人気ブログランキング |

新聞記者

観たかった映画をようやく観ることができました。
夕方から娘を誘って、家から車で1時間ほどの映画館に行って観ました。

とにかく想像以上の内容に驚きました。
日本映画でこういうストーリー、これまであったでしょうか。
聞いたようなニュースがちょいちょい挟んであるので、映画で描かれていることは全部リアルで、私たちは知らないだけと思わせる映画でした。

映画の中の想像を絶するメディア統制に背筋の寒くなる思いがしました。
それは、このストーリーを絵空事と笑ってしまえない現実が横たわっているから。

この映画もまた一度は観ておかなければならない映画ではないでしょうか。
最後に、シム・ウンギョンの泣きはやはり絶品でした。
そのシーンを観て、監督は「王になった男」の泣きのシーンを観て彼女を起用したのではないかと思いました。
日本語もかなり流暢でしたし、日韓のハーフで帰国子女という設定もあって、違和感なく観られました。
さすがに英語も上手でした。
「王になった男」の時、アメリカ留学中の彼女を監督の肝いりで一時帰国して撮影に参加したんでしたよね。


by lee_milky | 2019-08-14 00:32 | 映画 | Comments(1)
Commented by omachi at 2019-08-17 08:54 x
お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
<< かぐや姫の物語(ネタバレがあります) 未来のミライ >>