はぁ。。。

先週末から、ずっと、気になってたこと。
この画像の左下のシルク版画(だと思う)。
何で、ここに、わざわざあるのぉ~。
この版画、どこかで見たことあるなぁ。
それも、つい最近。
何処でだっけ? いつだっけ?
ここ数日、職場でも自宅でも、暇さえあればデザイン関係の雑誌を中心に調べていたのですが、未だ見つかりません。

・・・ということでぇ。
昨夜は、ずっと、デザイン関係の雑誌をあさくってました。
・・・いや・・・ホントは、そのうちの半分は、雑誌を開いたまま、寝てました。

早朝、目が覚めてからも、雑誌はあきらめ、ネットで検索しはじめましたが、何せタイトルも作者も分からないので、ヒットするわけもありません。
このおじさんが、ずらーっと並んでるのを見た様な気がするので、一応アンディー・ウォーホールでも調べてみましたが、分かりません。

元々、「見たことがある。」というのも気のせいかも。
夢を見たのかも知れません。

最近、こんな事が多くて、もどかしいです。
1ヶ月程前でしょうか、コメント欄で、「韓国広報CFのBGMは、何という曲ですか?」というお問い合わせを頂いたので、音楽関係の知人に会うたびに、聞いているのですが、未だに分かりません。
つい、先日も、芸術教科の教諭の集まりがあったので、知人に聞いてみたら、「もう一回歌ってン。」と言われ、人前で歌ったのにもかかわらず、「ゴメン、やっぱ、分からん。」だって。
「何で、その曲探してるんですか?」という、当然と言えば、当然な質問には、本当のことを言えるはずもなく。。。
ブラバン関係者が、10人は居たと思うのですが、結局分からずじまいでした。
「聞いたことはある。」という人は居たのですがね。

どなたか、この作品達のこと、ご存じの方いらっしゃいません?

ところで、このシルク作品は、なぜここに?
これが無いと、甘くなりすぎるからかな?
それとも、これが、タイの方への入り口・・・ちがうなあ。
う・・・ん。わからん。

目的は、達することが出来ませんでしたが、色々調べたお陰で、それなりに収穫はありました。
それは、勿論ビョンホン関連ではありませんけどね^^;
[PR]
by lee_milky | 2006-06-07 06:06 | 写真集 | Comments(10)
Commented at 2006-06-07 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suny omma at 2006-06-07 10:38 x
milky様 お早うございます。

milky様がお探しのは、この写真の左下ワインボトルの後ろの版画(?)
のことですか? 絵は専門外ですが、見てるだけは結構してますが、
さすがにこれは分かりません。  
この撮影場所ですが、milkyさまは余りご覧でないようですので、
公式の情報から札幌芸術の森の施設のアトリエの一つだそうです。
登場したボンネットバスは小樽で観光用に使っている物を運転手さん
が運んだそうです。 綺麗に洗車して行ったら「一回りして汚して来て」
と言われたとか。 芸術の森のHPで色々見られますよ。

広報の曲の事、悩ませまして済みません。 最初は韓国の何か
公式な時の曲かしらと思いましたが、ほかでも使っていましたので。
「チャングム」のオープニングの曲も確か同じだと思いました。

色々とお調べになってご専門のお役にも立って下さったら嬉しいです。
Commented by naoco at 2006-06-07 11:01 x
こんにちは

「チェ・ゲバラ」ですか?(赤いのですよね)
よく見ますよね、なぜここに「チェ・ゲバラ」なのかも疑問です。
ゲバラは南米の革命家だったと思います
タイとも関係なさそうです

ポスター屋さんや雑貨屋でも見ましたし、
ゲバラの本が出た頃は本屋にもありました

なぜ ここに??やっぱり疑問です

Commented by lee_milky at 2006-06-07 20:07
☆at 2006-06-07 10:36 さん、はじめまして。
コメント、有り難うございました。
お陰様で、色々調べることが出来ました。

非公開さんやsuny ommaさんのコメントを拝見していると、やっぱり、全てのものに意味が込められているようですね。

私達が「何故?」って、考えるくらいですから、ビョンホンシも「何故、何故攻撃」したでしょうね。きっと。
Commented by lee_milky at 2006-06-07 20:10
☆suny omma さん、こんばんは。

>綺麗に洗車して行ったら「一回りして汚して来て」
と言われたとか。
このエピソード、かなり興味深いですね。
これって、カメラマンさんが、細かなディテールにかなり拘っていたことの表れですよね。
Commented by lee_milky at 2006-06-07 20:49
naocoさん、こんばんは

>「チェ・ゲバラ」、有名な革命かなのだそうですね。
さっき、主人に怒られました^^;
お陰様で、色々検索できました。
有り難うございました。
Commented at 2006-06-07 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirakira at 2006-06-08 00:20 x
チェ・ゲバラの顔(?)版画ですか? 昨年、若き日のチェ・ゲバラを扱った映画「モーターサイクルダイアリー」が上映されてから、頻繁にあの顔を見かけるようになりましたね。ず~っと昔から、チェ・ゲバラといえば「コレ!」みたいな作品(顔?)ですよね。今まで、だれが描いたんだろう?と考えたこともかった! でも、何でここにチェ・ゲバラ? それは、写真集を見ればわかるのかな?個々の感性にお任せかな? (個人的には、「モーターサイクル~」好きでした) ところで・・・「デイジー」を見てきました。 チョン・ジヒョンが今までとは違って、しっとりとした女性を演じていて拍手でしたが、kirakira的には「?」の映画でした。 「誰が俺を狂わせるか」もそうですが、わたしは映画に「+何か」を求めるようです。「誰が俺を~」も、ただのコメディーであれば、最後の場面はいらないと思うのです・・・ そういう意味では、「誰ひみ」も納得がいかない作品なのです。ビョンホンシがインタビューで、「ただのロマンティック・コメディーではなく、メッセジがあります」と言われていたのですが、悲しいかな、そのメッセジーを受け止められませんでした。
Commented by lee_milky at 2006-06-08 21:12
☆at 2006-06-07 21:56 さん、こんばんは。
そうなんです。
知らなかったんです。
>ベッドの上の
>ビョンホンシは黒いランニングと黒っぽいパンツですものね。
なるほど、そうですね~。
さすが、観察が鋭い!!

ゲバラだけでなく、そんな人のTシャツも売ってるんですか?
ちょっとブラック過ぎる様な・・・
Commented by lee_milky at 2006-06-08 21:23
☆kirakiraさん、こんばんは。
>昨年、若き日のチェ・ゲバラを扱った映画「モーターサイクルダイアリー」が上映されてから、頻繁にあの顔を見かけるようになりましたね。
そんな映画があったのですか?ちっとも知りませんでした。

「デイジー」ご覧になったんですね。
>チョン・ジヒョンが今までとは違って、しっとりとした女性を演じていて拍手でしたが、kirakira的には「?」の映画でした。
私も、最後はいらないと思いました。
無ければ、悲しすぎるのですが、あると、「出逢わなければそれで済むのか?」 って、疑問に思いました。
それはそれで、悲しいですよね。

kirakiraさんの、おっしゃる意味、少し分かる様な気がします。韓国映画には、日本映画にない常識みたいなものがありますよね。
例えば、必ず、無くても良さそうな笑えるシーンがあるとか。
それから、意外なエンディングとか。
韓国人はせっかちだから、ストーリーが終われば、即、席を立ち、特にエンドロールは、殆ど見ないそうなので、作り手のお遊び的な部分があるのかもしれません。
<< チェ・ゲバラ やっぱり微妙・・・ >>