RGBとCMYの不思議な関係

カテゴリ:-恋の香り( 7 )

사랑의향기(恋の香り)TOP





1~3話  
4~21話 
22~30話  
31~44話  
45~48話
49~最終話

[PR]
by lee_milky | 2007-03-19 01:31 | -恋の香り

사랑의향기(恋の香り)49~最終話

昨日からずっと産児制限や人工中絶について考え込んでいました。

私が、娘を出産したころ、私の勤務する職場は出産ラッシュでした。
年度の途中で、産休に入ったり、育児休暇が開ける人が多ければ、職場にはひずみが生じます。
また、産休に入る以前も、つわりがひどくて給食指導ができなかったり、定期検診のために休暇を取ったりしなければならず、そのための補充も必要になります。
当然保護者からもクレームが付くし、同僚からの苦情もあります。
私が妊娠したことを校長に話した時、当時の校長は、思わず頭を抱え込んでしまわれました。
すぐに我に返って、「申し訳ない。同じ時期に担任が3人も産休に入ってしまうものだから。おめでとう。」と、言ってくれましたが、なんだか、お腹の赤ちゃんが、可哀想になりました。

私は、当事者だったので、同じような年齢層の新婚の女性を分散しない教育委員会の人事に配慮が足りないのではないかと考えましたし、当時は、未だ育児休暇が1年間しか認められておらず、1年経てば年度の途中でも復帰しなければならない制度が悪いと思いましたが、同僚たちは、そうは考えてくれず、「教員は、5月に子供を産め。」と言う人まで出て来ました。
そうすれば、産休に入るのが4月で、翌年の4月にちょっと早めに復帰すれば、迷惑をかけるのが最小限で済むという訳です。
でも、もし教員の子どもが全員5月生まれだったらと考えたら、ぞっとしないものがあります。
また、5月に産もうと計画したとして、それが上手くいかなかったら、どうするのでしょうか?

出産というのは、尊いものです。
でも、人間はこの出産までも自分たちの都合の良いように変えてしまった。
現代社会に生きている以上、産児制限は仕方ないことかもしれません。
例えば、中国では、ひとっりこ政策があるのですから、個人レベルで、良いとかいけないとか言える状況でもありません。
でも、それは、自然の摂理に反しているということを私達は忘れてはならないのではないでしょうか?
ましてや、その産児制限に失敗したからといって、即堕胎を勧める母親の存在とは何なのでしょう?

ドラマの中では、はじめヨンジンオンマが堕胎を勧めていると知って、驚いたジュリやポクシリアッパも、ヨンジンが中絶手術を受けた後は、ヨンジンの味方でした。
ジュリや教授の口から、飛び出すのは、ジュノが古い考えに縛られすぎているということでした。
二人の諍いを収めるためには、それしか道はないのですから、それは最善でしょう。
でも、ドラマの印象としては、人工中絶を容認しているようで、私は嫌でした。
だから、ハッピーエンドで終わったことは嬉しかったけれど、後味が悪かったです。

ヨンジンオンマと建築家が逃避行のようにアメリカに行くのも納得がいきませんでした。
これって、何にも解決していないですよね?
娘の結婚にはヒステリックに反対し、自分の愛は子供を放っても貫く。
しかも、旅立つまえに、ちょこちょこと娘婿に阿る。
人間、我が儘言った者勝ち?
このドラマ、そう言いたかったの?

結局、堕胎も逃避行もハラハラドキドキの展開にするための小道具に過ぎないのかしら?
視聴率と佳作は、必ずしも一致しない好例のような気がしました。

このドラマを見終わったら、「夏物語」をあえて選んだビョンホンシが、益々好きになっちゃった。
[PR]
by lee_milky | 2007-03-19 01:28 | -恋の香り | Comments(4)

사랑의향기(恋の香り)31~44話

コメ欄で話しをしていたら、この後、ストーリーは、もっと悲しくなりそうなので、その前に、レビューを書いておこうと決めました。
1話ずつ書いている訳ではないので、どの部分を書こうか、どんな切り口で書こうか考えていた矢先、コメ欄で更に話しをしていると、自分たちとジュノとヨンジンの結婚が似ているのだということに気づきました。
だから、このドラマを見ている時、いつもヨンジン目線だったのかな?

