<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

괜찮아요?(大丈夫?)

夕べは、久しぶりに夜更かしして、あちこちのサイトをウロウロしていました。
すっかり浦島さんになってたので、いろいろ驚くこともありました。

その中でも、最も驚いたのは、ビョンホンシが未だにダイエットをしているのを知ったことかな?
未だ野菜とゆで卵の白味しか食べていないんですね。

そんなに長くダイエットして大丈夫なのかなぁ?
アイリスでも痩せなきゃならないの?
ダイエットが癖になっちゃったってことはないですよね~。

ビョンホンシ、ケンチャナ?

ビョンホンシ~、チャンイの6つに割れた胸板も良いけど、ミンチョルの逞しい背中も良かったよ~。
[PR]
by lee_milky | 2009-04-29 23:54 | Comments(0)

만어사(万魚寺=マノサ)ツアー企画☆マノサ

マノサツアー企画、第3弾は、マノサについて調べてみました。
まずはKorea TempleなるHPを見つけて、만어사 で検索をかけてみると、こちらのページにたどり着きました。

사찰명(寺名=サチャルミョン):만어사 (萬魚寺=マノサ)
전화번호(電話番号=チョナボノ): 055-356-2010
소재지(所在地=ソヂェヂ):
경상남도 밀양시 삼랑진읍 용전리 (慶尚南道)密陽市 三浪津邑 勇戦里=キョンサンナムドミリャンシ サムランヂヌン ユンヂョンリ)
성보문화재(城堡文化財=ソンボムンファチェ):10 개(10個)

そこで、밀양시(密陽市=ミリャンシ)のHPを探してみると→
有り難いことに、日本語でも読める設定になっていて、マノサについても詳しく掲載されています。
トップページの中央よりやや右下あたりに「観光スポット」という所がありますので、クリックして下さい。
「文化・観光」のページのカテゴリの中に「萬魚寺」がありますので、そこをクリックすると。。。
このページの下の方に、「密陽市外バスターミナル→ 三浪津駅→三浪津邑牛谷里→万魚寺徒歩
※ 列車利用時 三浪津駅で降りて三浪津邑牛谷里までバスで移動して万魚寺まで徒歩(約10分)」とありました。
でも、マノサに行くにはかなりの距離を歩く必要があると聞いていたので、この情報はにわかには信じがたく、航空写真や地図で調べてみると、果たして、삼랑진읍 송지리( 三浪津邑 牛谷里=サムランジヌプ ウゴリ)のバス停は、삼랑진역(三浪津駅=サムランジンヨク)から南西に1㎞弱の所にあり、만어사(万魚寺=マノサ)は、そこから北方へ11㎞も行かなければならないことが分かりました。
しかも、マノサは標高674mあるので、とうていバス停から徒歩10分で着くはずがありません。
ですから、三浪津駅からタクシーを拾って、登れるところまで登って貰った方が良さそうです。
また、三浪津駅は、KTXは止まりませんが、急行ムグンファが止まるので、釜山から、これを利用して行くのが正解でしょう。

整理すると。。。
한국철도공사(韓國鐵道公社=ハングクチョルトゴンサ)の부산역(釜山驛=プサンニョク)から경부선(京釜線=キョンブソン)무궁화호(無窮花號=ムグンファホ)に乗って삼랑진역(三浪津驛=サムナンジンニョク)まで行き、そこからタクシーと徒歩で約11㎞のところに만어사(萬石寺=マノサ)があります。
そこからさらに1㎞ほど離れたところに만어사삼층석탑(萬石寺三層石塔=マノササンチュンソクタプ)があります。

参考資料 京釜線近郊地図

※ソウルや釜山では日本語や英語が通じるので、韓国語が話せなくても何とかなるのですが、ちょっと郊外まで足を延ばすと、途端にコミュニケーションが取れず、困るものです。
あらかじめ、ホテルなどで良く聞いて行かれることをお薦めします。
なにせ、この記事は企画段階であり、私が実地検証したわけではないので、参考程度にとどめて下さい。

관광안내서 주세요.(観光案内書をください。)
만어사삼층석탑에 가고 싶습니다만, 자동차로 갈 수 있는 곳까지 가 주십시오.(マノサ三層石塔に行きたいのですが、車で行けるところまで行って下さい。)
여기에서 걸어서 얼마나 걸립니까?( ここから歩いて何時間かかりますか。)
사진을찍어도 괜찮습니까?(写真を撮ってもいいですか。)
전화번호알려주세요.(電話番号を教えて下さい。)
택시를 불러주세요.(タクシーを呼んで下さい。)
삼랑진역 가 주세요.(三浪津駅まで行って下さい。)
[PR]
by lee_milky | 2009-04-29 01:24 | 韓国旅行 | Comments(2)

【韓流チョアヨ】

アイリス効果でしょうか?。
最近、サンケイニュースで、頻繁にビョンホンシのことが取り上げられています。
今日のニュースはこれ→
ファン的には???な部分もありますが、4ページにも渡る特集記事は嬉しいです。

初めて見た時には、衝撃的だったスドンポのモムチャンも、チャンイで見慣れた今となっては、ソヌを彷彿としないでもない。

ビョンホン作品が公開ラッシュの今年、日本の新しいファンが増えると良いですね。
[PR]
by lee_milky | 2009-04-26 22:48 | Comments(0)

