<   2007年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

焼き肉「京城園 KEI JO EN」

(関連記事はこちら→

福岡で唯一のビョンホンシゆかりのお店、焼き肉「京城園」に行って来ました。
入店して驚いたのは、応対して下さる女性スタッフの方々が、みなさん、お綺麗で、上品で、お若くて、その上、感じが良いこと。
「私は、絶対雇ってもらえんなぁ。」なんて、余計なことを考えてしまいました。
だって、ほら、ここでバイトしてたら、いつかビョンホンシに会えるかもしれんやん?

その、スタッフの方の感じの良いのをいいことに、勇気を振り絞って、事前にプリントアウトして持っていった「Designareのトップ」を差し出し、「ブログに記事を書くので、写真を撮っても良いですか?」と、お聞きすると、受付の方が、快く「良いですよ。」とおっしゃって下さいました。

姑が肉が食べられなかったために、この度姑が入院するまで、うちでは、ずっと魚と鶏だけが食卓に。
「肉が食べた~い。」と、時々肉禁断症状の出る若い娘と私は、土曜日の午後、時々二人で焼き肉を食べていました。
昨日も、お店は違っても食べ慣れたメニューを注文しました。
まずは、ナムルとユッケ。
f0027009_10112854.jpg
f0027009_1012541.jpg
ユッケは主に娘が、ナムルは、私が食べました。
娘からちょっとだけ貰って食べたユッケは、新しいからか臭みが全くなく、とても美味しかったです。
ナムルは、韓国で食べるナムルよりも酸味が強くてごま油が少なめで、和食テイストになっているようです。
このナムルを食べながらだと、お肉が沢山食べられますよ。

焼き肉のはじめは、お約束の塩タン。
f0027009_1020897.jpg
柔らかくて、最高でした。

次は、壷カルビ。
これは、壷の中に焼き野菜とタレに漬け込んだカルビが入っていて、下味のしっかり付いた韓国の骨付きカルビの味によく似ているので、私は、このメニューのあるところでは、必ず、これを注文します。
この「京城園」の壷カルビも御多分に漏れず、韓国テイストで、美味しかったです。
お肉も柔らかくて、あっという間に食べてしまいました。
で、食べ始める前は、「壷と焼き始めたお肉を撮影しよう。」と思っていたのですが、あんまり美味しくて、撮影を忘れました^^;

はじめに注文したのは、以上の4品に卵スープとオレンジジュースとコーラ。
ドリンク中心のお店だからでしょう。
運転しなければならない私と、未成年の娘にとっては、ソフトドリンクの種類がちょっと少なかったような。
ちなみに、私は、ジンジャーエールが大好きです^^

次に、ロースとホルモンの盛り合わせを注文。
f0027009_10391515.jpg

この2品で、私は、「このお店は本当に美味しい。」と確信しました。
なぜなら、塩タンは、最高のものを注文したので、美味しくて当たり前。
ロースは、中くらいのものを、ホルモンは、最もお安いものを注文したのですが、それでも、絶品でした~。
特に、ホルモンは、お店によっては台所用洗剤の臭いがするのですが、このお店のものは、臭いもなく、とっても柔らかでした。
但し、このころから、娘が、「お肉が良すぎて、油が多いから気持ち悪い。」と言い始めました。
あとから、分かったのですが、娘は、風邪のひきはじめで、帰りの車の中で、爆睡。
家に帰り着いたら、熱発してました^^;
気持ちが悪くなったのは、風邪のせいと、いつもはサニーレタスを巻いて食べているのに、今回は、そうしなかったからだと思われます。
もともと、スレンダーな娘は、脂っこいものが苦手なんです。
昨夜は、サニーレタスを注文し忘れて、あとで、「注文しようか?」と聞いたら、娘がいらないと言ったので、注文しなかったのです。
3年前に娘と一緒にソウル旅行に行った時、親切な現地ガイドさんが、「焼き肉は、サニーレタスを巻いて食べるものです。」と教えてくれたのをきっかけに、娘は、いつもそうして食べています。
私は、サニーレタスを巻かないで食べた方が好きなので、いくら勧められても、お肉と野菜と別々に食べていますが。

