병헌 씨의 에너지 (ビョンホンシのエネルギー)

ビョンホンさんの役者としてのエネルギーについても共演の俳優さんがお話しされていたようですがこの周りを揺すぶるエネルギーに私も惹かれているような気がしてきました・・・

今日は、この昨日の南の風さんのコメントから、私が新たに思ったこと、すごく書きたくなったことを書こうと思います。

以前から、私は、ビョンホンシとの絡みのシーンになると、同じ女優さんがきれいに見えたり、同じ俳優さんが、すごく自然な演技をしたりということが多々あることに気づいていました。

それはなぜなんだろう?
と考えては見ましたが、答えは、これまで見つかりませんでした。
女優さんが綺麗に見えるのは、ビョンホンシが韓国人にしては色黒のせいか?とも思ってみたのですが、これでは演技が上手に見える理由にはなりませんものね。

それが、南の風さんのコメントを見て、目から、うろこが落ちました。
それは、ビョンホンシの
>周りを揺すぶるエネルギー
のせいだったんですね。

ここだけの話なんですが、実は、ビョンホンシの共演者の中には、ビョンホンシとの絡みになると、かえって演技力のなさがめだってしまう方もありました。

これは、ビョンホンシのエネルギーが、それぞれの持ち味を際立たせているからということにならないでしょうか?

私は、時々絵画作品の審査をするのですが、そんな時、すごく良い絵の周りにある作品のほとんどは実際より良く見えるのです。
また、油絵用の額縁が作品を引き立てることは皆さん、ご承知のとおりだと思いますが、実は、中に入る絵に勢いがないと、かえって絵を駄目にしてしまいます。

これは、予断の予断なのですが、数年前、父が他界し、墓を建てるために、霊園に行くと、ある一画が人気がなく、売れ残っているので、格安になっていました。
係りの方に聞くと、既に建っている墓があまりにも立派なので、後で買う人がその場所を敬遠し、売れ残っているのだそうです。
私は、その話を聞いたとき、母に「土地代で浮いた分、墓を立派にすれば、見劣りもしないし、よそに建てるより、かえって立派に見える。」と話しました。

私の父の墓は、今、その場所にあります。
しかも、その売れ残っていた一画は、その後すぐ完売しました。
これは、営業の人が私の言ったことを売り文句にしたからです。
宣伝料、もらわなくちゃ(爆)
[PR]
# by lee_milky | 2006-01-06 00:13 | Comments(16)

먼길(遠い路)に思う・・・小倉紀蔵著「韓国ドラマ、愛の方程式」より

「遠い路」を見、その感想をコメント欄で、みなさんとお話ししているうちに、昨年読んだ小倉紀蔵著「韓国ドラマ、愛の方程式」の一節を思い出しました。

この本は、私達?おばさま族がなぜ「韓ドラ・韓国俳優」を愛してやまないのかを切り口に、韓国独特の思想や政治についてわかりやすく書かれた本ですが、この本の第14章に「ペ・ヨンジュンとキムタク」というのがあります。
今、韓国は「プレモダン(前近代)」「モダン(近代)」、これに対して、日本は「ポストモダン(脱近代)」の時期にあるのだそうで、おばさま族は、現代の韓国と同じ「プレモダン(前近代)」「モダン(近代)」の時期に育ったわけです。
そして、この時代のアイドルといえば、「善玉」「二枚目」「純情可憐」「金持ち」の代名詞である「国弘富之」「三浦友和」です。
逆に、「悪玉」「三枚目」「性悪いけず」「貧乏」「の代名詞「松田優作」で、いわば、「国弘富之」「松田勇作」はセットだったわけです。
これに対して、「ポストモダン」の現代に活躍する「キムタク」は、ひとりで二つの役割を持っているのです。
こういう曖昧な存在に辟易していたおばさま族が絶対的なヒーロー「ペ・ヨンジュン」に飛びついたというわけです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<2001年・韓国作品> 天涯孤独な青年ウシク(イ・ビョンホン)と恋に破れたばかりのソンジュ(パク・チニ)が偶然、駅で出逢う。そしてふたりはある「取引」を交わす……。

恋人になりすます二人の不思議な旅が始まった。
美しい情景と音楽を背景に、素朴であたたかい家族愛を描いた感動作。
「冬のソナタ」にも登場した東海(トンへ)を舞台に、イ・ビョンホンの純朴な演技がキラキラと光っている

