人気ブログランキング |

CINE21よりⅢ I Come with the Rain.について

非公開aさんより、色々指摘して頂いて、朱文字で訂正しています。

奴3よりも、I Come with the Rain.の方が先に決まっていたなんて、私は、初耳でした。
そんなに前から潜行していたんですね。

それにしても、最も難しかったのは、リリーとのラブシーン。。。そうだよね~。
ご主人の前では、いくら俳優といえどもやりにくいはず。。。
それに耐えてのこのシーン、早く動画を見てみた~い(*^_^*)

イ・ムンヨルシの <人間の子>。。。読んでみたいですが、日本語版は、無いようです。
これが、言語で読めるようになるまでには、まだまだ先が長いですね~。トホホ^^;


この部分は、非公開Mさんより教えて頂きました。
李文烈(イ・ムンヨル)著「ひとの子」は、日本でも出版されていました。
でも、今は、在庫切れみたいです^^;
文中も「人間の子」を「ひとの子」に訂正しました。


-트란 안 훙 감독의 <아이 컴 위드 더 레인>에 대해 이야기해보자.
-トラン・アン・ユン監督の< I Come with the Rain. >について話してみよう。

어떻게 출연하게 됐나.
どのような(いきさつで)出演するようになったか。


=< 놈놈놈>보다도 먼저 출연을 결정한 작품이다.
=<奴奴奴>よりも先に出演を決めた作品だ。

2006년쯤인가, 트란 안 훙 감독과 프로듀서인 페르난도 술리친이 한국을 찾아와 만난 적이 있다.
2006年頃だったか、トラン・アン・ユン監督とプロデューサーであるフェルナンド・シュルリチンが韓国を尋ねて来て、会ったことがある。

그 자리에서 트란 안 훙은 이문열씨의 <사람의 아들>을 좋아한다면서 그 작품을 모티브로 영화를 만들 건데 출연해달라는 거다.
その席で、トラン・アン・ユンはイ・ムンヨルシの <ひとの子>が好きだと言いながら、その作品をモチーフに映画を作るので出演してくれと言うのだ。

나 또한 대학 1학년 때 충격적으로 봤던 소설이라 호감이 있었다.
私も、大学1年生の時、衝撃的に読んだ小説だから好感があった。


얼마 뒤 시나리오가 왔는데 이야기가 난해하긴 하더라.
少し後、シナリオが来たが、話が難解だったよ。

아트영화를 만드는 분이라 어느 정도는 예상했지만, 너무 어려워서 처음에는 당황했다. (웃음)
アート映画を作る方だから、ある程度は予想していたが、 とても難しくて初めは慌てた。(笑い)


-그렇게 어려운데 출연 결정은 어떻게 내렸나.
-そんなに難しいのに、出演決定はどのように下したか。


=뭐 난해한 면이 있긴 해도 내가 맡을 수동포라는 캐릭터는 이해가 되더라.
= 難解な面があるけれど、私が引き受けるス・ドンポというキャラクターは理解ができていたよ。

그리고 트란 안 훙 감독의 세계에서 내가 뭔가 얻을 게 있지 않을까, 내가 뭔가 느끼는 게 있지 않을까라는 기대도 있었다.
また、トラン・アン・ユン監督の世界で私が何か得ることがないだろうか、私が何か感じることがあるんじゃないかという期待もあった。

악역에 대한 도전과 비슷한 차원이기도 하다.
悪役に対する挑戦と似ている次元でもある。

내가 조금이라도 젊다고 생각할 때 내가 모르는 나를 찾아보자는 것 말이다.
私が、(自分が)少しでも若いと考える時、私(自身)が分からない私を探してみようという話だ。


-트란 안 훙 감독은 당신을 왜 캐스팅했다고 했나.
-トラン・アン・ユン監督は、あなたをなぜキャスティングしたと言ったか。


=< 달콤한 인생>을 봤는데, 표정이 다 좋았다고 했다.
=< 甘い人生>を見たが、表情がどれも好きだったと言った。

그런 디테일한 표정들, 디테일한 감정들은 아시아 배우 중에서 보기 힘든 것이라고 말하더라.
そんな、細かな部分にまでこだわった表情や感情は、アジア俳優の中では、見つけにくいことだと言っていたよ。