でも、私のオンマは、ヨンジンオンマとは全然違いました。
夫がバツイチだったために、私の両親は私達の交際にずっと反対していました。
母は、自分自身で私に説得するだけでなく、親戚や友達のところに、私を連れて行き、あの手この手で私に諦めさせようとしていました。
でも、反対を覚悟で、夫がうちに来た時、「よく来られたね。私だったら、絶対行けないよ。」と、冷たく夫に言った父に、母は、「じゃぁ、お父さんならどうするの?駆け落ちする?」
「反対されると分かっているのに、きちんと来たことを認めてあげましょう。」と、言ってくれました。
結婚式にも絶対出ないという父を説得してくれました。
結婚した後に聞いたら、あの時、反対して結婚させなかったら、頑固な私は、一生結婚しないかもしれないと思ったから、賛成したのだそうですが。

娘ができた時は、夫の経営する会社が上手くいっていなくて、家計は火の車でした。
こんなことで子どもが育てられるのだろうかと不安に思っている私に、「子どもが小さいうちは、お金はかからない。子どもにお金がかかるようになるまでに、家計を立て直せばいい。」と、励ましてくれました。
結婚して3年も経っていて、私がヨンジンほど若くなかったからかもしれませんが。
そして、小学校に入学するまでの娘を預かってくれました。
毎朝、まだ眠っている娘を実家で降ろし、夜遅くなってから迎えに行きました。
母の存在がなかったら、とても、娘は育てられなかったと思います。

私が結婚したころから、学校現場はどんどん忙しくなり、いつも仕事を最優先にする私は、夫に理解してもらえず、いつも喧嘩ばかりしていました。
夏休みに予定していた新婚旅行も、私が仕事のためにドタキャンして、結局行けませんでした^^;
いや、今でも、私の仕事が原因で、時々しかられます。
ついこの間も、過労でヨンジンが倒れるシーンを見ていたら、「そんなドラマ見てる場合か?お前も、仕事はほどほどにして早く帰ってこないと倒れるぞ。」と、しかられたばかりです^^;

夫は長男ではないけれど、夫の父親が本家の長男だったからか、今でも親戚中が、相談事にやってきます。
過去、うちに家出してきた親戚が三人。
その内の一人が姑なのだけれど^^;
大きなお金を都合しなければならなかったことも、一度や二度ではありません。
だから、ヨンジンがおじさんの手術費を都合した時、とてもドラマのお話とは思えず、泣けました。

でも、人生って、こんなものだと思います。
それぞれの家庭に多かれ少なかれもめ事や心配事はある。
でも、そんな中にも、小さな幸せをみつけて、みんな元気にやってるのじゃないのかな。
このドラマは、いつもお金の話題がつきまとって辟易します。
いったい、どんなことが言いたいドラマなのだろうって、不思議に思いながら観ています。

私の住んでいる地方の地方局で、タレントのピーコさんが、映画の解説をしていらっしゃるのですが、先日、たまたま見ていたら、彼(彼女?)がメッセージのない映画は、作る意味がないと断言しておられました。
ヨンジンオンマのように、全てのことを不幸にしてしまって、いったいどんなことが生まれるのだろう?

先日のレビューでは、ヨンジンオンマの言動が理解できたかのように書いたのに、意見が一貫していませんね^^;
私の友達で、早くにお父さんを亡くし、母一人子一人で育った人が居ます。
彼女は、大学は遠く鳥取に行き、東京にお嫁に行ったの。
うちの母が、「よく遠くにお嫁に出しましたね。」と聞いたら、「二親揃っていたら、反対はしないだろうと思ったら、反対できなかった。」と、おっしゃったそうです。

ここに来ていらっしゃる方は、オンマが多いと思います。
お互い良いオンマになりたいですね。

ヨンジンたち、最後は幸せになって欲しいなぁ。
告白すると、最近ヨンジンオンマの恋の部分は、早送りしています^^;
[PR]
by lee_milky | 2007-03-18 18:31 | -恋の香り | Comments(10)