これは、NHKのホームページでの「遠い道」の解説から引用したものです。

このドラマと平行して撮っていた「美日々」での演技を誰が「純朴な演技」と評するでしょう。
私は、今回久しぶりに「遠い道」を見て、「美日々」のミンチョルと顔は全く同じなのに、その表情のあまりの違いに、はじめ不思議な感覚にとらわれ、次第に、「遠い道」の世界に引き込まれていきました。

私は、「善玉」でも「悪玉」でもあり、「二枚目」でも「三枚目」でもありながら、絶対的な異彩を放ってきたのがビョンホンシではなかったか、「キムタク」であり「ペ・ヨンジュン」であるのがビョンホンシなのではないかと思います。
つまり、韓国の「プレモダン」「モダン」の良さを残しながら、韓国の他の俳優さんより、一足早く「ポストモダン」への道を駆け上ってきたのがビョンホンシではないのかと。

私が、なぜ、ビョンホンシでなければならなかったのか。。。その答は、この辺りにもありそうです。
みなさんは、どうですか?

また、韓国ではアンチビョンホンも多いと聞きますが、これは時代を先駆ける人の宿命です。
心配しなくても、時代は、必ずビョンホンシの後からついて来るのではないでしょうか。
[PR]
# by lee_milky | 2006-01-05 00:09 | -遠い路 | Comments(14)

遅ればせながら・・・今年の병헌 씨

이병헌=새해 초는 가족과 함께 조용히 보내기로 마음먹고 있었습니다.
イ・ビョンホン=新年は家族と一緒に静かに迎えることを心に決めていました.

‘달콤한 인생’ 이후 활동이 뜸했는데요.
‘甘い人生’ 以後活動が遠のいたんですが.

병술년에는 스크린에서 제 모습을 볼 수 있을 것 같습니다.
丙犬年にはスクリーンで私の姿をお見せできるようです.

조만간 영화 출연을 결정지을 생각이거든요.
早いうちに映画出演を決めるつもりですよ.

올해 말에는 어쩌면 TV 드라마에도 출연할지 모르겠어요.
今年の末にはもしかしたら TV ドラマにも出演するかも知れません.

‘올인’에 버금가는 대작 드라마가 될 듯하니 기대해 주십시오.
‘オールイン’に劣らない大作ドラマになりそうだから期待してください.

※情報源は、honeyhunny.comのBOARDの1864です。
※翻訳機で翻訳後、わかりづらい部分を朝鮮語辞典をひいて一部修正しました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お仲間のサイトで、ドラマ出演の情報を2.3見つけ、情報源を探しましたが、ここまでしかたどることができませんでした。

映画は、まだ、出演作品は絞りきれていないようですね。
「甘い人生」のときのように、日韓同時公開になれば、私たちも年内に、スクリーンでビョンホンシで会えますね。
それにしても、韓国では、丙戌年なんて言い方を現在もしているのですね。
日本でも、たぶん旧暦を使っていたころはこんな言い方をしていたのですよね。

ドラマに出演はすごく嬉しいけれど、NHKさん、放送してくれるでしょうか?
ドラマは同時公開なんていうわけにはいきませんから、日本で放送されるとしたら、2年後くらいでしょうか?
そのころまで、韓流ブームとビョンホン人気続いているかな?
続いていないと、放送は期待できません。

時々、早く韓流ブームが終わって、生ビョンホンシに会いやすくなると良いのに。。。と思いますが、そうすれば、今のように情報は入りにくくなるわけで、いたし、かゆしですね。
それに、ブームが終わった後も、自分だけはビョンホンシのファンのままでいると思ってること自体、おかしいですよね(苦笑)
[PR]
# by lee_milky | 2006-01-04 01:40 | Comments(2)

遠い路

突然ですが、うちの主人は、いち早く韓流に嵌った人。
だから、「冬ソナ」「美日々」は、毎週、一緒に見ていました。
でも、「美日々」の途中から、私のボルテージが上がるたびに、逆に主人のボルテージが下がり始め、昨年の今頃は、アンチ韓流の体にさえなっていました(苦笑)

だから、この「遠い路」は私がどんなに誘っても見ようとしなかったんです。

ところが数日後、「昔は日本もあんな良いドラマをやってたけどなあ。小林桂樹なんか最高やったなあ。」と、ポロっと口を滑らせてしまったんです。
つまり、私に隠れてVTRを見ていたわけ。
素直じゃないなぁ。

ところで、「遠い路」は韓国のタイトルは、「먼길」というのですね。
辞書。辞書。
먼길<名詞>遠路・遠い道のりです。
最近、朝鮮語辞書で調べるのが趣味(←暗い?)になってるmilkyでした。
[PR]
# by lee_milky | 2006-01-03 12:27 | -遠い路 | Comments(22)

ミンチョル・イナ・スヒョン・ソヌ・・・あなたはどのビョンホンシがお好き?

