<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

冗談

ビョンホンシに紹介してもらった(←はっ?)ミラン・クンデラ作「冗談」。
半月程前に読み終えていました。
そして、今は、これもビョンホンシが紹介してくれた(←だから、はっ?)ポール・オースター作「リバイアサン」を半ばまで読みました。

私は、これまで洋書はほとんど読んでいませんでしたが、この2冊を読んでみて、凄いと思いました。
何より人物描写が緻密というか多角的というか。
日本の小説によくある、この人物はこうこうこういう人物ですよという通り一遍の説明でなく、様々なエピソードを読んでいくと、自然にその人物像がわかっているような手法で、描かれています。
その結果、私は、今まで、登場人物を想像するのに、何もないところに、与えられた情報を塑像のように付けていっていたのに対して、この2冊では、ベールに隠されたイメージを私自ら彫刻して、イメージを形作っていくといった対照的な作業をして、結果的にその人物像を理解しました。
そのことによって、登場人物のイメージは、前者より、より詳しく、道端でバッタリ出会ったら、必ずそれと分かるだろうと思われるほどです。

なんだか、言い回しが変ですね。
う~~ん。自分のボキャブラリーが貧困なのが恨めしいです。

さて、この「冗談」ですが、20世紀最大の小説といわれているそうですが、実のところ、本の半分くらいまでは、その良さがあまりわかりませんでした。
そのほとんどが主人公の回想シーンでもあったので、若者のありがちな恋愛が連綿と描かれていても、あまり面白いと感じず、正直、退屈でした。
この本を紹介したのが(←だから、違うって)ビョンホンシでなかったら、とっくに放り出していたでしょう。
人は、この小説を「スターリニズムへの一大告発」と言うそうですが、著者自身は、「恋愛小説」だと反論しています。
私には、もとよりスターリンの思想はよくわかりませんから、そのどちらであるか判断のしようもありませんが、本を読みながら、「これが恋愛小説だとすると、チェコのこの年代の学生は、喫茶店でお茶したり、ディスコで踊ったりするかわりに、公園で政治論をぶったり、簡単に投獄されたりするのかと、やや批判的な気持ちで読み進めました。
すると、突如、面白くなって、先を急ぐようになりました。
こちらの気持ちが高まるように、徐々に徐々に、外堀を埋められたような、そんな気分でした。
後半部分を一気に読み終えた時には、なにか、ひとつの仕事をやり終えたような気分になりました。
とにかく面白かったから、これまで私の中に無いジャンルの小説を紹介してくれた(←だから、しつこいですから)ビョンホンシに、感謝しています。

さて、ビョンホンシの「不思議な読後感」という感想ですが、これは、とても頭の良い言い回しだと思います。
先にも書いたように、この本は、恋愛小説と言えど、政治的な色彩の濃い本です。
うかつに感想を述べれば、その人との思想性が伺えそうです。
ビョンホンシは、これから様々な国に進出していかなければならない人ですから、それは避けた方が宜しい^^
「君子危うきに近寄らず」です。
[PR]
by lee_milky | 2007-11-26 00:23 | Book Review | Comments(22)

こんにゃく料理

今日は、土曜日なので、実家の母を足の治療に連れて行きました。
途中、先日記事にした地蔵豆腐のすぐそばにある「篠栗こんにゃくギャラリー」に立ち寄って、娘と3人でお昼を頂きました。
注文したのは、全て蒟蒻料理でできている松花堂弁当。
今日は、デジカメを持っていなかったので、仕方なく携帯で撮ったのですが、意外にNが、良い仕事してます。
このNも、もう長いですね。
ビョンホンシ、そろそろ、次の携帯のCM、やってくれても良いです^^

さて、まず出て来たのは、これ。
f0027009_2245094.jpg
左から、味見の刺身蒟蒻と蒟蒻アンニンプリン、デザートの蒟蒻もちです。

これが、松花堂弁当。
f0027009_22114970.jpg
このお弁当、久しぶりに頂いたのですが、とても美味しくなったような。
以前は、「話の種にはなる。。」くらいのお味だったのですが、今回は、どれも美味しかったです。

お値段は、以上にお吸い物が付いて1000円、更にコーヒーが付くと1200円、更に更にデザートが付くと1500円です。
f0027009_22151334.jpg
左が松花堂弁当に付いているデザート、右が別注の蒟蒻入り抹茶アイスクリーム、300円。
ちなみに、今日は、コーヒー、デザート付きの松花堂弁当をひとつと普通の松花堂弁当を二つ、アイスクリームをひとつ注文し、デザートを私が、コーヒーを母が、アイスクリームを娘が頂きました。