「オフ会@京城園」へのお誘い

みなさまこんばんは。
この2週間、大変ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。
体調の方は今週半ばより痛みもなくなり、すっかり良くなっていたのですが、この年度当初の忙しい時期にダウンしてしまったつけで、仕事が山積みになっていたのと、私の後、嘔吐下痢症、流行性結膜炎とたった6人しかいない同学年職員が次から次にダウンし、その穴埋めで、何がなにやらわけが分からないほどのあわただしい日々を過ごしておりました。
今日、やっと週末を迎えて久しぶりにPCに向かっている次第です。

さて、先週の日曜日でしたか、昔おせわになったある方から、お電話がありました。
その方が、5月9日土曜日から、関東地方にお住まいのお友達と一緒に釜山に旅行されるのですが、そのお友達がビョンホンファンなので、釜山にあるビョンホン縁の場所を教えて欲しいということでした。
でも、私は、ロケ地などにはほとんど興味が無くて本当に知らないのです。
唯一行きたいマノサは未だ調査中だし、後は知ってるところと言えば、ヘウンデの撮影所とホテル、ポミルトンの甘い人生のロケ地くらい。
HEROのチョングッチャンのお店も知らないし。。。と、不親切にも、そんな愛想のないことを言っていたのですが、電話の途中で、俄然、責任を感じてきてしまったのです。
なぜなら、そのビョンホンファンのお友達が何故にわざわざ関東地方から福岡まで来て、釜山に行かれるかというと、私が、ここで「高速船が良い。良い。」と書いているからなのだそうで。。。
高速船を利用する最大の理由はお値段が安いからであって、何も関東地方から、わざわざ来られなくても。。。と、大変申し訳なく、何か一つでもその方のお役に立ちたくなったわけです。
そのお友達は、5月8日に来福され、是非京城園に行きたいということです。
そこで、私もその日に京城園にお付き合いすることにしました。
そして、どうせならと、あのお部屋を予約しました。
でも、あのお部屋は20人以上も入る大きなお部屋。



すみません。こんな私の身勝手な理由で。
こんな理由ですが。。。
5月8日 金曜日 PM.7:00より 
京城園にてオフ会を行います!!

たくさん参加して頂けると嬉しいです。
そして、もしご存知でしたら、釜山のビョンホン縁の地を教えてあげて下さい。

参加して下さる方は、こちらまで
[PR]
by lee_milky | 2009-04-25 01:24 | オフ会 | Comments(0)

1個50円の卵

こんばんは。
「ブログ止めたのかな。」と思われまいと、つい病気のことを書いてしまったために、ご心配をおかけして、申し訳ありません。
未だ、痛みは残っているものの、年度始めにそうそう休んでもいられず、木曜日からボチボチ仕事に出かけています。
それでも、同僚には、ただでさえ忙しいこの時期に、随分迷惑をかけてしまいました。
ビョン友ちゃんなんか、「いつもビョンホンの情報貰ってるから良いよ。」なんて言って、私の提出すべき書類を作成してくれました。
本当に有り難いことです。

今日は、午前中の授業をやっつけて、給食をすっぽかして学年通信をバタバタ仕上げて早退しました。
帰宅途中に学生時代にバイトしていたうどん屋さんがあるのだけど、そこに立ち寄って、遅い昼食を取り、家族の夕食にと鍋焼きうどんを持ち帰りしました。

これは、いつものことなのですが、私が鍋焼きうどんを注文すると、奥さんが必ず「卵は家にあるからいらんやろ?」と言われます。
一度、「家に無いから卵も入れて下さい。」と言ったら、「いくら忙しくても卵ぐらい家に帰る途中に買って帰りなさい。」と怒られたので、それ以降は卵があってもなくても「卵は要りません。」と言うことにしています。
そうすると、奥さんは必ず「卵抜きだから、1人前につき50円引いておくね。」と言ってくれます。
1個50円もする卵は使っていないと思うから、私にサービスするために卵抜きにしなさいと言ってくれるのでしょう。
若奥さんは、「出汁をたくさん入れましたから、全部うどんに入れないで、野菜の煮物なんかに使って下さい。」と言ってくれました。
私がここでバイトしていたのは、30年も前のことです。
若奥さんはそのころは未だお嫁に来ておられなかったので、一緒に働いたわけでもないのに、本当に有り難いことです。

実は、今日、職場を早退し、やっと車に乗り込んだところに母の入院している病院から電話が来て、明日の午後、退院して下さいと言われました。
予期せぬ早めの母の退院は嬉しくはあるのですが、明日は午前中は姑の百箇日の法要、午後は母の退院と私の予定がつまってしまいました。
未だ、身体が本調子ではないせいか、「なぜ私は休日にものんびり出来ない運命なのか。」と悲観的な気分になって、うどん屋さんに立ち寄ったのでした。

3時頃のうどん屋さんはいつになく空いていて、奥さんと久しぶりにゆっくり話し、いつものように親切にして貰って、精神的に元気になって帰宅しました。
[PR]
by lee_milky | 2009-04-17 22:20 | Comments(18)