<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日は、Happy Birthday!!

今日は、お仲間のkannaさんのお誕生日です。
お誕生日おめでとうございます。


ビョンホンシのバースデー企画中ですので、混同されないようにというのをコンセプトに作ったら・・・なんだか、ベタな感じになっちゃった(苦笑)
それで、お詫びに、I love you.を入れました^^
[PR]
by lee_milky | 2006-06-30 00:00 | Happy Birthday | Comments(10)

ウルトラの父(職場ネタです)

8:20朝の打ち合わせが終わり、生徒棟に上がっていくと、毎朝のように、女子生徒が涙を流して笑っています。
自分のクラスが無い私は、廊下の窓ガラスを開けながら、全クラスを見て回るのですが、時には、教室の中から、「先生、○○君が、笑わせます。お腹痛いから、注意して下さい。」と、呼び止められます。
「平和だなぁ。」と、しみじみ思う瞬間です。

さて、一昨日の放課後、私が、給湯室で洗い物をしていると、2年生の担任3人がなだれ込んできました。
技術吏員の先生が育てたキュウリのお裾分けをもらいに入ってきたようです。
無農薬で育てられたキュウリは、いぼがぽつぽつとして、表面が光っていて、いかにも美味しそうです。
中には、昔は店先にもよく並んでいた曲がったキュウリもあります。
30代半ばの3人は、こんなキュウリを見たことが無いのか、それを見ただけで、歓声を上げています。
そのうち、男性二人が曲がったキュウリを両手に持って、「ウルトラの父!!」「ひつじ!!」とやりだしました。
この二人が、この給湯室を一歩出れば、教科指導でも、生徒指導でも、押しも押されぬ大男なのですから、かえって、可笑しいのです。
そのうち、女性の担任が、たまらず叫びました。
「ミルキー先生、何とか言って下さい。この二人壊れてます!!」と。

これって、朝の教室の風景と同じジャン。
こんな担任から、受け持ってもらって、楽しいクラスにならないわけがありません。

こんな風でも、相手は、中学2年生です。
時には事件も起こります。
今朝は、打ち合わせの時に報告が二つありました。
一つは、女子の眉ぞり。
「昨日は、ついカッとなってしかってしまったので、指導が入っていません。今日、指導し直します。」と言うことでした。
もう一つは、トイレのいたずら。
トイレットペーパーが、便器の中に投げ込まれたのです。
生徒に、朝指導すると共に、トイレを頻繁に見回ることにしました。

果たして、昼休み、トイレ掃除の生徒が、ある生徒が、今日もいたずらしようとしたところを見つけてくれました。
現場を押さえられても、なかなか認めようとしません。
でも、この子のためにも、自分の言葉で、きちんと認めさせなければ。

結局、彼が反省するまでに、二時間もかかってしまいましたが、帰りのホームルームで、各クラスを回り、ごめんなさいが言えました。
でも、指導したのは、私ではありません。
あの、「ウルトラの父!!」「ひつじ!!」とやったふたりです。

放課後は、放課後で、残り一人の担任が、眉ぞりの生徒を連れて職員室に戻ってきました。
生徒は、目を真っ赤にして、もうしませんと言って、帰宅しました。

こんな風に、私は、何もせず担任に任せておけば良いのです。
[PR]
by lee_milky | 2006-06-28 19:56 | Comments(7)

Mr.Lee Byung-Hun Happy Birthday event Ⅲ

昨夜、「甘い人生」のMVを見ました。
公開当時は、何度も見たはずなのに、ビョンホンシが編集したⅢに嵌りました。
意図的な感じが、ビョンホンシらしいと思いましたし、これこそが私のツボなのでした。
特に、このシーン。

それから、撮影に苦労したシーンが多いのも、演じた本人だから、捨てがたかったのかなと思いました。

そんなわけで、このMVを使って、Birthday event partⅢを制作中です。
できあがりは、当日になるかな?
でも、これをご覧頂くには、パスが必要ですので、もし、ご覧になってくださる方がいらっしゃいましたら、「パス希望」とメールして下さい。
[PR]
by lee_milky | 2006-06-27 20:44 | +甘い人生 | Comments(23)

naocoさんのお誕生日・・・2日前だったそうですが。。。

画像は削除しました。
[PR]
by lee_milky | 2006-06-22 21:47 | Happy Birthday | Comments(2)

葉書

今日、写真集発売日変更のお知らせの葉書が届いていました。
うちに届いたくらいだから、既に、皆さんのお宅には届いているのでしょうね。
変更は、既に公式で知っていたし、あきらめはついてるので、この葉書が届いて、なんだか得した気分でした。
でも、延期のために、予約者全員に送るとなると、大変な労力と出費が要りますね。
いくら、ビョンホンシが臨んだこととは言え、右から、左に・・・と言うわけにはいかなかっただろうと、あらためて思いました。