腹ごしらえをしたところで、私達は、「マリンメッセ」の前を通って、治療院に向かいました。
今日は、都市高速を使わなかったので、道路が渋滞し、「マリンメッセ」の前でしばらく停車していました。
「1週間前には、ビョンホンシがここに居たんだなぁ。」と感慨深かったです。

治療が終わって、帰ろうとしたところに、偶然いとこが入れ替わりに入ってきました。
この治療院は、もともとこのいとこが紹介してくれたところなので、こういうことがあっても不思議ではありません。
それで、このいとこの治療が終わるのを待って、いとこを「高宮」にある自宅まで送りました。
来週は、「京城園」で、クリスマス会をするので、母には、治療の後、このいとこの家に1泊して貰おうと思っていたので、丁度良かったです。

さて、このいとこの住む「高宮」というところは「京城園」のある「平尾」のすぐそばにあるので、いとこの家から帰る途中、「京城園」のすぐそばを通りました。
娘が「あつ、おかあさん、あれ、あの焼き肉やさんやね。」と言うのを聞きながら、私は、「地元でコンサートがあるということは、こういうことなんだなあ。」と、しみじみ思いました。
ビョンホンシには、そうそう逢えるわけではないから、きっと、この先いつまでも、マリンメッセに行っても、京城園に行っても、ここでビョンホンシにあったのだと反芻するのでしょう。
ビョンホンシが全国を巡る方が良いのか、東京だけでコンサートをする方が良いのか、意見は色々分かれるところみたいですが、私は、絶対、また福岡に来て欲しいと思います。
福岡は、ビョンホンシがまた来たいと思ってくれるような良い印象の街になったかしら?
[PR]
by lee_milky | 2007-11-24 22:46 | 博多グルメ | Comments(7)

人生に無駄はない

今週の月曜日、マリンメッセ福岡&京城園の余韻をひきずったまま職場へ。
一月前までは、あんなに間近で彼に会えるとは思ってもみなかったから、
「しばらくは、何があっても、生徒を叱らないわ♪」
くらいのノリで、授業に臨みました。

が、しか~~~し。
私は、いきなり生徒を叱らなければならないことに。

なぜなら、道具忘れが、6人も居たから。
美術の授業に材料や道具を忘れたら、お話しにならない。
しかも6人も忘れているのでは、授業が成立しない。

それで、本意ではなかったけれど、急遽、その日の授業の内容を変更することに。

で、その結果、完成した作品が、これ。
これなら、いつも持ってきているスケッチブックと鉛筆と資料集があれば描けますから。
f0027009_15545970.jpg
右側が見本もスケッチブックも逆さに向けて描いたモナリザ。
左側が正面に戻して描いたモナリザ。
はじめに説明を聞いた時、生徒達は、みんな「逆さに向けてそっくりに描けるわけがない。」と思ったけれど、やってみると、正面を向けて描いた絵より余程そっくりになっている自分自身の絵を見て、驚いていました。
この絵を描いたS君は、決して美術が得意な生徒ではないけれど、誰よりも早く描くことが出来たから、2枚のををいち早く完成し、逆さに描いた方がそっくりになったということを1番に実感することができました。

この「逆さに描く」という課題は、「脳の右側で描け」「絵を右脳で描く」という著書を参考にしたものです。

私は、このS君の描いたモナリザを示しながら、生徒に言いました。
「みなさんは、今日の授業を受けて、驚いたかも知れませんが、絵とは、本来こうしたものです。
模写の場合、モデルをよく見なければならないのに、これまでの13~14年間に培ってきた「目はこういうもの、鼻はこういうもの。」というみなさんの知識が邪魔をして、今、よく見るという行為の邪魔をしている。
でも、今日は逆さに描かなければならなかったから、真剣に見ましたね。
これからは、正面に描く時も、今日と同じくらい一生懸命に見て下さい。」
わずか30分の間に、驚くべき経験をした子供達は、目を大きく見開いたまま、私の言葉にウンウンと頷いていました。

私は、そんな生徒に更に付け加えました。
「今日は、忘れ物をした人が多くて、叱られてしまいましたね。
でも、今日、本来予定していた授業では得られない経験をすることができました。
みなさんが真剣に書いているのを見て、私は『人生に無駄はない。』と実感しました。
でも、それは、みなさんが、私が言った『忘れ物はいけない。』ということを真摯に受け止めて、今日の課題に一生懸命取り組んだから言えることです。
来週は、元の課題に戻します。
今日、忘れ物をした人は、しっかり反省をして、来週には忘れないようにして下さい。」

