과 일본, 일본과 한국의 물리적 거리만큼이 나 더더욱

カッカッコ チョンギョウン  カンゲッガ ユチ パルチョンデルス イッソッスミョン ハヌン パレムニダ
가깝고 정겨운 관계가 유지 발전될수 있었으면 하는 바램입니다.

是非とも、このような活発な映像文化の交流を始まりに、多方面で多くの交流が成り立つことによって、韓国と日本、日本と韓国の物理的距離のように、もっと近くて情があふれた関係が維持発展することができたらと望んでおります。

それから7年。
多方面で多くの交流が成り立つに至った今、両国は、真に情のあふれた関係を築くことが出来たでしょうか。

韓流の光と陰。。。この記事のサブタイトルが示すとおり、韓流には陰の部分も見え隠れします。
しかし、それは、発信元の韓国だけではなく、受信側にも問題があるように思います。
国境を越えて、真の国際交流を実践するには、互いの真心や謙虚な姿勢が不可欠な気がします。


随時会員募集中!

↑↑Click!!↑↑
※飛ばない時はこちらから

[PR]
by lee_milky | 2012-03-03 00:00 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(2)

レポート「아이수출=子ども輸出」番外編~なぜ日韓問題なのか

長い間、レポート「아이수출=子ども輸出」をお読み頂いて、ありがとうございました。
私がこの「아이수출=子ども輸出」の実態を知ったのは、わずか1年前のことでした。
ですが、韓国のドラマや映画を幅広くご覧になっている方にとっては、この問題は周知の事実だったようです。
また、韓流に興味のない方や嫌韓流の方にも、このことをご存知の方が多く、ネットのあちこちに批判的な記事が転がっていました。

しかし、このレポートを書くにあたり、「아이수출=子ども輸出」のルーツを調べてみた時、もし日本が朝鮮半島を併合しなかったら、「아이수출=子ども輸出」問題は起こらなかったのではないかという考えが頭をもたげました。
だから、このレポートを「日韓問題」のカテゴリに入れることにしました。

歴史に「もしも」は無いと言われますが、あえて「もしも」と言いながら、「아이수출=子ども輸出」の歴史を逆送してみたいと思います。

More
[PR]
by lee_milky | 2011-05-03 00:08 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)

レポート「아이수출=子ども輸出」vol.6~「아이수출=子ども輸出」汚名返上

f0027009_2240345.jpg


More
[PR]
by lee_milky | 2011-04-30 23:41 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)

レポート「아이수출=子ども輸出」vol.5~進まぬ国内養子縁組政策

致し方ないこととは言え、韓国の海外養子縁組は、常に国内外からの批判の対象となりました。

そこで、時の政府は国内養子縁組の推進政策を行いました。
しかし、世界的な歴史の大きなうねりの中で、それらの政策は幾度も挫折しました。

More
[PR]
by lee_milky | 2011-04-19 22:02 | 한일 교류☆日韓交流 | Comments(0)