그게 아니면… 이 영화에서 내가 맡은 역할은 홍콩 조직의 보스인데, 내가 <달콤한 인생>에서 조직의 2인자로 나왔기 때문인지도 모르겠다. (웃음)
そうではなければ… この映画で私の引き受けた役は香港組職のボスなのだが、私が <甘い人生>で組職のナンバー2で出演したからかも知れない。(笑い)


-<아이 컴 위드 더 레인>은 무슨 얘긴가.
-< I Come with the Rane. >はどんな話しなのか。


=설명하자면 복잡하고 제작진도 너무 상세하게 공개하지는 말아달라는 입장이라 간략하게 말하면, 우선 주인공이 조시 하트넷인데 그는 어떤 일로 경찰에서 쫓겨난 뒤 사립탐정을 하고 있다.
= 説明しようとするなら複雑だし、製作陣も詳細に公開するのはやめてくれという立場だから、簡略に話せば、まず主人公がジョシュ・ハートネットなのだが、彼はある理由から、警察から追い出された後、私立探偵をしている。

그가 어느 날 샌프란시코의 한 중국인으로부터 실종된 아들을 찾아달라는 부탁을 받고 결국 홍콩까지 가게 된다.
彼が、ある日、サンフランシスコのある中国人から、誘拐された息子を捜してくれという依頼を受けて、結局香港まで行くことになる。

그는 여문락이 맡은 역할인 홍콩 형사와 함께 다니는데, 이 형사에게는 꼭 붙잡고 싶은 범죄자가 있다.
彼は、余文楽(ショーン・ユー)が引き受けた役である香港刑事と行き来するだが、この刑事には必ずつかまえたい犯罪者がいる.

그게 수동포, 그러니까 나다.
それがス・ドンポ、だから出演する。

수동포는 홍콩 범죄조직의 보스로 인정사정없고 무자비한 사람이다.
ス・ドンポは香港犯罪組職のボスで、情け容赦なくて無慈悲な人間だ。

이 사람의 아킬레스건이 함께 사는 여자 릴리다.
この人のアキレス腱が、一緒に暮す女リリーだ。

수동포에게 릴리는 목숨과도 같은 존재다.
ス・ドンポにとって、リリーは命とも同じ存在だ。

그런데 릴리가 어느 날 사라지고 수동포는 그녀를 찾아 나선다.
ところが、リリーがある日消えてス・ドンポは彼女を探しに出かける。

그래서 만나게 되는 게 기무라 다쿠야가 연기하는 시타오다.
それで会うのが、木村拓哉が演ずるシタオだ。

그는 신비의 능력을 갖고 있는 인물이면서 조시 하트넷이 의뢰받은 실종된 아들이기도 하다.
彼は神秘の能力を持っている人物であり、ジョシュ・ハートネットが依頼された誘拐された息子でもある。

대략 이렇게 진행된다.
おおよそこのように進行される。


-<놈놈놈>과 동시에 찍었다고 했는데 촬영 분량은 많았나.
-<奴奴奴>と同時に撮ったと言ったが、撮影の分量は多かったか。

=15 회차 정도였는데, 문제는 여러 번 가야 했다는 것이다.
=15回程度撮ったが、問題は何度も行かなければならなかったということだ。

애초에는 2번만 가면 된다고 했는데 결과적으로는 5번인가 6번을 홍콩에 가야 했다.
最初は、2回だけ行けば良いと言っていたが、結果的には、5回か6回香港へ行かなければならなかった。

그래도 중국에서 홍콩이니까 서울에서 제주도 오가듯 가벼운 마음으로 왔다갔다 하면 될 줄 알았다.
それでも中国から香港だから、ソウルから済州島に行き来するように、気軽に行ったり来たりすればいいと思った。

그런데 한번 가면 13시간이나 걸렸다.
ところが、一度行けば、13時間もかかった。

<놈놈놈> 촬영지인 둔황에서 홍콩까지 가려면 다른 도시로 나왔다가 다시 상하이나 베이징으로 가서 홍콩 가는 비행기를 갈아타야 했다.
<奴奴奴> 撮影地であるドンファンから香港まで行こうとすれば、他の都市に出てから、また上海や北京に行って、香港行きの飛行機に乗り換えなければならなかった。