人生に無駄はない。。。他人から見たら、無駄としか言いようのない私のここ最近の奇行でも、日常の生活も精一杯一生懸命やれば、「人生に無駄はない」といえるかも知れません。
[PR]
by lee_milky | 2007-11-23 16:39 | 教科指導 | Comments(4)

Christmas@KEI JO EN


焼き肉「京城園」でクリスマス会を行いたいと思います。
期日は、12月1日土曜日 PM.6:00~8:00
場所は、「京城園」2F
会費は、5000円です。

参加を希望される方は、11月28日水曜日までに専用ポスト→から、次の要領で、メールを送って下さい。
①件名には、「『Christmas@KEI JO EN』参加希望」とお書き下さい。
②本文には、HN(または本名)・御住所(都道府県名)・携帯のメールアドレス・携帯のナンバーをお書き下さい。
また、HPやブログをお持ちの方はそのURLも書き添えて下さい。 




このクリスマス会のコンセプトです。長いですが、どうぞお読み下さい。
[PR]
by lee_milky | 2007-11-22 04:07 | Merry Christmas | Comments(10)

アリーナツアー in FUKUOKA オフ会報告

☆あるブログで、この日、外に立っていらしゃった方は、暗くてビョンホンシのお顔がよく見えなかったことを知りました。
当日、中では、「外の方が長くビョンホンシが見られたかも知れないね。」と、話し合っていて、まさか、お顔がよく見えなかったなんて、夢想だにしませんでした。
私自身、お帰りの時に、車中のビョンホンシのお顔がよく見えなかった経験をしたのに、うかつでした。
このレビューをお読みになって、心中穏やかでなかった方も多かったと思います。
大変、申し訳ありませんでした。
たくさんの非コメを頂きましたが、その中に批判的なものはひとつだけでした。
その方へのお返事も、ビョンホンシのお顔がはっきり見えなかったことを知っていたら、もっと違ったものになっていたでしょう。
本当に御免なさい。
また、心温まるコメントを下さった方には、改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました。  11月25日 7:52



みなさま、こんばんは。
マリンメッセ福岡でのコンサートが、無事終わりました。
ドームの時、ファンでなくても楽しめるステージだったと思った私。
今回は、ファンでなくても楽しめるステージ、そして、ファンだったら、何倍も楽しめるステージだと思いました。

さて、コンサートのことは、あちこちで記事が上がるでしょうから、よそにお任せして、私は、取り急ぎ、オフ会報告をさせて頂こうと思います。
なぜなら、このオフ会に参加して下さった方々に、秘密を共有させてしまったから。
どうぞ、「なぜ教えてくれなかったの?」と、参加されたお友達を恨まないであげて下さい。
全ては、私のお願いしたことなのですから。

焼き肉「京城園」のレポを上げた時、あの時点では、絶対書けないことがありました。
オーナーが声をかけて下さった時、ビョンホンシが、11月16日と17日にこの店の2階を借り切っていることを知りました。
でも、1階も既に両日とも予約で一杯でした。
それを聞いて、ガッカリしている私に、オーナーが「多分駄目だとは思いますが、キャンセル待ち予約を入れませんか。ビョンホンさんは、店のオープンの御祝いを兼ねて、二日のうち一日は来てくれるはずですから。」と、言って下さいました。
但し、条件は6席全てを埋めること。
そのためには、延べ10人の参加者を募らなければなりません。
ちょっと逡巡しましたが、私は、キャンセル待ち予約をして店を出ました。

ビョンホンシと同じ店で焼き肉が食べられるかも?ということを公開することはできるはずもなく、「私と一緒に運試しをしませんか。」と、参加者を募りました。
はじめは、「参加者が集まるだろうか。」ということを心配していましたが、参加者が確定し、参加者に急なオフ会設定の理由をお知らせした途端、今度は、その心配が、「大変なことをしてしまった。もしキャンセルがなかったら、ビョンホンシが来なかったらどうする?」という不安にかわり、胃がキリキリ痛み始めました。