さて、丁度このころ、奥からお店のオーナーが出て来て、ご挨拶をして下さいました。
はじめは、どのテーブルにもそうしていらっしゃるものと思って、軽く会釈だけをしたのですが、私の座席の横に腰を下ろし、親しげに話しかけて下さったので、スタッフの方が、オーナーにブログのことを伝えて下さったことを知りました。
オーナーがあんまりお美しくて上品なので、緊張してしまいました。
この時、名刺を頂き、お店の名前が、オーナーのお名前に由来しているのだということがわかりました。
裏側だけですが、貼っておきますね。
f0027009_10575981.jpg


娘の機嫌は益々悪くなりましたが、この時は、まだ、私のビョンホン狂いに腹を立ててるだけだと思っていたので、無視して、更にクッパを追加注文しました。
f0027009_1101792.jpg
(これも、はじめは撮影を忘れ、食べている途中で撮影しました。元は、もっとたくさん具が入っていました^^;)
何を隠そう、私は、クッパには、ちとうるさいです。
なぜなら、私がこどもの頃、家の近くにあった洋食のレストランに覇摩(ハマと読みますが、まの字は違うかも)雑炊というメニューがあって、それが安くて美味しくて、お店の人気メニューでした。
でも、そのレストランが無くなってからは、もう何十年も食べたくても食べられなかったのが、2年前に釜山に行った時、朝ご飯を食べに行った先で、近所の自称「日本通」のおじさんから、「日本人なら、これがきっと好きだから是非食べなさい。」と、勧められて食べたクッパが、あの、懐かしい覇摩雑炊と同じ味だったので、びっくり。
もしかしたら、あの「レストラン覇摩」の経営者は、在日コリアの方だったかもしれませんね。
そんなわけで、それからというもの、日本に帰ってからも、頻繁にクッパを注文するのですが、あの懐かしい味には、なかなか遭遇できません。
どこの焼肉店でも、お米がべたっとして肉を噛んだ時にほのかに感じる独特の香りもなく、釜山で食べたクッパというより、日本の雑炊に近いのです。
でも、昨夜「京城園」で食べたクッパは、限りなく、釜山で食べたクッパに、そして、昔懐かしい覇摩雑炊に近いお味でした。

以上が、私の、京城園グルメレポート。
みなさん、既にご案内の通り、私は、いくらビョンホンがらみでも、なんでも美味しい、なんでも良かったとは、言わないわ。
でも、このお店は、間違いなく美味しかったですから、みなさんも福岡へお越しの際は、是非是非、お立ち寄り下さいね。

本当は、この後、もっとオーナーとお話をしたり、店内をゆっくり撮影させて頂いたりしたかったし、食後には、サービスでアイスクリームも付くのだそうですが、娘の様子が、いよいよ悪くなったので、ご挨拶も早々に引き揚げました。
近々、また、このレビューを持って、お店に伺おうと思いますので、その時、写真やメニューやお値段なども追記しますね。
次は、ゆっくりビョンホンシのお話なども聞けたら、最高だなあ。
[PR]
by lee_milky | 2007-10-28 11:47 | 博多グルメ | Comments(14)

お土産=辛子明太子編

今日は、博多名物辛子明太子のお話し。
でも、この辛子明太子、元は朝鮮土産だったそうです。
亡くなった母方の伯母が、いつも「メンタイは、昔は朝鮮からのお土産やったとに、いつの間にか博多名物になってしもうた。」と言ってました。

この朝鮮の食べ物だったメンタイ(명태=ミョンテ=明太)を博多名物にした仕掛け人は、老舗「ふくや」の創業者である川原俊夫さん。
朝鮮からの引き揚げ者だった川原さんは、朝鮮のメンタイが日本人の口に合うように試行錯誤を重ね、博多名物辛子明太子を作り上げました。
私は、以前、「総合的な学習」の時間の中で、「国際理解」の位置づけで、博多名物辛子明太子のルーツを探るという授業をしたことがあります。
そのとき、この「ふくや」さんが、快く自社VTRを貸し出して下さったり、資料を分けて下さったりと、大変お世話になりました。
この授業の仕上げに、給食時間に辛子明太子を食べ、大変盛り上がったのですが、その後、私がビョンホンシのファンになったので、こんな授業を提案するのが気恥ずかしく、今では、幻の授業になってしまいました。

More
[PR]
by lee_milky | 2007-10-25 23:14 | 博多グルメ | Comments(12)