ビョンホンシ、こんなに沢山の作品に出演しているのですね。
今年で15周年なんですものね。(15周年記念パーティーなんてあるのでしょうか?)
その間、第一線で活躍するって、並大抵の苦労じゃないでしょうね。

さて、これらの作品、皆さんは、どれくらいご覧になりました?
私は、下線を引いたものしか観ていません。
未だ未だ、修行(?)が足りませんね。

1991年ドラマ「アスファルト故郷」(デビュー作)
1992年ドラマ「太陽が昇る日」「別れのない朝」
1993年ドラマ「野菊」「明日は愛」
1994年ドラマ「ポリス」「恋の香り」
1995年ドラマ「アスファルトの男」「風の息子」
映画「誰が俺を狂わせるのか」「ランナウェイ」
1996年アニメーション「アルマゲトン」
劇映画「彼らだけの世界」「地上満歌」
1997年ドラマ「美しい彼女」
1998年ドラマ「白夜3.98」
1999年ドラマ 「ハッピートゥゲザー」 「ラブストーリー~ひまわり編」 セリが帰ってきた
映画「わが心のオルガン」
ミュージカル「コーラスライン」
アルバム「To Me」
2000年映画「JSA」
2001年映画「バンジージャンプする」「マリといた夏」(声の出演)
ドラマ「遠い路」 「美しき日々」
2002年映画「純愛中毒」
2003年ドラマ「オールイン 運命の愛」
2004年映画 「美しい夜、残酷な朝」 「誰にでも秘密がある」
2005年映画「甘い人生」
ミュージックビデオ●「To Heaven」●「不滅の愛」part1,part2


これらの作品の中で、最も好きな作品を挙げるとしたら・・・・「甘人」かな?
う~~ん、難しいです。
それぞれに、それぞれの良さがあります。

でも、最も好きなキャラは、スヒョン♡

なぜって?それはね・・・
だって、完璧な男なんて、どこ探しても居ないでしょ?
他のキャラは、絶対と言って良いほど居ますよ。身近に。
ただし、お顔は別ですが。。。
でも、スヒョンにはお目にかかったことがありません。

久しぶりに、「誰秘」のホームページに飛んでみたら、未だ健在でした。
ほら~~素敵だー。
れれ?こんなのあったっけ?            ↑ ↑ ↑
「誰にでも秘密がある」に学ぶ イ・ビョンホンの恋愛韓国語講座
1年前の今頃は気づかなかったなぁ。
未だ、韓国語にあまり関心がなかったからでしょうか?

そんなわけで、突如、韓国語講座「誰秘編」スタートです。
솔직히.
솔직하다(率直하다)<形容詞=하다用言>率直
+-<接尾>≪하다で終わる形容詞の語幹や状態性名詞について≫副詞を作る語:~と、~に、~く
→솔직히<副詞>率直に 

널 갖고 싶어.
널(2)=너(お前)+를(~を)の縮約形:お前を
※もっと詳しく知りたい人は、「韓国語覚書」のNO.1の②を参照してください。
=갖다の第Ⅰ語基
※語基って何?という人は、「韓国語覚書」のNO.3/4を参照してください。
갖다=가지다の縮約形
가지다(1)<動詞>1.持つ④自分のものにする、所有する、有する
고 싶어=고 싶어요の요が省略されている。
※用言(動詞・形容詞)の第Ⅰ語基+고 싶어요=~したいです
갖고 싶어(요):自分のものにしたいです。
※もっと詳しく知りたい人は、「韓国語覚書」のNO.2を参照してください。
きゃ~~~~~
スヒョンから、こんなこと言われてみたい。。。
スヒョンからでなくても、こんな台詞言われた経験の無いmilkyでした(恥)       
[PR]
# by lee_milky | 2006-01-02 00:38 | +誰にでも秘密がある | Comments(15)