1週間後に、再び店を訪れたのは、適当な待機場所を探すためでした。
当日寒かったり、雨が降ったりしたら、大変だと思ったからです。
でも、店の近くには、適当な場所が見あたらず、益々不安が募りました。
そこで、参加者のお一人にお願いして、二人でお店に行き、具体策を練ることにしました。
どうせ行くなら、やはりオーナーのいらっしゃる時の方が良いので、「オーナーからお話を伺いたいので。」と、ご都合をお聞きすると、「先週末から、今週の初めにかけては、今回の来福のために、渡韓するので、今週の木曜日にして下さい。」とのこと。
木曜日と言えば、オフ会の前日。
そんな日に行って、意味があるのかと一瞬迷いましたが、やはり行くことにしました。

そして、一昨日、二人で行ってみると、オーナーは、私達をわざわざ待っていて下さいました。
ビョンホンシの様子などは、具体的には何もお聞きすることができませんでしたが、この時、ビョンホンシが、17日19時に来店することが決定したことを知りました。
そのことを物語るように、アプローチの部分にドアが増設され、2重扉になっていました。
当日は、この2つのドアの前にもガードマンが張り付くということでした。
私が、「当日は、この辺りは、ファンでごった返すでしょうね。」と言うと、オーナーは、「でも、ビョンホンさんが来るという話は、他の方にはしていないんですよ。」と、のんきです。
私は、「他の方にはしていない」という言葉にドキリとしながら、「でも、みなさん、例えビョンホンシが来店すると知らなくても、来られると思いますよ。」と言いました。

オーナーは、「今回、ビョンホンさんにラーメンやもつ鍋なんかも食べさせないといけないから面倒なんですよ。それに、17日は、私は、ビョンホンさんに貼り付けで、チケットまでビョンホンさんが準備してくれて、コンサートも見なければならないし大変なんです。」と、おっしゃっていました。
私は、これを聞いて、「きっと、良い座席ですから、みなさんに叱られますよ。」と、この時は、座席のことばかりに気をとられて、「ラーメンやもつ鍋なんかも食べさせないといけないから」の部分は、ほとんどスルーしていましたが、後から考えると、これが結構重要なキーワードなのでした。

16日は、ビョンホンシ自身がキャンセルをしたために、私は、2階に予約ができることになりましたが、ビョンホンシに会えないのに、来て頂くのも申し訳なく、16日の参加者の方に連絡すると、「ビョンホンシが翌日に来店するお店に行くのも、良いですよ。それに美味しい焼き肉も食べたいし。」とのこと、早速予約を確定しました。

ところが、昨日は、空港で待てど暮らせど、ビョンホンシが到着せず、オフ会参加者のみなさんから、「もう少し、空港にいたいけど、オフ会に遅れても良いですか。」という、連絡が入りました。
何と、参加者全員が、別々に空港でお出迎えのために、待機されていたのでした。
一時は、この日のオフ会は中止しようかとも考えましたが、思い直して、私も空港に向かいました。
それは、参加者のみなさんを少しでも早く「京城園」にお連れするための参加者の方のお出迎えでした。
だから、はじめは、私は空港に着いたら、車の中ででも寝ているつもりでしたが、まずは、未だお会いしたことの無い参加者の方にお会いしようと、到着ロビーに行き、行った途端、お出迎えの雰囲気に飲まれてしまいました。
そして、「今来て、今会えたら、美味しいなぁ。」と、初めてのお出迎えをやってみることにしました。
でも、1時間もたつと、もう待つのが嫌になり、「私は、ビョンホンファンではないかも知れない。」と、考えはじめました。
8時頃になり、「私は、今から、京城園に行きますが、一緒に行かれる方は、車にお乗り下さい。」と、言い、2人の参加者を残して、出発しました。
京城園に付くと、「全部お揃いですか。」と聞かれたので、「あと二人、空港で待って居ます。」と答えると、「あら、すぐ店に来るように言ってあげて。ビョンホンさんは、別口から出たのよ。」と、教えて下さいました。
そして、朗報よと言って、待ちきれないように、2階に上る階段のところで、こっそり「あなた方、明日は、入店できることになりましたよ。」と、教えて下さいました。
私は、ドキリとしながら、「この方達は、今日の参加者の方だから、明日は、参加されないのですよ。」と言いました。
16日の参加者のみなさんには、申し訳ない気持ちで一杯でした。