하도 비행기를 타니까 나중에는 내가 파일럿이 된 것 같더라. (웃음)
あまりにも飛行機に乗るから、しまいには私がパイロットになったようだったよ。(笑い)


-외국이기도 하고 예술영화 감독이 이끄는 곳이기도 해서 현장 분위기가 많이 달랐을 것 같다.
-外国でもあるし、芸術映画監督が率いていることもあって現場の雰囲気が非常に違ったようだ。


=많이 달랐다.
= 非常に違った。

인상적이었던 것은 한달 뒤의 촬영일자와 배우들마다의 집합시간까지 디테일하게 예고되는데다가 그것을 정확히 지킨다는 점이었다.
印象的だったことは、一ヶ月の後の撮影日時と、俳優ごとの集合時間まで詳細に予告される上に、それを正確に守るという点だった。

촬영 도중 비가 오면 그냥 찍기도 했다.
撮影途中、雨が降ればそのまま撮ったりもした。

물론 제작자에게 닦달당하는 것도 있었고, 워낙 바쁜 배우들을 모아놓았기 때문이기도 했을 것이다.
もちろん、製作者にせき立てられたこともあったし、あまりにも忙しい俳優たちを集めておいたからでもあっただろう。

가장 어려웠던 것은 릴리와의 러브신이었다.
一番難しかったことは、リリーとのラブシーンだった。

릴리는 <그린 파파야 향기>와 <씨클로>의 주연이자 트란 안 훙 감독의 부인인 트란 누 옌케가 연기했기 때문이다.
リリーは <青いパパイヤの香り>と <シクロ>の主演と共に、トラン・アン・ユン監督の夫人でトラン・ヌー・イェン・ケーが演技したからだ。

감독이 옆에서 지켜보면서 “좀더… 조그만 더…” 이러는데 참 난감하더라. (웃음)
監督が横で見守りながら “もうちょっと… やや小い、もっと…” こういうのに本当に困り果てていたよ。(笑い)


-조시 하트넷은 아무래도 주연이라 대우가 남달랐을 텐데, 한국의 톱 배우로서 꿀리는 느낌은 없었나.
-ジョシュ・ハートネットはどうしても主演だから待遇が格別だったでしょうが、韓国のトップ俳優として引けを感ずることはなかったか。


=그런 생각이 들 수도 있었겠지만, 결국엔 그럴 필요가 뭐 있나 하고 생각했다.
= そのように考えることもできたが、結局、そんな必要が何かあるかと考えた。

어쩌면 조시 하트넷이란 친구가 워낙 붙임성이 좋고 서글서글해서였을지도 모른다.
もしかしたら、(それは、)ジョシュ・ハートネットという人があまりにも愛想が良くて、度量が広くて優しかったからかも知れない。

첫 촬영을 위해 홍콩에 갔을 때도 조시 하트넷이 반갑게 인사를 하더라.
初撮影のために香港へ行った時も、ジョシュ・ハートネットが嬉しそうにあいさつをして来たんだ。

그래서 이 친구가 왜 이러지, 하는데 방금까지 트레일러 안에서 <달콤한 인생> DVD를 봤다는 거다.
それで、この人がどうしてこうするのだろうと考えていたのだが、たった今までトレーラーの中で <甘い人生>のDVDを見ていたというのだ。

나중에 친해져서는 <달콤한 인생>을 미국에서 리메이크하고 싶다는 이야기도 했다.
後に、親しくなってからは<甘い人生>を米国でリメークしたいという話も出た。

그랬으니 별로 꿀릴 것은 없었다.
そんなふうだったから、あまり引けめを感ずることはなかった。

처음 하는 영어 대사 연기 때문에 걱정도 했지만, 어차피 인간의 감정을 표현하는 것은 서로 똑같은 일인데, 하면서 마음을 잡았다.
初めての英語での演技だったので、心配もしたが、どうせ人間の感情を表現することはお互いにまったく同じなことなのだと思って、気持ちを入れ替えた。

