人気ブログランキング |

カテゴリ:日韓交流( 32 )

こんな時だからこそ

いい記事です。
先日のファンミのことも載っています。

私の周辺では、中高生の日韓交流が中止される事案が多発していて、正直、ファンミは大丈夫なのか、ビョンホンシは母国で責められないのかと心配もしていたので、この記事を読んで正直ほっとしました。

こんな時だからこそのエンタメ日韓交流の力を信じましょう!
ファイティン!!


by lee_milky | 2019-08-10 18:03 | 日韓交流 | Comments(0)

日韓交流








by lee_milky | 2019-04-13 22:27 | 日韓交流 | Comments(0)

宿題、やらなければ


昨年夏に頂いた宿題が未だ手つかずです。
それは、この動画に韓国語の字幕を付けることです。

なにせ、この動画の編集データが既にないので、まずは私の手元にあるディスクから編集機に取り込む必要があり、さらに、日本語を文字に起こして、韓国人の方に翻訳を依頼し、それをテロップにして映像につけなければなりません。
私の持っている編集機はテロップは手打ちしかできないので、ハングルで一文字一文字タイピングしなければなりません。
本当に、そんなことができるのか・・・。

しかし、昨年の秋にわかったのは、日本に残る日韓の心温まる話はほとんどがねつ造だそうで、筑豊に残る話の中で、この話だけが実話だということです。
たまたま私が出会った話が数少ない実話なら、やはり宿題は遂行しなければ。

と、今夜思ったので、ここに貼り付けておこうと思います。

先ずは、文字起こしから、頑張ります^^


by lee_milky | 2019-01-28 21:58 | 日韓交流 | Comments(0)

福岡朝鮮歌舞団 特別公演2018 소원(願い)に行ってきました

昨日、仕事を一時間早退して、先日、紹介した「福岡朝鮮歌舞団 特別公演2018 소원(願い)」に行ってきました。
会場のパピヨン24ガスホールが満席になるほどの盛況で、遠くはソウルやプサンからもお客さんが詰めかけたそうです。

昨年から二度にわたってアリランコンサートでコラボさせていただいていたので、リハーサルでは歌舞団の演技を拝見していたのですが、今回、観客の一員として前から3番目の座席に陣取っての鑑賞は、圧巻というより他なかったです。

歌舞団の演技では、質の高い韓国舞踏や歌に圧倒され、韓소리(ハンソリ)さんとのコラボレーションではこれでもかというほどの統一を願うメッセージに胸が熱くなりました。
また、長年コラボレーションをしてこられたという志免飛龍太鼓との息の合った共演やKoreaをルーツに持つ三味線奏者の方と和服でモダンダンスを踊る方の共演など、多種多様な演目が披露され、あっという間の2時間でした。

歌舞団は日本全国にあるそうですから、みなさんもぜひ機会があったらご覧になってください。
質の高いパフォーマンスに圧倒されること間違いなしですよ^^




by lee_milky | 2018-12-29 23:48 | 日韓交流 | Comments(0)

福岡朝鮮歌舞団 特別公演2018

福岡朝鮮歌舞団の特別公演2018「소원願い」が今月26日、福岡市のパピヨン24ガスホールで行われます。
時間は18:30開演で、チケットは3,500円です。

公演では、歌舞団の演奏のほか、日本の和太鼓や三味線、ダンスなども披露されます。
そして、今回初めて実現したのが朝鮮ではなく韓国由来の伝統打楽器グループのゲスト出演なのだそうです。
カテゴリでは日韓交流になっていますが、この公演は日朝韓交流であるわけです。
とはいえ、共に在日コリアンの方が主体の団体で福岡が活動拠点です。

「福岡朝鮮歌舞団」は、私が所属する合唱団がアンニョンハセヨコンサートでコラボさせていただいた歌舞団です。
そして、今回の公演にゲスト出演されるのが、韓国伝統打楽器グループ「韓ソリ」です。
「韓ソリ」は、日韓映画文化交流研究会主催の上映会の広報チラシの配布に協力していただいたり、上映会にも参加していただいたりと、以前よりお世話になっているグループですから、応援に馳せ参じたいと願っているところです。
そのため、今、他の予定を調整中です。

暮れの忙しい時期ではありますが、近隣のみなさま、是非、ご参加ください。
また、前売り券は3,000円で、事前に申し込めば、チケットを取り置きしていただけるので、ミルキーまでご連絡ください。

by lee_milky | 2018-12-15 22:32 | 日韓交流 | Comments(0)

アンニョンハセヨコンサートに出演!