参加者全員が揃った頃、オーナーは、「これから、お客様を迎えにホテルに行かなければならないから、お先に失礼しますね。」と、わざわざご挨拶に来て下さいました。
私は、この時、「お客様って、ビョンホンシのことだろうなぁ。」とぼんやり思いました。
私達は、美味しい焼き肉に舌鼓をうちながら、なぜ、あんなにも極秘で行動しなければならなかったかを話し合いましたが、この時は、よく分かりませんでした。
でも、今日、コンサートの、コンビニ、ラーメン、もつ鍋のビデオで、色んな点が繋がって線になり、謎が解けました。
①ラーメンやもつ鍋なんかも食べさせないといけないから
②これから、お客様を迎えにホテルに行かなければならないから、お先に失礼しますね。
③ビョンホンシが極秘で空港をあとにしたこと。
これって、京城園のオーナーが、あの、コンビニ、ラーメン、もつ鍋のビデオの撮影の道案内をしたということですよね。
そして、大阪の時と違い、到着したその日に撮影しなければならなかったから、ファンに後を追われたくなかったのでしょうね。
でも、これは、私が気付いたことでなく、ある参加者の方が教えて下さったことです。
ここ数日、私は、ボケ度が増していて、考える力がほとんど残っていないようです。

この夜、2時頃帰宅した私は、17日の参加者の方に、だいたい次のような内容のメールを送りました。
「明日は、入店できることが決定しました。勿論ビョンホンシも19時頃入店します。
でも、このことは決して口外しないで下さい。
情報が出回って、19時頃、ファンの方々が店の周りに殺到すれば、ビョンホンシ自身が入店できないという不測の事態も予想され、お店にご迷惑がかかりますから。」

17日17時30分、私達6人は、16日、17日両日の参加者の手紙やプレゼント、花束、それに先日一旦オーナーに預けておいた、ここでみなさんからお預かりしたメッセージ、HEROの記事の入った大きな袋を下げ、入店しました。

私達の席は、入り口の様子が見えない座敷でした。
18時半ぐらいだったでしょうか。
オーナーが、「ただ今、帰りました。アリーナの座席は、やっぱり最前列でしたよ。」と、言いに来て下さいました。
後で思うと、これが、オーナーの「ビョンホンシ来ましたよ。」の合図なのでした。
なぜなら、オーナー御自身が、ビョンホンシを案内する手はずになっているのを私達は事前に聞いていたのだから。
その合図に気付かず、のんびり座席に座っていると、オーナーが再び来て下さって、「食べている場合じゃないですよ。入り口の見えるところに来て。」と言って下さいました。
どうやら、車は到着していたけど、ビョンホンシが降りられなかったようです。

いよいよ、ビョンホンシが入店する頃には、私達座敷組だけではなく、テーブルの方も総立ちのようになりました。
それで、最前列にいた私達は、後ろの方もビョンホンシが見えるようにしゃがんで待っていました。
はじめに、シンさんが入ってこられて、店内の異様な様子に、怒って、一旦、外に、出て行かれました。
どうなることかと心配しましたが、間もなく、ビョンホンシが入ってきたようでした。
ようでしたというのは、ドアの前に立っておられた安元さんの大きな背中で、ビョンホンシの顔が全く見えなかったのです。
でも、階段を上っていく時、ビョンホンシが見せたはにかんだような嬉しそうな笑顔は、はっきりと見えました。

お帰りの時は、何の前触れもなく出て行かれたので、外が騒がしくなったのに気付いて、座敷を飛び出た時には、既にビョンホンシは、店の外に出ていました。
ビョンホンシの乗り込んだワゴンの助手席側は、人だかりができていて、入れなかったから、私は、運転席側に回りました。
でも、窓ガラスは真っ黒で、中が全く見えません。
すると、運転席側の後部座席の窓が中から開けてくれました。
それから、車が動き出すまでのほんの数秒、私と、もう一人そこにいた若い女性だけが、中を覗くことができました。
窓が開いても、ライトの明かりのある外より、車内の方が暗くて、お顔ははっきりとは見えませんでした。
車が立ち去ったあと、私とそのお嬢さんは、「今、窓を向こうから開けてくれましたよね。」と、二人で話しました。
窓が開いた感動で、私はフラフラになって自席に戻りました。
でも、この話をすると、ビョンホンシは、運転席でなく助手席側に居たそうで、私が、ビョンホンシがあけてくれたと思ったのは、どうやら勘違いのようでした。

そんなわけで、私がビョンホンシに逢ったのは、入店した時のほんの数秒だけです。
プレゼントを手渡すことも、声をかけることも、勿論握手をすることも叶いませんでしたが、私は大満足です。

この運試しオフ会に参加して下さった方々には、秘密を共有させてしまったことに、申し訳なく思うとともに、本当に感謝しています。
胃が痛くなるほど、責任を感じたから、短期間に何度も足を運び、入店にこぎ着けることができました。
自分一人だったら、私は、とうに諦めていたでしょう。

最後になりましたが、ここに集って下さるみなさま、今まで秘密にしていてごめんなさい。
どうか許して下さいね。
[PR]
by lee_milky | 2007-11-18 03:55 | ファンミーティング | Comments(53)

つれづれ

昨日、発作的に髪を切ったら、短くなりすぎて、モンチッチみたいになっちゃった^^;
あ~~ん。こんな髪で行くのか?

