RGBとCMYの不思議な関係

「お嬢さん」を観ました

「お嬢さん」を観ました。
ここ最近、韓国映画づいている私ですが、一連の作品の中で、本作が私にとってはナンバーワンでした。
でも、これは、人によって受け取り方の異なる作品でしょう。
ちなみに、本作を中洲大洋で観たのち、KBCシネマまで「太陽の下で」を観るため、徒歩移動したのですが、私の前を歩いておられた私年配の女性二人組は、酷評されてました。
気持ち悪いと。
しばらく映画は観たくないと。
同じ場面が何度も繰り返されて同じ映画を何度も見せられたみたいで退屈したと。

その会話を聞きながら、私が、本作を面白く観た最大の理由はそこにあるのかもしれまいと思いました。
本作と同じパク・チャヌク作品のJSAもそうでしたが、同じシーンが異なる視点で繰り返されるのに、私は弱いのかも!?
そう言えば、「誰秘」もそうでした。
これが私のツボなのか!!
結局、映画は展開が面白ければ面白いのでしょうね。
まあ、この感想は後付ですが、観ながら、パク・チャヌク監督天才!!と絶賛してました。

ただ、私の中の難点は、日本語のセリフ。
皆さんお上手だけど、やはり無理がありますよね。
この映画こそ、日本人は日本人俳優をキャスティングしてほしかったです。

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-03-26 15:39 | 映画 | Comments(0)

「アシュラ」を観ました


コクソンを観たのち、KBCシネマから中洲大洋劇場に移動して、本作を観ました。
これも、前知識なく観たのですが、クァク・ドウォンとファン・ジョンミンの二人もコクソンと同じ俳優が出ていたので、少し混乱しましたが、こちらは非常に分りやすいエンターテイメント作品でしたので、それなりに面白く観ました。

私が昨年10月に大邱旅行したとき、「密偵」を観ようと映画館に足を運ぶと、この映画が一日に何本も公開されていたので、よほどヒットしているのだと思っていましたが、実は、この布陣にしてはこけた映画なのだそうです。
敗因は、同じように政治腐敗を扱った「内部者たち」と比較し、実際におこっている事件とかけ離れていたからだという感想を読みました。

実は、そのこともあって、この映画を観たのちに、「内部者たち」のオリジナル版を観たのです。
感想のアップのタイミングは前後していますが。
この2作品を私なりに比較してみると、「アシュラ」の方は市長演ずるファン・ジョンミンがあまりに自ら手を汚しすぎるのが、現実味が薄れた原因なのかなと思いました。
それから、ラストで、これまで市長を追い詰めてきたはずの検察、クァク・ドウォンが、あまりに簡単に寝返ってしまったため、痛快感が無かったことも一因でしょうか。
まあ、こちらの方はそのタイトルからしても、もともと「内部者たち」とはコンセプトが異なるから、しかたないのですが。
また、「アシュラ」は緩急がなく、常にこれでもか!っと迫ってくるので、観る側は常に引きっぱなしの状態でした。

主演のチョン・ウソンは相変わらずのイケメンっぷりでしたし、「奴×3」の時はクールな顔しか見られませんでしたが、今回は怒った顔も随所に見られました。
しかし、そういう意味では「喜怒哀楽」の「哀」の部分も見えた方が映画として厚みが増したのかなというのが私の感想です。

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-03-26 14:54 | 映画 | Comments(0)

「哭声/コクソン」を観ました

正直、私にとって理解しがたい、わけのわからない映画でした。
公開記念のオールナイトトークショーが模様されたそうで、その記事が上がっていました。
これを読んでから観たら、また違った映画として観られたかもしれません。
いずれにしても、わけがわからんという私の感想は、間違っていないようで^^;
そのような映画がヒットすることが素晴らしいということなのでしょう。

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-03-26 14:13 | 映画 | Comments(0)

「太陽の下で -真実の北朝鮮-」を観ました

何の予備知識もないまま、ただ「真実の北朝鮮」というタイトルに惹かれ、これを見逃せば、TVやDVDなどでは見られないかもしれないとの思いから、多少無理をして観に行ってきました。

この映画は、ロシアの映画監督が撮影した北朝鮮の庶民の生活を捉えたドキュメンタリー映画です。
いや、そのはずで北朝鮮に入国したにもかかわらず、用意されていたのはエリート一家の作られた日常でした。
それに気づいた撮影陣は、ひそかにカメラを回し、撮影前後の映像撮影を敢行!、ヒロインのジミンの子どもらしい反応や涙を捉え、北朝鮮の真実を紡ぎました。

この映画を観始めてすぐに思い出したのは、KAL858便爆破事件の実効犯、キム・ヒョンヒシのことです。
美しく聡明な彼女は、幼少期より国家に徴用され、式典では常に目立つ任務を与えられます。
そして、成長すると、工作員として、家族からも隔離され、様々な教育と任務を与えられ、ついには日本人に成りすまして大韓航空機爆破を遂行するに至ります。

この映画のヒロイン、ジミンもまたかわいらしく聡明で、朝鮮少年団に入団を許されるという栄誉を与えられます。
彼女の両親はエリートの娘を持ったために、こぎれいなアパートを与えられ、職場では同僚たちから祝福されます。
しかし、このような一家は北朝鮮では極まれなケースであり、しかも、この一家の実態でさえ真実ではなく、あらかじめ準備されたシナリオに従って、セリフや笑うタイミングまでもが指定されています。
カメラは、台本を入念に読むジミンの両親や、ジミンのあくび、涙、暗い表情、更に何度も繰り返される取り直しのシーンをつぶさに捉えていて、胸が痛くなります。

中でも、ラストシーンは圧巻でした。
大役を終えたジミンに撮影スタッフが質問したところ、ジミンが泣き出してしまい、その様子に北朝鮮側スタッフは大慌てします。
彼女に泣かせないように、女性スタッフが、「楽しいことを思い出してみて。」と優しく言うのですが、ジミンはそれができません。
彼女の8年間のリアルな人生には楽しい思いではなかったのでしょうか。
女性スタッフもそう感じたのか、「例えば楽しい詩とか。。。」と付け加えます。
すると、ジミンは「詩」というキーワードから「主体思想」の序論(多分)を想起し、それをとうとうと諳んじます。

彼女にどんな人生が待ち受けているのかを思うと涙なくしてはみられない作品でした。

日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
# by lee_milky | 2017-03-26 13:14 | 映画 | Comments(0)

「うた」から見る日本と韓国

TNC文化サークルの4月からの講座に「うた」から見る日本と韓国という興味深いタイトルの講座がありました。
残念ながら、私は参加できませんが、upしておきます。


[PR]
# by lee_milky | 2017-03-20 22:16 | 童謡と童話 | Comments(0)