RGBとCMYの不思議な関係

カテゴリ:-あの野菊の如く( 4 )

들국화(あの野菊の如く) ネタばれ注意

들국화(あの野菊の如く) を昨夜見終えました。
今、調べたら、見始めたのは、何と2008年の9月でした。
長編ドラマとはいえ、4年もかかるなんて、かなり遅すぎですね^^;

キフンが死んでからというもの、しばらくは惰性で見ていましたが、いつしか中断。
ここ1・2年は長期の休みに少しずつ更新していました。
今年の春休みごろには、展開が面白くなり、かなり嵌ってたのですが、自分自身がほとんど家に居ないのと、たまに居ても、家族にチャンネル権を奪われ、夜中にしか見られないので、なかなか更新できずにいましたが、ようやく今週になってバタバタ最終話まで見ることが出来ました。

キフンが亡くなってからしばらくは、回想シーンや会話の中にキフンが登場していましたが、後半はほとんど忘れ去られてました。
そうなって初めて、ウンギョンが本当に幸せを手に入れたということでしょうか。

このドラマ、ウンソン・ウンギョン姉妹の苦労の連続で繋いだようなドラマでしたが、最後は、姉妹共々幸せになり、良い気分で見終えることが出来ました。

全編を通してこの姉妹の祖母が良い味を出していました。
そのセリフの一つ一つに教えられる気がしながら見ましたね^^
結局、このドラマは、心の持ちようしだいで、人間どんな状況でも幸せになれる、奇をてらわず真面目に生きていれば幸福が訪れる、辛抱が一番、夫婦が添い遂げるのが一番。。。みたいなことが言いたかったのかしら。

母親や恋人のためにベトナム戦争に志願したものの、結局、自らの命を落とし、愛する人たちを不幸のどん底に陥れ、高級な土産しか残せなかったキフン。
最後はタクシードライバーという地道な仕事を選んだ金持ちの放蕩息子のウンソンの夫。
貧しいながらも明るく暮らす若いチャンさん一家。

女は家庭!みたいな思想も見え隠れして、正直受け入れがたいこともあったけど、面白い番組でした。

今は旅館になっている松月荘や、集合住宅として使用されている金湖洞のウンソンの実家などの元両班の屋敷も興味深かったです。
近々、そんな韓屋のホテルに宿泊し、ソウルの宮殿をゆっくり散策するのが、目下の私の目標です^^


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから

[PR]
by lee_milky | 2012-06-12 23:21 | -あの野菊の如く | Comments(4)

들국화(あの野菊の如く)Ⅲ

ネタバレ注意!!
■反転して頂くと読める設定にしています。

ウンギョンがソウルに出て来て再出発をしようとした矢先、キフンからのプレゼントの時計が届きました。
文字盤の赤い可愛くて上品な時計でした。
ウンギョンの気持ちを思うと、泣けました。

キフンはこのお土産を買うとき、ウンギョンの喜ぶ顔を思い描いたのでしょう。
1年の任期が終わるのを目前にして、自分が死んでしまうことなんて夢想だにしなかったのじゃないかと思うと、尚更泣けました。

[PR]
by lee_milky | 2008-09-28 23:04 | -あの野菊の如く | Comments(2)

들국화(あの野菊の如く)Ⅱ

昨夜、キフンがミンチョルに似てる~♪って、さんざん壊れたあと、32話まで観ました。

キフンがベトナムに赴任してから、キフンの出番が少なかったのですが、しばらくぶりに出て来たら、ベトネムのセットがあまりにもちゃちだったり、キフンの日焼けのメークがわざとらしかったりで、初めは悠長に突っ込みを入れながら観ていたのですが。。。

これ以降ネタバレなので、未見の方はお読みにならないで下さいm(_ _)m
[PR]
by lee_milky | 2008-09-25 00:28 | -あの野菊の如く | Comments(2)

들국화(あの野菊の如く)

今、毎晩들국화(あの野菊の如く)を観ています。
仕事も忙しいので、毎晩1話ずつ観ようと思っていたのですが、ストーリーが面白くて、ついついどんどん観てしまって、眠いし肩こりがすごいです。

以前、コメ欄でこのドラマの中にベトナム戦争のことが出てくることはお聞きしていたのですが、ちょっとだけ出てくるのかと思ってたら、何とビョンホンシがベトナム戦争に行くんですね。
今、ちょうどその辺りです。

死を意識したビョンホンシの表情、すごいですね。
デビューしたばかりで、何であんな表情ができるんだろう。
この表情では、JSAの冒頭を思い出しました。
あの用を足しに行って地雷を踏んでしまい、助けを求めるシーンです。
それから、奴×3も。
チャンイって、生きたいと思ってないのでしょうね。
だって、あんな表情しないのだもの。

それから、抱擁シーン、ミンチョルだったんですけど。
あの、小指から行くとこね。
キスシーンも下からです。はい。ミンチョルです♪
なんでー。若干21歳であんなことできるんだろうとか。。。

映画館の切符売り場では、お客さんが「어른 하나 주세요.(大人1枚下さい。)」というのを聞いて、「このドラマ観てから奴×3を観に釜山に行けば良かったな。」とか。。。

そんなことを考えながら観ています。
[PR]
by lee_milky | 2008-09-23 21:13 | -あの野菊の如く | Comments(2)