<   2015年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2人が円満ならそれで良いよね^^

しかし、ロマンチック成功って^^;

でも、報道が全て真実なら、こんなに円満でいられる?
ビョンホンシ、そんなに悪くないんじゃ・・・?
と思うのは、親の欲目かしら^^;

親って・・・はは。
年齢的には、ミンジョンさんの親にはなれるけど^^
[PR]
by lee_milky | 2015-01-31 14:16 | Comments(0)

韓国の配給社、公開時期決定!!(追記)

「韓国でも7月公開、ロッテの配給が確定」・・・だそうです。
いろんな意味で、すっごく楽しみ^^

<追記>
配給社が変わった事情について、日本のサイトの方が詳しく報じています。
[PR]
by lee_milky | 2015-01-29 00:05 | +ターミネーター 新機動 | Comments(0)

おかしな記事

この記事、かなり変。

イ・ジヨンの母。
自分の娘にビョンホンから、メールが来ていることを知っていた。
それを娘が自慢していた。
これを、黙って見逃す母親が居るんですね。
あ、見逃したんでなく、「カモにしなさい。」と入れ知恵をしたのかな?と、言いたくなる。

あのメールの内容が本当なら、私だったら娘を叱るわ。
相手は妻帯者だから、娘の身を案じて叱る。
メールの内容を第三者に見せびらかすような幼稚で卑劣な行為を叱る。
第一、見せびらかしてる時点で、「ビョンホンから一方的に分かれを切り出されて、感情的になった。」という言い分は成立しない。
計画的なのは明白。
このメールが計画的な犯行でない証拠になると、本気で思ってるのでしょうか?

子育てを反省するどころか、母親自身がおかしいですね。
[PR]
by lee_milky | 2015-01-20 00:49 | Comments(0)

축하합니다.

ようやくビョンホン関連で記事をアップすることが出来ます。

イ・ミンジョンシにおめでたのニュースです。
ビョンホンシがようやくパパになります!!
めでたいですね^^


今回の事件で、当初、私はビョンホンシに愛想が尽きかけ、「君子危うきに近寄らず」と戒めの言葉を送りましたが、その後の、韓国国内の反応には心底驚きました。

規範意識が低すぎる!!犯罪者に寛大すぎる!!
流石、袖の下社会。
法に訴えるのではなく、某かのお金をつかませたら良かったのよね。って、ことになりませんか?

でも、たとえ世界中を敵に回しても、ミンジョンシが側に居て、可愛いベイビーに恵まれたら、頑張れるはず。
ビョンホンシはやっぱり運の良い人。
この局面でおめでたですもの^^
子は鎹よね^^

韓国ネチズンはミンジョンシが可愛そうだというのが本心なら、祝福してあげることが、ミンジョンシと生まれてくるベイビーのためになることを分かってほしいです。

それにしても、4月ですか。
良い子が生まれるよ。きっと。
milkyと同じだもん(((爆)))
どうせなら、日にちも同じ22日に生まれてほしい^^
そしたら、ビョンホンシが私の誕生日を毎年祝ってくれるから(呆);
[PR]
by lee_milky | 2015-01-19 21:26 | Comments(0)

天才キム・ギドクのを観ました。

キム・ギドク作品はこれが3作目。(だと思う)
メビウスを観て唖然とする私に、みなさんが、キム・ギドクは「初期作品が良いよ。」とか「当たりはずれがあるよ。」とおっしゃるので、一作で諦めずに、とりあえず他の作品を観てみることに。

う~~~ん。キム・ギドクの世界は私には高尚すぎるのか、これも私には分からず^^;

それでも、メビウスよりは良かった気が。。。
せりふが少ないのも、違和感なかったし。
雰囲気としては、嫌いな作品ではなかったので、この先どうなるのか、何が語られるのかと、ドキドキしながら最後まで観て、結局最後まで分からずじまいで終わった感じ。
[PR]
by lee_milky | 2015-01-13 22:21 | 映画 | Comments(0)

スパイな奴ら


HULUを12月にお試しで契約しました。
理由はスカパーよりも低価格なので、夫がこれで見て暮れたら、良いなあと思って。
でも、その夫がちっとも靡かないので、12月いっぱいで止めようと思ったら、止めるのにも期限があるらしく、結局、今月末まで継続することになりました。

もったいないので、ここ最近、私が観まくってます。
これまでは観たかった映画や監督名で検索して観てたのですが、今回は、適当に韓国映画と検索して選びました。
元々今配信中の韓国映画は10本もないので、選択肢が少ないのですが、その中から、★が最も多かったスパイな奴らを選んで観ました。

これ、コメディータッチのスパイアクションなのですが、南に潜伏しているスパイたちに感情移入してしまって、かわいそうでたまらなかったです。
しかし、実際のスパイは、こんなに人間味のある人たちではなく、南の家族はあくまで偽装のために選んで利用しているのでしょうね。

