<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ビョンホンシ、米国映画芸術アカデミーの新しい会員候補に!

俳優イ・ビョンホン、米国・映画芸術科学アカデミー会員に

イ・ビョンホンからパク・チャヌク監督まで、米アカデミー新規会員に委嘱される

選考メンバーについては、2015年、2016年の同賞において俳優部門のノミネートが全員白人だったことから批判が殺到し、改革が求められていましたね。
そのため同アカデミーは、例年の倍以上に上る新規会員候補を選出。
うち、46%が女性、41%は有色人種だそうです。

ちなみに、韓国では記事の通りイ・ビョンホン氏のほかに、パク・チャヌク、イ・チャンドン、キム・ソヨン、チョン・ヨンドク監督が新会員のリストに含まれ、昨年のイム・グォンテク、ポン・ジュノ監督と、チェ・ミンシク氏、ソン・ガンホ氏、アニメーションキャラクター専門家のキム・サンジン氏などに加わりました。
また、日本からは、北野武、河瀬直美、黒沢清、原一男、仲代達矢、山村浩二、種田陽平の各氏が選抜されています。

今後、選抜された本人が応じれば会員として登録され、米アカデミー賞選考の投票権を持つことになりますが、ビョンホンシはいち早く選抜に応じる談話を発表しています。
イ・ビョンホン「米国アカデミー新人会員光栄…韓国映画を伝える」


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2016-06-30 23:40 | Comments(0)

実現するといいね。今度はSBSドラマ!

イ・ビョンホン - イ・ボヨン戻る、「進撃」に復帰秒読み

残念!否定する日本語記事が上がっていました。

「提案されて肯定検討中」

俳優イ・ビョンホン(左写真)とイ・ボヨン(右)が並んでテレビ劇場復帰秒読みに入った。

二人は、来年1月に放送されるSBSドラマ「進撃」(脚本パク・ギョンス)に出演提案を受けてSBS側との意見調整中だ。 SBS関係者は、「二人の俳優との意見を共有している」とし「まだ正式な契約を結んだわけではない二人の俳優の両方パク・ギョンス作家に対する信頼が強く、積極的に話を行っている」と慎重に語った。

「追跡者」や「パンチ」など、骨太の男らしい対決を描いてきたパク作家の次期作という点もイ・ビョンホンの興味を引いた。前作でソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、チョ・ジェヒョン、キム・レウォンなどが定義社会の実現を取り巻く対決を介して普及している警察の話を扱う「進撃」が、イ・ビョンホンのイメージ刷新に役立つだろうという見通しである。イ・ビョンホンの側近は「イ・ビョンホンが久しぶりにドラマ出演をめぐり、長い苦悶に陥った。」とし「映画を選択するときにもそうだったようにシナリオを十分に検討した後、最終的な決定を下すだろう。」と伝えた。

イ・ボヨンの復帰も、視聴者の関心事だ。 50%を超える視聴率を上げたKBS2TV「私の娘ソヨン」以後SBS「あなたの声が聞こえて」でSBS演技大賞を獲得した彼女は、2014年作SBS「神の贈り物」に出演した後、3年ぶりに出るドラマだからある。

二人の俳優の遭遇は、「演技大賞受賞者の出会い」だとしてより一層注目される。二人はそれぞれ「アイリス」と「あなたの声が聞こえて」でKBS、SBS演技大賞を受け演技力を認められた。また、作品を選ぶ「選球眼」が良く、興行面でも高い「打率」を記録しているので、二人が一緒に選択した場合、「進撃」は「信じて見たいドラマ」として認知度が大きく上昇すると予想される。

イ・ビョンホンとイ・ボヨンの最終的な出演決定の鍵は、パク作家が握っている。当初、今月中旬俳優たちに台本を提供することにしていたが、まだ完成には至っていない。来年1月放送が開始されるには、早ければ7月から撮影を始めてドラマを作る計画なので、二人の俳優を説得することが急務である。イ・ボヨン側は「出演提案を受け肯定的に検討している。」とし、「しかし、最終的に出演するかどうかは、台本を見た後決める」と明らかにした。


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2016-06-29 23:11 | Comments(0)

自主上映会のアンケートを集約して

今日は、久しぶりにのんびりした日曜日でした。
それで、自主上映会で書いていただいたアンケートをようやく集計しました。
そうしながら、改めて驚いたのは、みなさん山崎さんのトークを深く掘り下げて解釈していらっしゃったことです。
当日は、ゲストが山崎哲さんお一人で、私がお相手をしたので、アフタートークを客観的にとらえることができなくて、うまくいったのかどうか不安に感じていたのですが、アンケートに書いていただいたことを整理してみて、ようやく落ち着きました。

とはいえ、酷評もあり、上映会に向けて活動してくださる中心メンバーのほとんどがビョンホンファンでない現実もあり、今後、上映会を含む会の運営をどうしていくべきか、悩めるところではあります。

みなさま、非コメでも構いませんので、是非、ご意見お聞かせくださいね。


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2016-06-26 20:14 | 日韓映画文化交流研究会 | Comments(0)

今度はNew York Asian Film Festival

7月5日 pm.8:30~ Inside Men上映です。
ビョンホンシも登壇だそうです。




日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2016-06-18 20:09 | +インサイダーズ | Comments(0)

やることあるけど

こんばんは。
久しぶりの投稿です。
自主上映会終わって、早、2週間。
職場では、試験や教育相談があって、バタバタしていました。
そして、今週末は、部活と自分の習い事の発表会。
入院前後からずっと休んでたので、未だ歌詞さえ覚えていないので、練習しなくてはいけないのにうだうだ。
来週末は、部活に日韓映画の例会。
そして、その次の週末は部活さぼって、センパに。
我ながら忙しいにゃ〜。
[PR]
by lee_milky | 2016-06-17 20:01 | Comments(0)

立ち見が出ました

お陰様で、自主上映会は、立ち見が出るほどの盛況でした。
事前の準備から、チケット販売、当日の世話を引き受けて下さった地元の会員のみなさま、遠方より駆けつけてくださったみなさま、SNSなどでPRしてくださったみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by lee_milky | 2016-06-06 00:33 | Comments(0)

いよいよ明日

百想芸術大賞「最優秀演技賞」受賞おめでとうございます。

昨日の授賞式、知ってはいたのですが、上映会の準備に追われて見逃しました。
動画もたくさんアップされてるようなので、後日見ます。

夏物語上映の予習、完全には終わっていません。
今は、チョ・グンシク監督の初監督作品「品行ゼロ」を見ています。
正に品行ゼロ。
でも、仕事の延長戦みたい。

以前は、仕事でも上映会でも寝ずに頑張ってたけど、今は、健康第一。
予習は終わってないけど、出たとこ勝負だ。
間もなく寝ます^^


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2016-06-04 21:57 | 日韓映画文化交流研究会 | Comments(0)

朝日新聞と毎日新聞にも

本日、二紙に掲載されたそうです。
福岡近郊にお住いの方で、お気づきになった方は、ご連絡お願いします。
[PR]
by lee_milky | 2016-06-02 19:50 | Comments(0)

西日本新聞で掲載されました。

購読数が多いので、集客に期待。
f0027009_06163951.jpg


[PR]
by lee_milky | 2016-06-02 06:15 | Comments(0)