CINE21 TOPはこちら

to be continued

by lee_milky | 2008-02-21 23:54 | +I come… | Comments(17)
Commented by みずき at 2008-02-22 09:55 x
milkyさん おはようございます。
ビョンホンシの映画、本当に関心をなくしてしまって、あちこちのビョンホンブログにこの話題があっても読んでいませんでした。
しかしmilkyさんのを読みましたよ。
「奴、奴~」のは前、動画を見て「うぉ~すごいじゃない。映像を見るだけでも楽しみ、さすがジウン監督」と思っていました。
「I Come with the Rane」はこれを読んで初めてどんな映画かわかりました。「甘い人生」がこんなにかかわっていたなんて嬉しい話でした。
今度のハリウッドの作品も良くわかりませんが、また理解できる日がやってくるのでしょう。milkyさんお願いしますね。
Commented at 2008-02-22 14:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ももりゅう at 2008-02-22 16:32 x
milkyさん、こんにちは~!

あはは、昨夜の私のコメントでⅢを翻訳完成させてしまわれたのですか?("▽"*) ♪

でも、本当にmilkyさんの訳されたものが、今まで読んだ中で一番
分かりやすいですよ!
今日のこのⅢもそうですよ^^

このCINE21のインタビューの中には、今まで知らなかったことも
いっぱい書かれていたのですが、私の中で一番印象深く残っているのが
「一番難しかったのはリリーとのラブシーンだ」というところです(///∇//)
だって~、あんな画像を見せられてビョンホンさん本人からこんな事
言われちゃったら、
もう期待感 ↑ で楽しみで楽しみで~~♥
でも、相手役の女優さんのご主人が横でジーッと見ていたら、
さすがのビョンホンさんだってきまづいですよね(笑)
あの上半身裸の血みどろ画像も怖いのだけど、ビョンホンさんの
素晴らしい肉体美にぽわ~ん♪ となっちゃいました。

早く観たい「I come with the rain」!
そして「奴×3」も!! 
はぁ~、ビョンホンさんが忙しいと、私たちファンまで忙しいですね。
でもこの忙しさは心地良い忙しさだけど♥

Commented by lee_milky at 2008-02-22 22:13
☆みずきさん、こんばんは。

あらら。悲しいことを。
でも、このトビで、みずきさんがI come with the rainに、興味を持って下さったのなら、良かったです。

G.I.Joeは、日本の忍者が韓国武士に設定が変わったほどですから、原作とは随分変わるのでしょうね。

何にしても楽しみです。
その時は、また読んで下さいませm(_ _)m
Commented by lee_milky at 2008-02-22 22:20
☆at 2008-02-22 14:34 さん、お知らせありがとうございました。

そうですか?本のタイトルは「ひとの子」なんですね。
直訳ですヤン?(笑い)
「人間の子」は、同作を元にした韓国映画のタイトルの和訳なんですよ。

お知らせを読ませて頂いて、すぐ、ネットで調べてみましたが、やはり、在庫無しでした。
それで、今まで、図書館の蔵書検索をしてました。
う~~ん、県内のいくつかの図書館にあったのですが、私が借りられるかどうかは、微妙です^^;

それにしても、ビョンホンファンは、みんな勉強熱心というか、考えることは皆同じというか。。。
本は読まなきゃならない、韓国語は勉強しなきゃならない。。。忙しいですよね~。

読書って、その時の気分によりますよね。
軽い物しか読みたくない時もありますもん。
Commented by lee_milky at 2008-02-22 22:27
☆ももりゅうさん、こんばんは~。

つい、のせられて、Ⅳまで一気かも?
ももりゅうさん、ほめ上手だわ♪

>だって~、あんな画像を見せられてビョンホンさん本人からこんな事言われちゃったら、
もう期待感 ↑ で楽しみで楽しみで~~♥
でしょ~。
もう、ビョンホンシったら、ご主人に気兼ねしながらも、いつものように、あんなことやこんなこともしちゃったのかしら~~~♥
も・・・妄想がぁ~♥