ところで、葉書と言えば、昨年末、みなさんの所には、こんな葉書が届きましたか?ちょうど、以前のブログから、こちらのブログに移る幕間で、レビューすることができず、何故届いたのか、分からずじまいの葉書なのでした。
投函場所は、韓国のヨンドン。
差出人は、ビョンホンシ???
今更ですが、「うちにもとどいたよ~。」とか、それは「○○だから、届いたのよ。」とか、ご存じの方は、教えてくださいませm(_ _)m

さて、葉書と言えばPost Card 、Cardと言えばBirthday Card・・・ということでぇ。
今、夜ごと、Birthday Cardを制作中です。
==毎日暑いので、涼しげな色ばっかり^^;
近日中に、「バースデー記念イベントのカード」を、公開できそうですので、「ビョンホン切手の貼ったカードがほし~い」という方は、時々、この場所に立ち寄ってくださいませね^^
[PR]
by lee_milky | 2006-06-21 21:53 | Comments(20)

今更ですが・・・

これは、東京ドームのファンミの時に、ある方から頂いたフリーペーパーです。
大久保で、配っていたのだそうで、わざわざこのページに、付箋まで貼ってくださっていました。
だけど、一時期、韓国語熱が冷めていたので、今まで放っていました^^;
先週の韓国語講座で、久しぶりに韓国語を訳してみたら、また、面白くなってきたので、夫が留守なのを良いことに、集中して訳してみました。
何せ、単語は覚えているわけではなく、読んでみて日本語に当てはめてみるという謎解きのようなことをやっているわけで・・・
でも、この謎が解けた時の気持ちは何とも言えませんよ。
どうしても分からないところは辞書を引くのだけど、それが悔しいの。
みなさんも、謎解きをやってみませんか?

それにしても、뵨사마(ビョン様)って、今は、日本の週刊誌にも書いてませんよね。
一時期、このビョン様ネタで、盛り上がってましたが、みんなで、あちこちで、「嫌だ~~~。」って、言って良かったですね。

読んでみる?
[PR]
by lee_milky | 2006-06-19 00:38 | ファンミーティング | Comments(2)

今週の韓国語講座

オモニさんから、間違いを指摘して頂いて、訂正しました。18日 23:05
今週の木曜日は、月に2度の韓国語講座の日でした。
今日は、初めて、自分たちで辞書を引いて韓国語の旅行パンフレットを訳しました。

辞書引き・・・と言えば、ミルキーでしょ?
だって、ハングルを覚えたその日から、辞書を引いてるんだもの。
辞書を引くのだけは速いよ!!
何と、電子辞書を持ってる人より速くて、自分でも驚きました。

・・・・でも、こればっかりは、速けりゃいいってわいじゃないからねぇ。
あぁ~、辞書引いた単語、全て覚えてれば、もう、ペラペラのはずなんだけどなぁ~。

韓国の旅行パンフレット
[PR]
by lee_milky | 2006-06-17 22:29 | 韓国語講座 | Comments(3)

写真集の発売、延期だそうですね^^;

非公開さんから、情報を頂いたので、あわてて公式に行ったら、お知らせとビョンホンシの謝罪文がありました。
私は、この写真集が届いたら、バースデーカードを作ろうと思っていたので、少なからず、ショックを受けました。
でも、仕方ないですね。
>俳優として、クリエイターとして最後までこだわってしまった私をどうぞ許して下さい。
そんなビョンホンシが好きになったのだもの。

クリエイターと言えば、うちの夫が、こんなこと言ってましたっけ。
「おい、今から、勉強し直してデザイナーになれ。」って。
彼は、「橋」の材料を作る会社の営業マンなのですが、以前、とある有名な橋の苦情処理で東京まで行ったことがありました。
その橋は、トレンディードラマにも良く出てくるおしゃれな橋なのですが、強度の問題で、一部変更を余儀なくされました。
目立たないところのデザインをちょっと変えれば済むところをデザイナーのこだわりで、デザインを変えずに強度を強くするために、予算を何倍もオーバーして変更したことがあったのです。
その時、どんな著名な政治家や経済界の実力者もデザイナーには勝てなかったらしいです。

ビョンホンシもこのデザイナーさんも、自分のこだわりを通すことができるだけの実力と実績を持っていて幸せです。

ビョンホンシ、遅れついでに、とことんこだわってくだされ。
その代わり、私達を必ず納得させてくださいましね。

そう言えば、我が夫、今朝から仕事で釜山に出かけました。
それで、昨日急に「着ていくブレザーを買ってきて。」と頼まれました。
ここ最近、かなり無駄遣いばかりしている私は、なんだか後ろめたくて、ちょっと奮発したら、「おっ、イ・ビョンホンみたいやろ?」と、にこにこ顔で、出かけて行きました^^;
今頃、お客さんと一緒に楽しんでるかしら?
それとも、気を使って営業トーク、炸裂なのかなぁ。
[PR]
by lee_milky | 2006-06-16 22:11 | 写真集 | Comments(12)