사랑의향기(恋の香り)45~48話

「先生、子どもを妊娠した時、絶対おろそうと思ったらいかんよ。」
娘が生まれる前、ある生徒のお母さんから、出し抜けに、そう言われたことがありました。
その生徒は、彼が小学生のころからよく知っていました。
その子の兄の担任をしていたのですが、その兄が小悪で、ちょこちょこ悪さをするので、私は頻繁に家庭訪問をしていて、その度に、小学生の彼が座布団やジュースを出してくれていました。
その兄が卒業したのと入れ替わりに、彼が入学し、また私が担任になりました。
小学生の時は、担任の先生を困らせ、何度も泣かしたそうですが、私には従順でした。
彼が4年生の時から知っていたからでしょうか。
でも、私や母親がいないところでの悪事は、相当なものでした。
入学直後から警察沙汰を度々起こし、何度も警察まで迎えに行かなければなりませんでした。

その日も、そんな日でした。
私と母親の前で、泣きじゃくりながら「ごめんなさい。」を繰り返し、泣き疲れて眠った彼の寝顔を見ながら、母親が、そう言ったのでした。
彼の妊娠を知った時、既にご主人と離婚調停中だったために、何度も中絶しようと思ったそうなのです。
「大切な命なのに、おろそうとしたから、今、罰が当たっているのだと思う。」と、おっしゃっていました。

48話で、ヨンジンは中絶手術をうけました。
世の中には、色々な事情があって人工中絶をしなければならない人は沢山いらっしゃるでしょう。
それは、仕方のないことなのかもしれません。
でも、ヨンジンはそうしなければならなかったのでしょうか?
そもそも、結婚を急がせたのも、母親ならば、ジュノが大学をやめるという選択をせざるをえないほど二人を追いつめたのも、母親でした。
母親って何なのだろうと、改めて考えました。

ジュノは、親の愛情を受けることなく成長しました。
だからこそ、ヨンジンを許せないのだと思います。
彼がヨンジンを許すことのできる日はやって来るのでしょうか?
ジュリおばさんが、「あなた達は、お互いを思いすぎて争いになる。」と言っていました。
その通りだと思います。
「賢者の贈り物」のジムとベラのお話はほほえましいお話だけれど、ジュノとヨンジンの話は、あまりに悲しすぎると思いました。
[PR]
by lee_milky | 2007-03-18 02:24 | -恋の香り | Comments(6)

사랑의향기(恋の香り)22~30話

ジュノとヨンジンの交際を反対していた母親が、今度は、ヨンジンにジュノとの結婚を急ぐように迫ります。
ジュノが大学を卒業し、就職してから結婚しようという計画を立てていた二人は窮地に立たされますが、それでも、幸せそうです。
私は、中でも29話が好きです。
29話の冒頭は、ジュノが結婚準備のためにリニューアルをはじめた倉庫にヨンジンが訪れるシーンです。
ヨンジンの幸せな気分を反映してか、ヨンジンのトップは赤いタートルネックのセーター。
このドラマ、ヨンジンやヘジンのファッションが可愛いくて、効果的です。

ところで、ヨンジン母は、なぜ二人に結婚を迫ったのでしょう。
私は、このことをずっと考えながら、このドラマを見ていました。
私には、とうてい理解できないことだったから。
でも、30話で、母親がジュノの倉庫にヨンジンの花嫁道具を運ぶシーンを見て、はっとしました。
車を買うために都合したお金をはたいて、娘の嫁入り道具を準備する母親の愛情を見て、彼女がこれまでどれほど苦労して、ヨンジンを育て上げてきたのかを思い、彼女の苦労は、私には推し量ることはできないと思いました。
彼女のこれまでの苦労を思えば、あれだけの心の乱れが理解できるような気がしました。
[PR]
by lee_milky | 2007-03-15 23:27 | -恋の香り | Comments(8)

사랑의향기(恋の香り)4~21話

사랑의향기(恋の香り)の21話まで観ました。
このドラマそのものの感想を述べると、正直食傷気味です^^;
なんだか韓国版「渡る世間は鬼ばかり」みたい。。。って、「渡鬼」は、観たことがないのですが、なんとなく。
52話まで続いているところも似てません?
番組長寿の秘訣は、出演者が多くて、1本のドラマの中に沢山のストーリーが展開しているから、様々なタイプの視聴者のニーズに応えられるからでしょうか。
そう言う私も、ほとんどジュノとヨンジュンの恋の行方を観るためだけに、先を急いでいるような。。。
2度目視聴の時は、きっと、その他のシーンは、早送りだわね^^

最近は、レンタルでなくお借りしたDVDで観ています。
こちらのバージョンでは、ヘジンと先輩のシーンには決まって同じBGMが流れるのですが、最近は、このBGMの頭を聞いただけで、ちょっと、うんざり。
ワンパターンなシーンとヘジンと先輩のオーバーアクションに辟易しています。
3話まで見終わった時点では、この二人もとっても可愛く思ったし、ドヨンちゃんの演技はすごいと思ったのにな。。
いわゆる韓ドラ特有の「笑わす」シーンなのでしょうか?