ほ~んと、ファンも忙しいですよねぇ。
奴3。。。どこか買ってくれぇぇぇ~~。

Commented at 2008-02-22 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-02-22 23:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lee_milky at 2008-02-22 23:24
☆非公開Mさん、何度もありがとうございます。
今、一応注文してみました。
買えると良いけど。。。

映画は、このサイトで見つけました。
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2005-12/kaisetsu.html
12番の映画が、そうだと思います。
Commented by lee_milky at 2008-02-22 23:26
☆非公開aさん、こんばんは。

この記事、益々、興味深くなりますよね。
I Come with the Rain.とG.I.JOEは、対極にある。。。というくだりも興味深かったです。

そういう意味でも、I Come with the Rain.は、芸術性の高い作品だと言えるかもしれませんね。
そして、G.I.JOEは、娯楽性?

指摘も色々ありがとうございました。
サンハ=上海でしたか?
地図で調べようと思いつつ、すっかり忘れてました^^;
本文中、訂正させて下さいね。
Commented by lee_milky at 2008-02-23 07:38
☆非公開Mさ~ん、ごめんなさいm(_ _)m>

>반갑게 인사를 하더라
반갑다 って懐かしいという意味もあるんですね。
・・・って、せっかく勉強になりましたと言って下さったのですが、その下の방금까지が、たった今までとすると、懐かしげより、嬉しそうにの方が良いですよね。

今、ここも訂正しました。
ホント、ごめんなさいね。
Commented at 2008-02-23 07:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lee_milky at 2008-02-23 07:59
☆at 2008-02-23 07:41(b)さん、おはようございます。

お互い、朝っぱらから、PC前ですね^^
家事は良いのか~~~~!!!
あっ、非公開さんは、お仕事ですか?
忙しいのに、遊びに来てくれて、ありがとう。

それにしても、この記事、密かに待って下さってたなんて。。。感涙
間違いも多いし、訳すのが遅いけど、お許し下さいませm(_ _)m

お仕事頑張ってね。行ってらっしゃい。
Commented by みなとみらい at 2008-02-23 18:21 x
milkyさん、こんばんは。

CINE21の記事がアップされていて今日ⅠからⅢまで読んできました。この雑誌は買わなかったのでネットの翻訳機を通してだけでしたのでいまいち意味がわからないところがありました。が
milkyさんのわかりやすい翻訳有難うございました。

>大きな筋肉をもっているのではなく、とても細かく裂けた筋肉で
鍛えられた人間
ますますチャンイをみるのが楽しみです。
浅野忠信さんが出演している「モンゴル」のように映画祭に出るようでなければ日本は買い付けないのでしょうか?

影に女あり、そんな存在になってみたいものですね。
Commented by lee_milky at 2008-02-23 21:51
☆みなとみらいさん、こんばんは。

>>大きな筋肉をもっているのではなく、とても細かく裂けた筋肉。。。って、良質の筋肉なんですよね。確か。
スポーツインストラクターの方からお聞きしたことがあります。

>浅野忠信さんが出演している「モンゴル」のように映画祭に出るようでなければ日本は買い付けないのでしょうか?
どうなんでしょうね。買って欲しいですけど。

でも、チャンイは「国を売った人間」で、どこに売ったかというと、大日本帝国なんだもの。買うわけ無い気が以前からしています^^;

だから、どこかが買ってくれたら、飛び上がって、喜びます^^
>影に女有り。この際、誰でも良いから、力のある女性が陰に回って、買わせてくれないかしら^^

Commented by mitamasa at 2008-02-23 22:25 x
milkyさん、こんばんは。

CINE21の翻訳、素晴らしい!
やっぱりmilkyさん根性ある!とても読みやすいです^^

本は「ひとの子」なんですね。
ここを読んで知りました。
今、検索したら、こちらの図書館には4冊中3冊が保存書庫、残り1冊を予約することができました。
楽しみです。
Commented by lee_milky at 2008-02-23 23:11
☆mitamasaさん、こんばんは。

は~い。
今も、根性で頑張ってますよ^^

「ひとの子」、借りられそうで、良かったですね。
私も、お陰様でGetできそうです^^ 楽しみ~。
<< CINE21よりⅣ G.I.J... CINE21よりⅡ HEROについて >>