韓国語講座 아름다운 날들(美しき日々) 第6話

第6話 「運命」

ヨンスはミンジを誘い、街なかで似顔絵書きをすることに。初めて自分でお金を稼いだミンジは、そのお金でミンチョルにプレゼントを買う。ミンジの屈託のない笑顔に、ミンチョルはヨンスに小切手を渡す。受け取らないヨンス。ミンチョルはヨンスにその金で自分の似顔絵を描くよう依頼する。
見つめ合う二人・・・。そこには、淡い思いが芽生え始めていた。

セナに目をかけているチョンフンは、自分の後輩でビクトリー・レコード社長の次男であるソンジェを紹介する。セナはあの時施設に来た男の子がソンジェであることを知り、自分とソンジェの出会いに運命を感じ始める。一方のソンジェは、自分に絵をくれた女の子がヨンスであることを知り、懐かしさとともに急速にヨンスへの思いを募らせていく。ヨンスもまた、ソンジェから話を聞き、彼への親しみを増していくのだった。そんな二人の様子にかすかな苛立ちを覚えるミンチョル。
さらに、妹のミンジは、そんなミンチョルの微妙な変化を見逃さなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
오빠.오빠 혹시 저 여자한테 관심 있어?
オッパ。 オッパ ホKシ チョ ヨヂャハNテ クワNシM イッソ?
お兄ちゃん。お兄ちゃんは、ひょっとしてあの女に感心があるの?
오빠:(名詞)お兄ちゃん(妹、年下の女性から)
(5):(冠詞)あの (代名詞)あれ
여자(1):(名詞)女子・女性・女・女の人
한테:(助詞)~に
관심(1)=關心:(名詞・動詞)関心、興味
있어(요):(存在詞)いる ある+어(第Ⅲ語基)+ :(語尾)丁寧な表現~です。~ですか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
point 
●혹시:(副詞)もし、もしかして、ひょっとして
※後ろに疑問文、仮定文が続くことが良くある。
●요の前の動詞は、第Ⅲ語基に変化する。
韓国語の引き出し「語基」の「語基とは」「第Ⅲ語基」を参照
[PR]
by lee_milky | 2006-06-15 05:55 | -美しき日々 | Comments(10)

日本料理には日本人の美学

2つ前のレビューに、次のようなコメントを、非公開さんより頂きました。

ふと目にした記事に日本人って変?ですって
milkyさんはどう、斬られますか?


気になりながらも、昨夜は、この記事をちらっと読んだだけで、休みました。
今朝、職場の読書の時間に読む本をうっかり忘れ、美術室の教卓に置いていた昭和57年発行のデザイン雑誌を持って、教室に臨みました。
そして、このページが目に止まりました。
f0027009_22253536.jpgこれは、タイポグラフィーの見本帳です。
上の書体が”アローエースM1”、下の書体が”ミヤケアロー”。
でも、私が興味を持ったのは、タイポフェースではなく、 見本のために書かれた文章の内容の方でした。

イタリア料理は遊びの感覚
フランス料理は味覚の芸術
日本料理には、日本人の美学


料理は文化であり、味わう事は文化に触れることなのです。
イタリア料理は食べることを楽しむ「遊び」の感覚、フランス料理には味覚の芸術といわれる「粋」があり、日本料理には豊かな自然を背景にした日本人の美学がある。


なるほどと、思いました。
そして、昨夜読んだ記事の内容を思い出しました。

サッカー大国であるドイツでは他国にスターを求める必要がないのだろう。
ではヨン様ブームは? 
日本はかなり変わった国なのかもしれない。


確かに、日本はかなり変わった変な国なのかもしれません。
でも、変でもちっともかまいません。
スポーツ観戦も日本人独特の楽しみ方があっても良いではありませんか。

アンチベッカム様・アンチヨン様。そして、アンチビョン様。。。
そう言われる人たちは、本当は、アンチベッカム様ファン・アンチヨン様ファン・アンチビョン様ファンだから、ベッカムさんのこともヨンジュンさんのこともビョンホンシのこともよく知りもしないで、忌み嫌っています。

先日、芝居好きの知人にこんな事を言われました。
「しっかりしているあなたが、イ・ビョンホン、イ・ビョンホンって、のぼせてるのがどうにも理解できなかったけど、イ・ビョンホンって、すごい演技力の持ち主らしいわね。
『徹子の部屋』で、『小川真由美』が言ってた。
彼女は、文学座の代表的な女優さんよ。
その大女優が絶賛するのだもの、本当にすごいのかもしれない。」

ちなみに、彼女はビョンホンシをワイドショーとCMでしか見たことがないのだそうです。
それで、「笑顔がニーっと、わざとらしくて気持ち悪い。」なんて言ってたのか(苦笑)
[PR]
by lee_milky | 2006-06-12 23:11 | Comments(17)