불가사의한 독후감(不思議な読後感)

村上春樹著「ねじまき鳥クロニクル」を読んだ。

「不思議な読後感」とは、ビョンホンシが「ピアニシモ」「冗談」「リヴァイアサン」を読んだ感想を語るときに選んだ表現だ。
私は、これらの本を読んだ時、これは、頭の良い言い回しだと思った。
具体的な感想を一切避け、全てを曖昧にしてしまうことができる上手い表現。。。そんなふうに思ったのは、私が、これらの本を読んだときに、「不思議な読後感」を味わわなかったからだということに、やっと気づいた。

つまり、私は、この「ねじまき鳥クロニクル」読んではじめて「不思議な読後感」を味わったのだ。

弁護士事務所を辞め、主夫になった夫と雑誌社で勤める妻の静かな生活。
ゆっくりとしたときの流れ。
ある日、飼い猫のワタヤノボルが姿を消した。
私は、読み始めから、この本に引き込まれていった。

話しが時折、あちこちに跳び、省略された部分も多いので、自分で想像したり、前後をつなぎ合わせたりしなければならなかったので、楽しかった分、その作業は、私を想像以上に疲れさせた。

井戸の壁を抜ける夫。
軟禁された妻。
日本の満州國統治時代の軍人。
クレタ島に行った不思議な女性。
少年が見た不思議な風景。

次は、どう展開するのだろう。
読むことを辞めることが惜しいほど、先を急いで読んだ。

しかし、本が終盤にさしかかると、今度は、読み終えるのが惜しくなる。
読み終えれば、今のような不思議な感覚をもう味わえなくなる。

シュールな絵はわからないと言う人が多い。
嫌いだという人も。
私は、そのような人には、とにかく、もっとたくさんの絵を見てと言う。
見ていれば、理解できるようになる。

でも、私も、シュールな絵は理解できても、シュールな小説や映画は理解できないでいたことに、今回気付いた。

この「ねじまき鳥クロニクル」が、のっけからシュールだったら、きっと早い段階でリタイアしていただろう。
でも、初めのうちは、この話がシュールだということにも気付かずにいた。
今思えば、タイトルからしてシュールなのに、それと気付かないなんて、それこそ不思議な話だ。
が、とにかく気付かないうちに話しに引き込まれ、気付いたときには、自然にシュールな小説が受け入れられるようになっていた。

今なら、「バンジージャンプ」が好きになれるかもしれない。
この連休中にDVDを観てみようと思う。
[PR]
by lee_milky | 2008-02-10 00:12 | Book Review | Comments(6)
Commented by 克ちゃん at 2008-02-10 20:58 x
다시 만나 사랑하겠습니다.

사랑하기 때문에 사랑하는 것이 아니라

사랑할 수 밖에 업기 때문에

당신을 사랑합니다 ・・・

MILKYさん、こんばんは~
各地で雪が降っていますね。福岡は今日はいい天気で何だか申し訳ないみたいでしたね。

「バンジージャンプする」が小さな劇場で上映された時、私も観に行きましたよ。満席だったのを覚えています^^

もしかしたら同じ日に行っていたのかもしれませんね(*^^)v

↑のハングルはオークションで買った「韓国オリジナル原書」バンジージャンプする という写真集の中にあった言葉です。

また劇場でみたいですね!
本の紹介ありがとうございます。




Commented by lee_milky at 2008-02-10 21:35
☆克ちゃんさん、こんばんは。
なんだか、重いというか粘着質な言葉ですね。
う~~。シュールは理解できても重い恋愛は理解できないかも?^^;

ビョンホンシ、この映画は「美術科の学生との恋」という設定だけで選んだのではないかと、ちょっと思ってます。
先日のマチュアスタイルでも、「学生の時に、こんな絵を描いたらどうかと課題を出したりしてた」と言ってましたよね。
ビョンホンシの初めての恋のお相手は、一つ年上の美大生。
その彼女のことが忘れられないの?なんて。
いずれにしても、デビュー前の恋だから、ある意味、本当に純粋にビョンホンシのことを思って寄り添ったのは、この方だけかもしれませんものね。

そう、映画は、劇場で観るのが一番ですね。
同じ日。。。そうですね。
これまで何度も、それとは知らず、お会いしてたかも知れませんね。
Commented by 克ちゃん at 2008-02-11 21:06 x
また、おじゃましました~
そうですね。「愛するしかないので あなたを愛します。」は粘着質な言葉ですね(笑)運命というんでしょうか!?

韓国の人は詩が好きですよね。ロマンチストなのかな。男の人も恋人に花を贈るし・・・ あれってドラマだけ?

バンジーも夏物語も監督さんは若い方でしたね。だからビョンホンさんもあれこれ意見が出せて楽しかったのかなぁ~なんて。。

「不思議な読後感」は頭の良い言い回し ☆ほんとに!
「冗談」も斜め読みでとばして読みましたが・・・
凡人なわたしはこう言います。

いっちょん わからん。。エヘヘ
わからん本でも映画でも(絵でも)みているうちに何か感じるようになるんでしょうね。




Commented by lee_milky at 2008-02-11 22:54
☆克ちゃんさん、こんばんは。

>運命というんでしょうか!?
そうか、運命ですね。
そう思うと、ぐっとロマンチックになる。

>男の人も恋人に花を贈るし・・・ あれってドラマだけ?
実際そうみたいですよ。
韓国のサッカー選手の奥さんになった安部美保子さんが、そう言ってました。
でも、韓国の花束って、日本の花束と随分違いますよね。
空間の美意識がないのかなあなんて、勝手に解釈してますが。

>いっちょん わからん。。エヘヘ
あはは。いっちょん。。。言いますよね。

>わからん本でも映画でも(絵でも)みているうちに何か感じるようになるんでしょうね。
そうですね。
一度目は分からなくても、将来分かることだってあるでしょうしね。

私、明日は、そちら地方に出張なんですよ。
帰りはお買い物しようかなんて思ってます^^


Commented at 2008-02-12 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lee_milky at 2008-02-12 22:25
☆at 2008-02-12 21:44 (n)さん、こんばんは。
わかりますよ。
ホントに色んなことありますよね。
私、公民館みたいなところに呼び出されて、土下座しろと言われたことがあるんですよ^^;
そこに、一応同僚も同席してたんだけど、その同僚も一緒になって、そう言うのよ。
その同僚、ホントに勘違い男で、全然仕事ができないのだけど、保護者から見たら、私は駄目な教師で、彼は良い教師なんだって、もう腰が抜けるかと思いました^^;

でも、それから一年後かな?さらにすごいことがあって、肩の力が抜けたんですよ。

もう、何があっても驚かない。
何かあって当たり前。
通じなくて当たり前。

通じた時は、心底驚いて、嬉しさ通り過ぎて、怖くなる時すらあります^^

スルーできなくて、ごめんなさいm(_ _)m

村上春樹、韓国で人気なんですか?
じゃあ、ビョンホンシも読んだかな?

次回のオフ会で、お会いできることを楽しみにしますね。
とにかく、卒業まであと少しです。
頑張りましょう。
<< 번지점프를하다(バンジージャン... ARENA TOUR 2007... >>