とはいえ、コメディーなので、どろどろしてなくて、面白く見ました。
キム・ミョンミンって名前だけはよく聞いてたけど、この人なのですね。
良い感じです^^
[PR]
by lee_milky | 2015-01-13 00:20 | 映画 | Comments(4)

サニー 永遠の仲間たち

サニー 永遠の仲間たちを観ました。

以前から観たかった映画。
と、いうより、「王になった男」を観た後、「シム・ウンギョンが良い!」と言う私に、みなさんが「『サニー 永遠の仲間』たちでも、すごく良かった。」と、異口同音におっしゃるし、「怪しい彼女」で観た彼女もすごく良かったので、観たくなった映画。

学生あるある的な映画万歳!!
私でも嵌ったから、アラフォーの方必見!!ですね。

見方が違うかもしれないけど、「死は永遠の別れではない!」と思わされた映画でした。
「怪しい彼女」「7番房の奇蹟」にリアリティーの風を吹き込んだら、この映画になるのかな。

この映画観て!観て!!と叫びたくなる映画でした^^
[PR]
by lee_milky | 2015-01-12 19:26 | 映画 | Comments(0)

ファン・ジニ

劇場版「ファン・ジニ」を観ました。

これは、実在の妓生ファン・ジニを描いた映画です。
李氏朝鮮王朝の時代、両班の娘として育ったチニが、実は、両班の主と下女の間に生まれた娘であることが明るみになります。
縁談が破談になり、養母から屋敷を追い出されたチニは、自ら生きる道が三つあるといいます。
ひとつは両班の娘として育った利を生かして、両班の妾になること。
二つめは・・・忘れました^^;
そして、三つめが実母と同じ妓生になること。

切ないお話しではありますが、チニの凛とした美しさと知性が光り、身分の高い長官をやりこめる様は清々しく感じさえします。
妓生にまで身を落としながらも誇り高く生きたファン・ジニの選択は正解だったのでしょうか。

映画は、サスペンスの要素もあり、詠歌、返歌のやりとりの緊張感や気高さが、映画そのものに好影響を与えていて、見応えがあります。
また、両班の屋敷や生活から妓生の葬儀まで、李氏朝鮮時代の差別社会、理と気の世界の対比を映像で観ることが出来ました。

例えば、昨年暮れに「春香伝」で初めて聞いたパンソリが庶民の映活の中でどう歌われていたのかが分かって、勉強になりました。
[PR]
by lee_milky | 2015-01-11 21:04 | 映画 | Comments(2)

絶対の愛

キム・ギドク監督の「絶対の愛」を観ました。

恋人を愛するあまり整形し、別人として現れる女と、その女の苦悩を知り、その苦悩を共有するためなのか自身も整形する男の話です。

美容整形大国韓国の映画とも思えないアンチ美容整形手術映画です。
多分。

今や手軽に出来るプチ整形なんかもありますし、顔を変えることによって人生を明るくすることも出来るわけですから、一概に整形手術が悪いとは言えませんが、実際、互いに顔が激変してしまっていたら、二度と出会えない可能性もありますよね。

後半はサスペンスの要素もあり、飽きずに観ましたが、なんだかワーワー騒ぎ立てるばかりで、心のひだみたいなものを感じることは出来ませんでした。
キム・ギドク作品って、あんなに怒鳴るシーンが多いのかな?
それに、カメラワークがドラマみたいなのも特徴かな?

年末に「メビウス」を観て酷評してたら、キム・ギドク監督作品は良いものもたくさんあると聞いたので、観てみた映画だったのですがチョイスが間違ってたみたい。
[PR]
by lee_milky | 2015-01-11 00:48 | 映画 | Comments(2)

福岡県内で公開中(予定)の韓国(関連)映画(1月10日更新)

2015年新春。
映画界では、日韓交流が益々盛んです。
特に一月は、公開作品が多くて、「全部観きれな~い!!」と嬉しい悲鳴まで上がりそうな勢いです。
そんな目白押しの作品群の中、「日韓映画文化交流研究会」では、一月の例会の観覧作品を「タチャ-神の手-」に決定しました!!
詳細は、TOHOシネマズ天神の1月25日のタイムスケジュールが公開され次第決定します。
福岡県内にお住いのみなさま、ふるってご参加ください。
   期日 1月25日(日)
   場所 TOHOシネマズ天神

タチャ-神の手-[2015年1月23日公開]
・ 出演者 T.O.P、シン・セギョンほか
・ 配給 エイベックス・ピクチャーズ株式会社
・ 映画館 TOHOシネマズ天神TOHOシネマズ福津シネプレックス小倉


その他の上映作品はこちら
[PR]
by lee_milky | 2015-01-10 23:34 | 日韓映画文化交流研究会 | Comments(0)