그날의 당신에게(あの日の君へ)TOP

그날의 당신에게

Book Review

韓国語講座Ⅰ

韓国語講座Ⅱ韓国語講座Ⅲ韓国語講座Ⅳ

韓国語講座Ⅴ

[PR]
by lee_milky | 2007-10-24 23:33 | 그날의 당신에게☆あの日の君へ

拝啓 愛しき人へ=그날의 당신에게(あの日の君へ)Ⅴ

그날의 당신에게(あの日の君へ)、今夜、やっと完走です。
お付き合い下さったみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m

そう言えば、休憩中のシリーズもの、沢山あるなぁ~。
中には、完走までに何年かかるやら分からないものも。。。

ビョンホンシ紹介の、「冗談」がかなり面白く、暇さえあれば読んでいます。
だから、気になりながらも、シリーズもの再開はもう少し先になりそうです。

More
[PR]
by lee_milky | 2007-10-24 23:20 | 그날의 당신에게☆あの日の君へ | Comments(0)

お土産=スイーツ編

3歳の頃、私は、一時期、博多の母方の伯母の家に預けられました。
弟が生まれるというので、亡くなった祖母に代わって、伯母が手伝いに来たいけれど、伯母も家を空けられないので、かわりに私を預かりましょうということだったようです。
伯母の家は、当時団地に住んでいた私にとって、大きすぎて恐い家でした。
特に暗くて長い廊下の真ん中あたりに、「マリア像」だか「モナリザ」だかの油絵が掛けられていて、その前を通る度に、私は目をしっかり瞑って歩いたものでした。

だから、私は、祖父と一緒に散歩に出かけるのを楽しみにしていました。
今、健在なら120歳程にもなっている祖父は、身長が180センチもあり、当時としてはそれだけでもかなり目立つ存在でしたが、着流しに山高帽、ステッキを持ち、背筋をピンと伸ばして歩く姿は矍鑠として、一緒に歩いていると、行き交う人が振り返って見るほどでした。

その祖父が、一緒に出かけた帰りに必ず買ってくれるのが、「博多にわか煎餅」でした。
そのほのかに甘い味と博多にわか(※クリックして頂くと博多にわかの音声が流れますので、ご注意下さい。)の面をかたどった面白い形が大のお気に入りでした。

さて、アリーナツアーで、遠方から博多にいらっしゃる方も多いので、少しずつグルメレポートをしようと思います。
当初の計画では、アリーナ周辺のスポットを、下調べをしてご紹介しようと思っていたのですが、公私ともに忙しい時期を迎え、それが叶わなくなりましたので、既に知っている範囲で、ご紹介したいと思います。

More
[PR]
by lee_milky | 2007-10-22 22:09 | 博多グルメ | Comments(20)

坂口安吾著「白痴」

今週は、とっても忙しい一週間でした。
特に、昨日は、給食も食べる時間が無くて、食べ残して片づけようとしたら、私の目の前で食べている生徒会長のY君が、ニヤニヤしながら、ひと言。
「先生、牛乳だけは、残さず、飲んだ方が良いですよ。」
私ったら、そんなにカリカリしてたかしら?

Y君の発言の真意が分からなかったSちゃんが、横から
「先生、身長を伸ばすには、牛乳だけじゃ駄目ですよ。ビタミンEも一緒にとらなきゃ。」

「そう?知らなかった。でも、それ、30年前に言ってくれないと、もう遅いよ。それに、Y君は、そういう意味で言ったんじゃないしね。」

「先生、私、30年前は生まれてませんよ。
それに、Y、どういう意味で、先生に牛乳飲めち言ったん?」
Y君、ニヤニヤ。

「ねー、どういう意味?教えてよ。」
Sちゃんのお陰で、ちょっとだけ和みました。

実は、今、姑が入院しています。
以前、夫が入院した時、ここに即書いたために、みなさんに、ご心配をおかけして、ちょっぴり後悔したので、書きませんでしたが、主治医に先週の土曜日がヤマだと言われ、緊迫した毎日を送っていました。
お陰様で、なんとか峠を越し、一息つきましたが、長期戦になる気配です。
病院は、完全看護なので、特にすることもないのですが、家族全員、帰宅する前に母の見舞いに行き、病院で合流するという生活を続けています。

そんなわけで、疲れが溜まっていたのでしょう。(と、言いながら、ここで夜ごと遊んでるわけですが^^;でも、大量の洗濯物をやっつけながら、レビュー、書いてるんですよ^^)
Y君の言葉に、ちょっと、ハッとさせられました。
そんなわけで、ここ数週間行きたいと思いながら諦めていた美容院に、今日、思いきって行ってきました。