昨夜は夫の誕生日だったので、ケーキを買ってきたけど、私は、あんまり食べなかった。
「ビョンホンシに逢わなければならないから、ダイエット中。」と言ったら、夫が突如怒りだした。
冗談なのに。

金曜日は、振り替え休日なので、ビョンホンシのお迎えに行こうかどうしようか迷っていたら、仕事が入って、休めなくなった。
チャンチャン。
[PR]
by lee_milky | 2007-11-14 22:48 | Comments(23)

豆腐料理

今日は、昨日の代休でした。
だから、午前中に、洗濯と掃除をやっつけ、午後から実家の母を足の治療のために福岡市内まで連れて行きました。

それで、母と一緒に遅い昼食を頂きました。
利用したお店は、実家から福岡市内までの道中にある「八木山地蔵豆腐」の篠栗店。
篠栗は、博多駅から車で20分ほどの所にあります。

豆腐がマイルドで美味しいので、八木山本店では良く買い物をするのですが、ランチを頂いたのは、今日が初めてでした。
豆腐料理と言えば、福岡では「梅の花」が有名ですが、「地蔵豆腐のお料理の方が、素朴な味わいで美味しいね。」と、母と意見が一致しました。
ただ、「梅の花」は店の作りが立派で大きいので、慶弔のお膳に最適ですが、こちらの地蔵豆腐の方は、豆腐を売っているお店の一角に10程の4人がけのテーブルとカウンター席が4つあるのみで、会食には向かないかも知れません。
メニューも地蔵膳とうどんのみで時間帯も11:30~14:30までのランチタイムのみ。

でも、お値段がリーズナブルで、今の時期は、湯葉膳になっているので、湯葉好きの娘を連れて、また行きたいと思いました。
f0027009_20174082.jpg
↑このお膳に
f0027009_20183275.jpg
↑これらの豆乳・厚揚げの煮物・冷や奴3種・煮豆の食べ放題がついて1250円。
黒豆コーヒーも飲み放題でした。
f0027009_20222098.jpg

[PR]
by lee_milky | 2007-11-12 20:29 | 博多グルメ | Comments(4)

キッズゲルニカプロジェクト

明日は、勤務校の文化祭です。
音楽祭が中心の文化祭ですが、私的中心は、美術科の全校制作と総合的な学習の発表。
そこで、今日は、全校制作の方の話を聞いて下さいねm(_ _)m

今年の全校制作は。。。
このような、コンセプトで取り組んできた全校制作をいよいよ展示発表する時が来ました。
本当は、「キッズゲルニカプロジェクト」に応募するには、制作のプロセスの記録をしておかなければならなかったのに、制作をはじめた頃から、家の者が次々倒れたので、うっかり記録するのを忘れていました。
この写真は、個人の制作が終わり、実行委員がベニヤ板に貼り付けているところ。
f0027009_20564219.jpg

そして、今日、体育館のアリーナのフロアーに並べました。
これは、そのアリーナに並べた全校生徒の絵を2階の卓球場から見たところ。
日が暮れてから撮影したので、画像が暗いですが、下の絵が浮かび上がって見えるでしょうか?
f0027009_20593369.jpg
f0027009_2012860.jpg

1Fのアリーナに降りて、この絵を間近で見ると、生徒ひとり一人の絵が見えます。
合唱組曲「土の歌」を聴きながら、それぞれ、地球のこれからの在り方を考えました。
描画材は水彩絵の具が基本ですが、その上に、水ノリ・砂・木工用ボンド・クレヨン・色鉛筆・マニュキア・ボールペンなどを使っている生徒も居ます。
サクラのクレパスは指でのばすと油絵タッチになり、大活躍です。
f0027009_215511.jpg
f0027009_2161817.jpg
f0027009_217853.jpg
f0027009_2173578.jpg
f0027009_2181521.jpg
f0027009_219013.jpg
f0027009_2192096.jpg

