RGBとCMYの不思議な関係

なぜ、イ・ビョンホンは他の韓流スターとは一線を画す存在なのか

こちらはもっと古い記事です。
FBで教えていただきましたので、貼り付けておきます。
読み応えがありますよ^^


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-04-01 23:31 | Comments(0)

シングルライダー、インタビュー

今さらですが、良い記事なので、貼っておきます。




和訳
後悔です
全てを失った男の告白
私たちは、ここに誰も知らないうちに一人で来たかのように
そのように静かに過ぎていくしかないのでしょうか?
NAVER映画  DAUM映画


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-04-01 23:20 | +シングルライダー | Comments(0)

マスター、今秋、日本公開決定!!



やった~!!
「マスター」日本公開決定!!


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-04-01 22:59 | +マスター | Comments(0)

「お嬢さん」を観ました

「お嬢さん」を観ました。
ここ最近、韓国映画づいている私ですが、一連の作品の中で、本作が私にとってはナンバーワンでした。
でも、これは、人によって受け取り方の異なる作品でしょう。
ちなみに、本作を中洲大洋で観たのち、KBCシネマまで「太陽の下で」を観るため、徒歩移動したのですが、私の前を歩いておられた私年配の女性二人組は、酷評されてました。
気持ち悪いと。
しばらく映画は観たくないと。
同じ場面が何度も繰り返されて同じ映画を何度も見せられたみたいで退屈したと。

その会話を聞きながら、私が、本作を面白く観た最大の理由はそこにあるのかもしれまいと思いました。
本作と同じパク・チャヌク作品のJSAもそうでしたが、同じシーンが異なる視点で繰り返されるのに、私は弱いのかも!?
そう言えば、「誰秘」もそうでした。
これが私のツボなのか!!
結局、映画は展開が面白ければ面白いのでしょうね。
まあ、この感想は後付ですが、観ながら、パク・チャヌク監督天才!!と絶賛してました。

ただ、私の中の難点は、日本語のセリフ。
皆さんお上手だけど、やはり無理がありますよね。
この映画こそ、日本人は日本人俳優をキャスティングしてほしかったです。

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-03-26 15:39 | 映画 | Comments(0)

「アシュラ」を観ました


コクソンを観たのち、KBCシネマから中洲大洋劇場に移動して、本作を観ました。
これも、前知識なく観たのですが、クァク・ドウォンとファン・ジョンミンの二人もコクソンと同じ俳優が出ていたので、少し混乱しましたが、こちらは非常に分りやすいエンターテイメント作品でしたので、それなりに面白く観ました。

私が昨年10月に大邱旅行したとき、「密偵」を観ようと映画館に足を運ぶと、この映画が一日に何本も公開されていたので、よほどヒットしているのだと思っていましたが、実は、この布陣にしてはこけた映画なのだそうです。
敗因は、同じように政治腐敗を扱った「内部者たち」と比較し、実際におこっている事件とかけ離れていたからだという感想を読みました。

実は、そのこともあって、この映画を観たのちに、「内部者たち」のオリジナル版を観たのです。
感想のアップのタイミングは前後していますが。
この2作品を私なりに比較してみると、「アシュラ」の方は市長演ずるファン・ジョンミンがあまりに自ら手を汚しすぎるのが、現実味が薄れた原因なのかなと思いました。
それから、ラストで、これまで市長を追い詰めてきたはずの検察、クァク・ドウォンが、あまりに簡単に寝返ってしまったため、痛快感が無かったことも一因でしょうか。
まあ、こちらの方はそのタイトルからしても、もともと「内部者たち」とはコンセプトが異なるから、しかたないのですが。
また、「アシュラ」は緩急がなく、常にこれでもか!っと迫ってくるので、観る側は常に引きっぱなしの状態でした。

主演のチョン・ウソンは相変わらずのイケメンっぷりでしたし、「奴×3」の時はクールな顔しか見られませんでしたが、今回は怒った顔も随所に見られました。
しかし、そういう意味では「喜怒哀楽」の「哀」の部分も見えた方が映画として厚みが増したのかなというのが私の感想です。

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-03-26 14:54 | 映画 | Comments(0)