人気ブログランキング |

2019年 05月 03日 ( 2 )

日韓映画文化交流研究会 6月の例会のお知らせ

1.内容 ドキュメンタリー映画「主戦場」観覧と語る会
2.場所 映画館 KBCシネマ 
3.期日 2019年6月9日(日) ※時間はKBCシネマのタイムスケジュール公開後に決定し、お知らせします。



by lee_milky | 2019-05-03 21:07 | 日韓映画文化交流研究会 | Comments(0)

5月例会報告

昨日は、令和初の例会。
f0027009_15223093.jpg
初の映画館「小倉昭和館」

f0027009_15223208.jpg
映画は「1987、ある戦いの真実」と「それだけが僕の世界」
前者は、例会だけでも3度目の作品です。
公開時と木版画の展覧会のイベントとして上映された時と今回。
前回の例会では、上映の後にトークイベントだったので、トーク後初めて見た今回は、より感慨深いものがありました。
史実をもとにしたフィクションとはいえ、新聞記事にも版画にもなったイ・ハニョルの死は本当なわけで、今回改めて韓国映画のすごさを感じずにはいられませんでした。

ここ小倉昭和館は、公開の終わった話題作を二本立て1,100円で上映しています。
北九州映画祭の会場になったり、彼の高倉健さんとゆかりがあったりとなかなか面白い映画館です。
私どもの自主上映にも館長さんが何度も足を運んでくださったり、自主上映のために貸し館をしてくださるとの申し出をいただいたりと、何かとお世話になっているにもかかわらず、こちらは不義理ばかりして今回初めての例会会場と相成ったわけです。

映画と映画の幕間にクッキーやサンドイッチの販売があって、とても新鮮に感じたので、おなかはすいていなかったのですが、「令和」クッキーを一つだけ買い求めました。
f0027009_15562554.jpg

休憩をはさんで見た「それだけが僕の世界」は発達障害を持つ人物を描いた映画としては、あの「レインマン」を超える良作だと聞いていたので、今回はそういう視点で見ましたが、そのことが一般的な話題になっていないのが残念に思われました。
ピアノを壊したシーンでは、タイミングよくハン・ガユルが登場するので、やはりジョハは彼女にジンテを託し、彼がスムーズにガユルのもとに行かれるようにあんな荒療治をしたのかなと考えました。

いずれにしても、名作を何度も見られたことに感謝感謝の例会となりました。



by lee_milky | 2019-05-03 15:57 | 日韓映画文化交流研究会 | Comments(0)