2006年 08月 17日 ( 1 )

待ちに待った韓国語研修

f0027009_1952141.jpg
ミンチョルアパートから程なく聖公会大学にたどり着きました。
到着してから三日目にようやく韓国語研修を受けることができます。
受講生の仕事や家庭の都合で、当初の7日の予定が4日になり、毎日、午前中半日研修、午後観光という予定が、土日を挟んだために、月火のみの研修となったため、私たちにとっては、待ちに待った研修になりました。

先生が受付をされている間、中庭で、めいめいが自分の持ってきたテキストや辞書を出し、予習をはじめました。
事前に課題が出されているわけではないので、何をどう予習すればよいかはわからないのですが、とにかく、何かやっていないと落ち着かない気分だったのです。
日本語が全くおわかりにならない先生から、オール韓国語で習うというのが初めての経験だったし、この日は、3限(6時間)受講する予定なので、不安な気持ちで一杯でした。

簡単なオリエンテーションが終わり、私たちは入門コースと初級コースに別れて受講することになりました。
私たちの先生は、30歳くらいのかわいらしい女性の先生でした。
少しポッチャリした体型で、白いポロシャツにサーモンピンクのボックススカートという出で立ち、メイクも薄化粧で、街角やホテルで見かけた同年輩の女性とは全く異なる雰囲気のナチュラル美人の先生が、私は一目で、大好きになりました。
そう言えば、前日漢陽大学で見かけた女子大生もナチュラルな感じだったし、この聖公会大学の学食で見かけた学生さん達もみんな素朴な感じでした。
先生がよくおっしゃる「インテリ層は、違いますけどね・・・。」という意味は、こんな所にも表れているのでしょうか。

More
[PR]
by lee_milky | 2006-08-17 20:05 | 韓国旅行 | Comments(4)