何ヶ月もかかって制作したこの作品も、校内での展示は、明日の文化祭一日。
3.5M×7.8Mの大きな絵は、40分割になり、私の車の後部座席にすっぽり収まるようになっていて、明日のうちに、「音楽イメージ絵画展」に搬入します。
[PR]
by lee_milky | 2007-11-10 21:16 | 教科指導 | Comments(4)

九州ラーメン紀行

私の職場には、自称「ラーメン部会」があります。
部員は2名。
どちらも30代の男性体育教師。
夏休みの昼食は、ほぼ毎日ラーメン屋のハシゴ。。。という強者です。

さて、今夜は、このラーメン部会オススメのラーメン店をご紹介したいと思います。
博多ラーメンは、言わずと知れた「豚骨ラーメン」
白濁色のこってりラーメンです。
でも、熊本や鹿児島のラーメンと比べると、ちょっと薄味なのでしょうか?
お店には、紅ショウガや辛子高菜漬け、ゴマが置いてある所が多く、私は、これらを入れて自分なりの味付けにして食べています。

では、まずは、このサイトを開いてみて下さい。→
ラーメン部会の二人は、このサイトにあるラーメンのほとんどを食べたそうで、今回、この中から特にオススメの店を紹介して貰いました。

八ちゃんラーメン 太宰府店
ラーメン工房 龍
みんずラーメン 本店
安全食堂
ふくちゃんラーメン
冨ちゃんラーメン
元気一杯
ひろせ食堂

上記の中では、④⑤⑥⑦のラーメン屋さんが、比較的アリーナツアーの会場である「マリンメッセ福岡」に近いお店です。
来福の際には、是非博多豚骨ラーメンを召し上がって下さい。
安くてボリュームがあって、栄養満点。
アリーナツアーで、軽くなりすぎたお財布に優しいお料理ですよ^^
[PR]
by lee_milky | 2007-11-08 00:09 | 博多グルメ | Comments(14)

「京城園 KEI JO EN」再び

関連過去ログはこちら→
博多の名物を紹介しようと立ち上げた「博多グルメ」のカテゴリのはずでしたが、すっかり「京城園」レポート三昧になってしまいました。
あと、水炊き・もつ鍋・うどん・ラーメンなどを考えていたのですが、来週の文化祭を控え、仕事が忙しいのと、アリーナツアーを前に、気持ちが落ち着かないのと、さらにラーメンの紹介を頼んでおいた同僚も文化祭と駅伝部の県大会進出で、余裕が無くて、このまま、この企画はお蔵入りかもしれません^^;

中途半端なカテゴリ、いろいろあるなぁ。
何事も、スタートダッシュだけ良いmilkyです^^;

さて、「京城園」に行ってきました。
今回は、連休の初日だったからでしょうか?
お客さんが、たて込んで、オーナーとゆっくりお話しをすることもできず、写真をとるのも、他のお客様にご迷惑になりそうで、控えさせていただきました。
↓これは、お店についてすぐ、未だお客さんの入っていなかった2階を撮らせて頂いた物です。
照明がついていなかったために真っ暗で、感で撮ったので、写りは悪いです。
f0027009_6101219.jpg

f0027009_6125389.jpg
f0027009_6134071.jpg
2階は、一番下の写真のように中央に廊下があり、右側が細長く広いお座敷、左側が3部屋くらいの小さなお座敷がありました。
1階は、小さなお座敷が2つと、腰掛け式の座席が6つ。。。くらいあります。
ごめんなさい、酔ってもいなかったのに、記憶があいまいです。

さらに、中学時代の友達と久しぶりに二人で食事したので、昔話に花が咲き、メニューを記録してくる暇もありませんでした。
ただ、独身の彼女は、私より遙かに焼き肉屋さんに精通しているので、このお店の良さを、私よりたくさん、発見してくれました。
まず、お店に入って、すぐ彼女が言うには、「このお店、焼き肉屋の臭いがしない。」のです。
それはなぜなのか、二人であれこれ考えてみました。
お店が、未だ新しいから。
私達が一番乗りで、未だ、焼き肉を誰も焼いていないから。
何か特殊な仕掛けがあるから。。。

煙草を吸う彼女は、煙草の煙の行方を追って、焼き肉を焼くロースターの中に吸い込まれていると言っていました。
もしかして、テーブルの中に換気扇が?
だから、臭いが店内に立ちこめないの?
ちなみに、彼女の吸うセブンスターの臭いもほとんどしませんでした。

私達が入って間もなく、店内は、満席になり、更に私達が食べている間に、数組の入れ替えもありました。
彼女が言うには、彼女は福の神で、彼女が行くと必ずお店は繁盛するそうです。
ほんまかいな?

