アイリス CS-TBSチャンネル版 第9話

今夜、家族で第9話を見ました。
この第9話、のっけから見る者を引きつけます。
一度ネットで見ていた私でさえ、そうなのだから、初めてTVで見る人は、どんなに面白く感じることでしょう。
その証拠に、今、夫と娘が第8話の録画を見ています。
地上波で第2話を見ながら、すっかり退屈していた娘が、今度は嵌っています^^
しかも、地上波第2話以降、CS第9話までほとんど見ていないのにです。
これ、凄く良い傾向ですよね。
これが、アクションものの強みでしょうか。
地上波を未だ見ていない人でも、ある時点で嵌って、それ以降見てくれるようになる可能性を感じて、俄然元気が出て来ました^^
アイリスは第4話以降から中盤にかけてが最も面白いのだもの。
まだまだ大丈夫!!
・・・って、これ第9話の感想になってませんね^^;

第9話は、北のチョルヨンに接見し合流したヒョンジュンのシーンとNSSに復帰したスンヒのシーンの対比が良いです。
ヒョンジュンは、チョルヨンに会い、嘘発見器にかけられ、なんとか北に合流し、プサンに潜入するも、四面楚歌の中で北の要員から邪険にされ、暴力まで受け、そんな中、ソナと二人NSSに追われながらも、今はサウ一人の住み家となったアパートでホンから受け取ったUSBの解読を試みる。。。もう、次から次へと、ハラハラドキドキの連続。
しかも、その幕間には、ソナとのこんなやりとりも。
北の要員との争いの後、声をかけるソナに、「一人になりたい。」と言い放つヒョンジュン。
私は、すっかりソナに同化してるから、この言葉に、絶望的な気分に。。。
と、思いきやソナの手を握り、「俺のことは心配するな。」
どうよ。
このシーン。
これ、ソナでなくてもmilkyでなくても、ヒョンジュンに嵌るよね。
美日々第9話を彷彿とさせるこのシーンにメロメロになったmilkyなのでありました。

それに、比較するとNSSの方は、何ともまったりしてますよね。
ヒョンジュンのことは口にするのも御法度と言いながら、ヒョンジュンの骨格の資料は残っているわ、ヒョンジュンのことを立ち話するわ。
突っ込みどころは満載なのだけれども、これらのシーンがあるから、アイリスは面白いと言えるのかもしれない。
その最たる例が、スンヒを囲んでの小旅行のシーンです。
冬ソナや明日は愛でも度々出てくる遊びや罰ゲーム。
日本では、milky年代より少し前の方々が若い頃に楽しんでおられたと思われるこれらの遊びが、韓国では、未だ健在なのでしょうか。
でも、その楽しいシーンに、スンヒの涙。
自分の心情にピッタリな歌に、またヒョンジュンを思い出し、こぼれそうになる涙をぬぐうシーン、好きです。
そう言えば、この小旅行のラストはスンヒとサウでした。
スンヒから「いつまでも友達でいてね。」と言われ、プレゼントしようとポケットに持っていたネックレスを渡せないサウ。
サウもソナも可愛そうですが、アイリスのの面白さは、このロマンスシーンが隠し味になってるのだから、仕方ないですね^^;

リンク集
こんな日は映画を観よう 劇作家の山崎哲さんのブログです^^

[PR]
by lee_milky | 2010-05-02 01:46 | -アイリス | Comments(2)
Commented by cinema_61 at 2010-05-03 21:49 x
こんばんはmilkyさん。
今回からは笑顔のないヒョンジュン、復讐に捉われた悲しい瞳のヒョンジュンですね。
上海→大連→釜山という航路で再び韓国に入り、祖国を敵に回し北と手を組むヒョンジュンの哀愁に満ちた表情にウットリです。(やはり彼には悲しい憂いのある表情が似合う)
そして、あのソンファの「手」をしっかり握り、唇を手で拭うシーンには降参です。(女心を鷲掴み)

仲間割れしそうな時のアクション!いいですね~無駄のない流れるような動き!隙のないスタイルがイイ~
Commented by lee_milky at 2010-05-03 23:01
☆cinema_61さん、こんばんは。
そうなんですよ~。
唇を手でぬぐう。。。
これも、美日々第9話を彷彿とさせるでしょ?
でも、一方でクラッとなりながら、一方では、あの時は涙だったけど、そんなに強くぬぐったら、痛いじゃん?って、思ってしまいました((爆))
アクションも、表情も、もう、満点!!!って感じです。
アクションはソナと一緒の時により映える気がしてるんですけども。。。。

そうです。
女心を鷲づかみ。。。される女性が増えると良いんですけども。
そのためには、まず見て貰わなければ・・・
<< 花見 個展へのお誘い^^ >>