ジュノとヨンジュンのシーンは、可愛くて美しいですね。
このころのビョンホンシのかわいさ、初めはお顔のかわいさしか気づかなかったのですが、声も可愛いのねぇ。
やっぱり若いなぁ。
変わらないのは、お目々がウルウルする時の表情と、キスシーン^^;
これって、演技ではなく、素なのかしら?

でも、展開としては有り得ないかな?
まるで、父親の犯した罪を知った後のミンチョルが、ヨンスに対してそうしたように、ヨンジュンを避けるジュノですが、ミンチョルとヨンスの場合は、婚約までしたのですからその展開もありのような気もするのですが、未だ、つきあってもいないのに、そんなことあるのかなぁと思いながら、観ていました。
20話では、二人の関係が上手く行き始めましたが、この先まだまだこのドラマは続くのだから、これから二転三転するのでしょうね^^;
う~ん。悲しいお話が苦手なmilkyとしては、ちょっと辛いです。

さて、ビョンホンシとジンシルシのツーショットが好きなのは、もう何度も書きましたが、なぜそうなのかということに、最近、気づきました。
私ったら、ジンシルシが好きなのねぇ。
お顔もお声も可愛くて、それにすごく細いから、思わず抱きしめたくなっちゃう^^
[PR]
by lee_milky | 2007-03-04 23:15 | -恋の香り | Comments(2)

사랑의향기(恋の香り)

今夜は、レンタルした「사랑의향기(恋の香り)」を観ました。
DVD1枚に3話ずつ入っているので、3話一挙に観ましたが、まだまだお話は、プロローグから抜け出ていません。
それに、主演は、ビョンホンシとチェ・ジンシルシではなく、イ・ジョンギルシとキム・ヨンエシみたいです。
でも、チェ・ジンシルシにチョン・ドヨンシ、キム・ヨンエシ、イ・ギョンジンシと、私の大好きな女優陣がずらりなので、次回を観るのが楽しみです。
特に、女子大生の役のチョン・ドヨンシが、可愛いです。
勿論、24歳のビョンホンシも。。。

それに、私は、ビョンホンシとジンシルシのツーショットが大好き♪
先日、韓国語の先生が、「イ・ビョンホンは、相手役がいつもミスキャストだわ。
イ・ヨンエさんみたいな女優さんとの方が、いい演技ができそう。」とおっしゃっていました。
私は、そのお話を聞きながら、チェ・ジンシルシを思い出していました。
アスファルトサナイでのビョンホンシとの丁々発止のやりとりや誰俺でビョンホンシをやりこめてる姿がツボでした。
この「恋の香り」の役所も同じような感じなのかなという予感です。
左足を負傷して入院したビョンホンシが入院した弟の付き添いに来ていたジンシルシに出会うのですが、このシーンを観ながら、先日、左足を負傷して入院したビョンホンシのことを思いました。
ビョンホンシに、今度の入院で出会いがあったかな?
実生活でも、ビョンホンシには、若い女性より、ちょっと年上のしっかりした女性の方があいそうな気がします^^;

そうそう、韓国語の先生は、ビョンホンシのことに詳しいので、隠れファンなのかと思っていたら、親しいお友達がビョンホンシの熱狂的なファンで、ビョンホンブログを管理していらっしゃるので、そこに通っておられるのだそうです。
そのブログの名前を先生にお聞きしたのに、講座から帰る間に忘れてしまいました。
たしか、ブログ名の頭文字がSで、お仕事は新聞記者だと聞いたので、検索してみたのですが、分かりませんでした^^;
[PR]
by lee_milky | 2007-02-21 01:30 | -恋の香り | Comments(14)