客層は、若いドレスアップした女性客の2~3人組、20代後半から30代前半くらいのカップル、それにご近所風の家族連れでした。
この辺りは、福岡の中心街からは少し離れていますが、福岡の中心街「天神」が終点になる急行電車の駅「西鉄平尾駅」から徒歩5分のところにあって、とても便利な場所です。
街中なので、このお店のある通りからひとつ置いた通りは、車の数も多く、閑静な。。。とは言えませんが、マンションやアパートの建ち並ぶ住宅街で、そこそこリッチな方がお住まいなのでしょう。
このお店は、そんな、プチセレブなご近所さんをターゲットに建てられたのでしょう。
だから、焼き肉屋さんにしては、とてもおしゃれな作りになっているし、臭いもしない工夫が施されているのでしょうか。
そして、そんなしゃれた作りが人気を呼び、若い女性やカップルのお客さんも多いのかも知れません。
って、これ、全部、友達が言ったことです^^;
彼女がブロガーになればいいですね。

さて、昨夜注文したのは、塩ネギタン、壷カルビ、ミノ、ゼンマイのナムル、韓国風サラダ、チーズ入りチヂミ、クッパを各一人前、ロースを3~4人前。
実は、彼女は味にうるさい。。。というより好き嫌いが多いので、ちょっと心配していましたが、どれも美味しいと言って、バクバク食べていました。
特に、野菜嫌いなはずなのに、韓国風サラダはほとんど彼女が食べてましたし、チーズ入りチヂミは、「ありえんくらい旨い!!」と、叫んでました^^
丁度、その頃、オーナーがご挨拶に来られて、「ここは、肉体労働をする方が少ないので、タレは、少し薄めにしていますが、言って頂ければ、濃い物もお持ちしますよ。」と、おっしゃっていました。
彼女はデスクワークだし、私は肉体労働(???)者だけど、休日にしか行っていないからか、お味は、ピッタリです。
確かに、はじめは他店より薄めに感じますが、食べていると、ほとんど気にならないというか。。。この方があっさりたくさん食べられます。

オーナーが、タレのことを説明していらっしゃる間に、他の座席の男性客から呼ばれて、すぐにそちらに行ってしまわれました。
オーナーが美人だから、オーナー目当てのお客様も多いのでしょうね。
友達から、「オーナーって、あの人?美人やねー。ビョンホン、あのオーナーとできとるね。」と言ってからかわれました^^;

もう少し、お客様が少なくなってから、お話ししようと思っていたのですが、友達が「帰る。」と言ったので、お店を出ました。
ここで強気発言している割には、実生活ではなんでも人にあわせてしまうmilkyです^^;

帰り道、友達が「良い物あげる。」と言って、携帯用のモンダミンをくれました。
これは、お店のトイレにあったそうです。
やっぱり、女性目線のお店だけあって、気が利いてますよね。
好奇心の強い彼女は、トイレに置いてあった小物類の蓋を全部開けたそうで、その時、これを見つけ、「あんたは、絶対持ってこんと思ったから。」と私の分も持ち帰ったのだそうです^^;
これ、本当はその場でクチュクチュやるための物ですよね。
でも、彼女が言うには、2度目にトイレに行った時は、既に1コもなかったそうで、誰かいっぱい持ち帰ったんだわね~。
オーナーさん、私達ではないですよ。

彼女の家までは、車で40分とかかりませんでした。
彼女が、ひと言。
「意外に近いね。
しょっちゅう行きなさい。
オーナーさんと親しくなっていたら、あんたも、いつかはビョンホンに会えるかもしれんよ。」
「そんなに頻繁には行けんよ。」と私。
「しょっちゅうじゃなくてもいいやん?一月に一回程度で。」
。。。私にとっては、一月に一回は、これ以上ないくらい頻繁ですから^^;
こんな時、「独身女性」が羨ましいですよね。

でも、みなさまも、来福の際は私にご連絡下さい。
その時は、ご案内しますよ。。。てか、私もご一緒させて下さいませ。
焼き肉だけは、一人で食べるとわびしいですからね^^;


そうそう、この友達、初めて知ったのですが、「手フェチ」だそうで、「手の美しい人」は、薬指が長いのだそうです。
「ビョンホン長い?」と聞かれて、答えられませんでした。
みなさんは、ご存知ですか?
ちなみに、うちの夫の薬指を点検したら、中指と同じくらい長かったです。
[PR]
by lee_milky | 2007-11-04 07:59 | 博多グルメ | Comments(32)