正真正銘の俳優の道

俳優業を始めたときに、人々から愛されるスターでなく、正真正銘の俳優の道を進もうと、強い決心をしました。
当時は若かったので、正真正銘=格好いい、という雰囲気で、そのように決意しましたが、年齢や経験を重ねるにつれて、非常にすばらしい言葉で、決して忘れてはいけない、と実感しています。
興行に傾きそうになった自分を、もう一人の自分が、『初心を忘れてはいけない』と引き留める。
自分の中で常にそんなやり取りをしながら作品を選んでいます。
(ビョンホンシの話)
=巨額のマネーが動く「「ビジネス」の世界で、自らのこだわり、譲れない一線を守りながら、周囲との折り合いをつけることは易しくはない。
スクリーンの裏側で、ファンの期待を一身に受けながら「正真正銘の俳優」の意味を、常に自問自答している。=
朝日新聞 アスパラクラブ HPより

俳優ビョンホンシではなくて、屁理屈ビョンホンシに落ちたミルキーにとって、この言葉はツボでした。

ビョンホンシが、葛藤の末選んだ「夏物語」、楽しみですね。
正真正銘の俳優、ビョンホンシ、ファイティン!!

milkyの仕事
[PR]
# by lee_milky | 2006-03-29 22:19 | Comments(16)

夏物語

ビョンホンシが次回作を決定したそうです。
タイトルは、夏物語。
監督は、映画「品行ゼロ」のチョ・クンシック監督。
内容は、ある高名な教授の過去をたどりながら、彼の初恋を見つけだすというラブストーリーで、ビョンホンシは主人公ユン・ソクヨンの大学生時代から退職した教授まで演じる予定。
クランクインは、4月下旬だそうです。
ビョンホンシ、忙しいさなかにファンミをするんですね?
関連記事はこちら→

More
[PR]
# by lee_milky | 2006-03-28 21:54 | +夏物語 | Comments(10)

大掃除

悲しいことがあると、大掃除がしたくなるミルキーです。

今日は、(もう昨日ですね。)婦人会の総会の日でした。
今時婦人会なんて流行らないと思うし、もう何年も前から、高齢化に伴い、活動できる婦人が少ないので、解散しようという意見は多かったのです。
でも、私の住んでいる地域は、独居老人が多く、そのほとんどが女性です。
そのご婦人方を、年に1回でも外に連れ出し、何かおいしいものでも召し上がっていただけたら。。。と、ここ数年、数人のお仲間と頑張って存続させてきました。
他の方がお世話はするけど、人前で話をするのが苦手だからとおっしゃるので、ミルキーは会長でした。
でも、実際は昼間はほとんど居ないので、実働は他の方に負担がかかっていました。
だから、「もうあきらめましょう。解散しましょう。」と言われたら、ミルキーには、何も言う事が出来ませんでした。
そして、これまで、自分が引き受けておきながら、面倒に思ったり、やめたいと思ったりしたことを後悔しました。
もっと、楽しみながらやればよかったのに。。。

だから、今日は大掃除をしました。
ぽかぽか暖かかったので、冬の間さぼっていた外回りも綺麗にしました。
お陰で、庵も私の心もすっきりしました。

でも、夜には、今度は地域の総会がありました。
そこで、婦人会の解散の報告をしなければならず、また、ちょっぴり悲しくなりました。

だから、帰宅してからずっと、今度はブログの大掃除をしていました。
カテゴリは項目が多くなったので、プルダウンメニューにし、昨日作ったばかりのお友達ブログの入り口もはずして、トップに移動しました。
これで、少しは使い勝手が良くなったかな?
[PR]
# by lee_milky | 2006-03-27 00:53 | スキン変更 | Comments(4)

春なので。。。

ご覧のとおり、お友達ブログは、↑に移しました。18:52f0027009_2110329.gif
春なので、リンクを公開しようと思います(?)
と言っても、皆さんには、何のことだかさっぱり。。。ですよね。
実は、私、以前のブログから、ここに引っ越してくるとき、以前リンクさせていただいていたブログを全て非公開にしました。
夜逃げだったので、リンク先が全く同じだと、気づく人が居るかも?なんて、妙に怖がったりしてたんですね。
(そのくせ、ブログ内のあちこちに目印を残して、わかる人には絶対わかるようにしてるのですが。)

そんな訳で、今日は、リンクへの入り口をトンテンカンテン作りました。
これから、ブログ主さんに了解を取らないといけないので、未だ空なのですが、入口はメールポストの横に常設しましたので、時々覗いてくださいね。

[PR]
# by lee_milky | 2006-03-25 15:44 | スキン変更 | Comments(5)

「지상만가」(地上満歌)を見ました。

どうやら、私は、全くの誤解をしていたようで、チョンマンは、「レインマン」の真似をしてお客に当てさせているのだそうです。
そこを見誤ってしまったために、全く見当違いなレビューを書いてしまいました。
御免なさい。
3月25日22時29分 追記

こんばんは。
今日、職場で人事異動の内示がありました。
milkyは、希望がかない、移動しませんでした。
めでたし、めでたし。

でも、職場内人事は、思い通りにはいかない気配です。
なぜなら、私自身が、人事委員だから。
なぜか、いつも自分の気持ちとは裏腹に、バチをかぶってしまうんです(泣)
カッコつけてしまうmilkyです。
殺人の濡れ衣を着せられた音楽家のクァンス(シン・ヒョンジュン)は、取り調べの途中に逃亡。ハリウッドスターを夢見る俳優の卵チョンマン(イ・ビョンホン)は、クァンスの楽譜を拾ってその音楽に惚れ込み、彼を匿う。一方、逃亡中のクァンスを助けた音大生セヒ(チョン・ソンギョン)もまた、その面影が忘れられずにいた。
(Show Time HP より)

More
[PR]
# by lee_milky | 2006-03-23 23:17 | +地上満歌 | Comments(17)