More
[PR]
by lee_milky | 2007-10-20 23:00 | Book Review | Comments(5)

The Killer

※非公開さんに教えて頂いて、一部訂正しています。

昨日、ビョンホンブログ界に激震が走ったそうで。。。夕べは、な~んにも知らず、のんきに「太陽が昇る日」を観ていた私は、今日になって、重い腰を上げ、韓国のNewSをいくつか見て回りました。

まっ、震源地は、他のところにあるようですが、今夜は、milky的にツボなNewSのみを翻訳してみました。

元記事は、こちら→ ※このニュースを伝えているワイドショーの動画も見られます。

More
[PR]
by lee_milky | 2007-10-20 02:00 | Comments(3)

辻仁成著「ピアニシモ」

何と表現すればよいのか。。。黒い渦の中に引きずり込まれるような。。。そんな感覚に襲われたのは、本屋で、この本を見つけ、手に取った瞬間だった。
慌てて、手を離し、何事もなかったように他の本のタイトルを眺める。
しかし、頭の中は、忙しく働いていた。

誰かの影響で本を読む。。。これは、結婚後初めて経験したことだった。
夫の読み終えた本を読むことで、自分自身では絶対に選ばないジャンルの本に出会えることは、良い経験になったと思う。
数冊の本を同時に読むのも、夫の影響かも知れない。

それ以前は、どうだったろう?
私の身近には、本を読む人が少なかったように思う。

いや、高校生の時好きだったY男は、その後、国文科に進んだのだから、本を読まないはずはないだろう。
でも、彼と本について語った記憶はない。
あるいは、部活や勉強、おしゃれのことを話すのに夢中で、本の話をする暇がなかったのかも知れない。

そう言えば、Y男の容態はどうなったろう。
今年の元旦、彼の若い彼女から、メールが届いた。
「Y男さんが、事故で重体です。彼の意識が回復するように、お見舞いに来て、声をかけてあげて下さい。」
彼の入院する病院は、私の職場から、ほど近いところにある。
だから、2度、見舞いに行ったのだが、そのうち、自分の生活に追われ、すっかりY男のことを忘れていた。

あのメールが来てからというもの、悪いことばかりが興るような気がする。
縁起を担ぐようだが、来年の年始めには、良い知らせのメールを受け取りたいものだ。

そこまで考えたところで、「白痴」というタイトルの本が目に止まり、手に取った。
そうだ。これでいい。
彼が最近読んだという3冊の本。
それを読めば、いよいよ深みにはまり、戻れなくなりそうな気がする。
ストーカー。
そう、ストーカーだ。
それも集団ストーカー。

次に、私の目に飛び込んできたのは、「流転の王妃の昭和史」
これも読もう。
今日は、この2冊を買うことにしよう。

ビョンホンシには、影響されなかった。。。私の勝ち。

「流転の王妃の昭和史」著者は愛新覚羅浩。
愛新覚羅浩は、ラストエンペラーの弟に嫁いだ日本の元華族だそうだ。
この本が目についたのは、詰まるところ、ビョンホンシの影響ではないのか。

急に、何もかもが、馬鹿らしく思えてくる。
ストーカー。
それも良いかもしれない。
決して振り向くことの無い彼。
だから、私達は追っかける。
集団で。

一度離れた書棚に戻り、元に戻した本を再び手に取る。
「白痴」と「流転の王妃の昭和史」と「ピアニシモ」
この3冊が、昨夜の私の買い物。

More
[PR]
by lee_milky | 2007-10-18 00:59 | Book Review | Comments(12)

ちょっといい話

Designare☆Lee Byung-Hunでは、訳あって、今は、画像をUPしていません。

でも、今日だけは、特別。
[PR]
by lee_milky | 2007-10-15 22:29 | Comments(19)

<HERO>를 본 일본인들의 반응 (<HERO>を見た日本人たちの反応)

お陰様で、嬉しいコメントが150個以上になりました。(→
それ程、ビョンホンファンにとって嬉しい記事だったということですよね。(←自画自賛^^)
この記事は、いつも堅~いレビューばかりあげているmilkyにしては、珍しい記事でもありました。

