2018年 08月 26日 ( 1 )

ミスターサンシャイン、第15話

あれほど楽しみにしていた15話をようやく観ることができました。
そして、ユジンが生きのびた理由は、私の想像とは違っていました。
要は、ユジンは、自分の命をただ差し出したのではなく、ヨハネを殺した真犯人キム・ヨンジュを伴ったのでした。
もともとファン・ヒョンサンもユジンを殺したくはないからユジンの目論見に乗ったということでしょうか。
私の推理は単純でしたね。


イ・ワニクの背後に伊藤博文の影を見、慄く朝鮮王の高宗。
この辺りが、一般的な高宗の姿ですよね。

側近のイ・ジョンムンはファン・ウンサンからユジンは既に見方だったのに、気づかず逃したと聞き、三度、ユジンに接見。
ユジンは、朝鮮側に着くことを約束します。
元々、自分は朝鮮人なのかアメリカ人なのかと悩んでいましたからね。

つまり、ユジンも義兵になるということでしょうか。
その後の史実を考えると、ユジンもエシンも時代の犠牲になりそうですね。
ユジンがアメリカ軍のままだったら、何とか生きる道もあった気がしますが。

義兵と言えば、工藤ヒナもまたやはり義兵なのでしょうか。
以前にも、そうかな違うかなと書きましたが、やはり謎ですね。

そして、キム・ヒソンの動向。
新聞をハングルオンリーで発行するなんて、時代の最先端を行ってたのよね。
筆をもって自分の過去を漱ごうとするのかな。
この人もやはり時代の激流に自ら身を投じようとしていますね。

最後に、お約束の予告編。
エシンがユジンを祖父に引き合わせて逆鱗に触れています。
それはそうでしょう。

いったいどういうことになるのか。
今回はすぐ16話が観られるので嬉しいですね。


↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


[PR]
by lee_milky | 2018-08-26 20:12 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)