はじめは、ネットを彷徨い、嬉しいコメントを見つけては、密かに喜んでいるだけでしたが、次第に、メモ帳に記録を始めました。
それだけでは飽きたらず、ブログに貼り付けようと思いました。
「ブログ主さんに、お断り無しに貼り付けても良いのか?」という迷いが少しあったのですが、集め始めた段階では、自分が楽しむ目的だったから、既にどのサイトから引っ張ってきたかも分かりません。
結局、この喜びをみなさんと共有したい気持ちに勝てず、「ちょっとずつだから良いか?」なんて、自分の都合の良いように考え、upに踏み切りました。
この時、嬉しいコメントは50個でした。
ビョンホンシにも、こんなにも、ファン以外の方が好印象を持って下さったことを知らせたい気持ちでいっぱいで、公式のLove Messageから嬉しいコメント10個を送りました。
毎日何件ものMessageが送られるのですから、ビョンホンシが見てくれる可能性は低そうでしたが、他に思いつく方法もなく、ここから送ってみたのでした。

この記事をupしてから間もなく、「お友達から聞きました。」と、初めてさんが、コメントを下さいました。
常連さんのお一人が、あちこちに連絡して下さっていたのです。

その後、「Planet BH0712」のBBSに以下のコメントがupされたことを知りました。
(原文はこちら→

HERO를 본 일본인들의 반응
HEROを見た日本人たちの反応


일본팬분들의 블로그를 구경하다가
日本のファンの方たちのブログを見物する途中で
よくぞ、その時、このDesignareも見て下さいました♪

<히어로>에 나온 병헌님에 대한, 팬이 아닌 일본인들의 평가가 매우 좋다는 걸 알았어요.
<ヒーロー>に出たビョンホン様に対するファンではない日本人たちの評価が非常に良いということが分かりました。
韓国のファンは、병헌씨(ビョンホンシ=ビョンホンさん)ではなく、병헌님(ビョンホンニム=ビョンホン様)と呼ぶのですね♪

아래는 어느 병헌님팬이 일반 일본인들의 블로그에서 모은 병헌님에 대한 평가랍니다.
下はあるビョンホン様ファンが一般日本人たちのブログで集めたビョンホン様に対する評価です。
あるビョンホンファンって、私のことですよね♪

모두 다른 분들의 의견이라니 놀랍습니다.
全部、別の方々の意見だとは驚きです。
はい、全部別の方のご意見です♪

역시 우리들의 병헌님이십니다.ㅎㅎㅎ
やっぱり、私たちのビョンホン様です。
考えることは、韓国のファンも日本のファンも同じですね♪

이 블로그의 주인장님, 여기 소개해도 될런지요?
このブログの管理人様、ここに紹介しても良いかな?
どうぞどうぞ。。。と言うより、投稿者のお名前がなかったので、どなたか分かりませんが、紹介して頂いてありがとうございました♪

http://j2k.naver.com/j2k_frame.php/korean/leemilky.exblog.jp/6382775/

위의 것이 잘 안되면
上のサイトが開くことができなければ

http://translate.ocn.ne.jp/LUCOCN/c3/hm_ex.cgi?SURL=http%3A%2F%2Fleemilky.exblog.jp%2F6382775%2F&XTYPE=1&SEARCH=T&SLANG=ja&TLANG=ko
おぉぉ~♪Designareが全部ハングルになってる♪。。。てか、もともとハングル表記にしているところは消えてるのね???

출처 http://leemilky.exblog.jp/
出所 http://leemilky.exblog.jp/

その後、コメントを更に集め、全部で99個に増やしたあと、「Lovelbh」の管理人(?)のAngelさんが、「Planet BH0712」経由で、このレビューを見つけて、「Lovelbh」でも紹介して下さいました。(→
なんと、リンクを貼って下さっただけではなく、99個のコメントを中国語に翻訳して下さいました♪ Angelさん、ありがとうございましたm(_ _)m

このころから、ボチボチ初めての方からのコメントが入り始め、同時に、メールで嬉しいコメントが送られて来るようになりました。

それらのコメントをその都度、更新していたら、昨夜、嬉しいコメントが、ついに全部で150個になりました。

こんなコメントが、もっともっと増えたら嬉しいです。
そして、このレビューが、この先ももっともっと一人歩きしてくれればいいと思います。
そしたら、いつかは、ビョンホンシの元に届くような気がするからです。
[PR]
by lee_milky | 2007-10-13 23:20 | +HERO | Comments(18)