カテゴリは日韓交流にしましたが、正確には日朝交流です。
昨年に引き続き、私が所属する合唱団が地元のアンニョンハセヨコンサートに出演しましたので、私も出演しました。

福岡朝鮮歌舞団のほか、九州朝鮮中高級学校の生徒などの演者に日本の演者が参加して、毎年この時期に行われているもので、今回で8回目になります。
我が合唱団は以前から出演依頼を受けていたそうですが、なかなか日程が合わず、昨年が初めての出演になりました。

このコンサートは、2011年の東日本大震災後に復興支援チャリティーコンサートとして始まったそうで、歌舞団の歌手キム・ミョンホさんは、阪神淡路大震災の被災者で、今もなお、少しでも揺れると怖くてたまらないという話をしておられました。
私たちも、歌舞団の舞踏手キム・ユンギさんとのコラボレーションでの嵐の歌った東日本復興支援ソング「ふるさと」と、単独でこれも東日本復興支援ソングの「歌の力」の演奏をしました。

私たちも演者なので、全ての演奏を観ることは叶いませんでしたが、他に日本の琴の演奏や朝鮮のカヤグムや打楽器の演奏、舞踏もあり、日朝が一体となった素晴らしいコンサートでした。

最後に、歌手のユンギさんがプログラムにはない「糸」を熱唱され、私は、ひそかに舞い上がっておりました・・・とさ。




by lee_milky | 2018-11-18 23:04 | 日韓交流 | Comments(0)

共に生きる未来を願って

今日は、盆の最終日でしたが、なんとか都合をつけて「全南道立国楽団 韓国伝統芸術北九州公演」に行ってきました。
「8・15光復節71周年記念及び民団創立70周年記念 」の式典の第二部が一般市民にも公開されるということで、複数の在日コリアン関係者の方からお誘いをいただいていたからです。

北九州芸術劇場の中ホールを埋め尽くす人、人、人の中に、直接お知り合いになった方、新聞や映像を通して見覚えた方、各種日韓関連行事でお見掛けした方など、見知ったお顔がたくさんあり、ビョンホンシがご縁で始まった、日韓交流の足跡を実感しました。

公演は、舞踏、パンソリ、扇の舞、カヤグム伴唱、チャング舞、散調合奏、マダン唱劇、ナムサダンを中心とした舞劇の8種類でプログラミングされた舞台は、圧巻と言う他なく、休憩なしの1時間半の公演はあっという間に終わりました。
韓国の文化に興味を持つようになってから、映画や祭り、演奏会などに通って見知った舞踏や音楽でしたが、やはりプロによる生のステージは迫力が違います。

また、この公演は熊本地震復興チャリティーでもありました。
主催者挨拶で、以下のようなことが来場者に訴えられました。
熊本震災に便乗して、ネットで在日コリアンへの差別を先導する書き込みが多くなされたことは皆さんも周知のことと思います。
しかし、この主催者の方は、同胞を案じて熊本の益城町に行ってみたところ、自宅が倒壊した在日同胞の方が、隣家の日本人の家に身を寄せ、両家が助け合って生活しておられたそうです。
その方は、「ネットの中では、大正時代の関東大震災を思わせる在日同胞に対する誹謗中傷が後を絶たないけれど、現実の社会では、このように日本人と在日同胞が仲良く暮らしている。また、ヘイトスピーチなどのつらい現実はあっても、未来を見て、共に生きる社会を築いていこう。」と結ばれました。

オリンピックでも、北朝鮮と韓国の体操の選手が仲良く自撮りした写真をツイッターにアップしたことが話題になっていましたが、実は、この韓国の選手は、在日コリアンで、韓国人選手としてオリンピックに出場するため単身、韓国に渡った選手なのだそうです。
日本で教育を受けた彼女だからこそ、何のためらいもなく北朝鮮の選手と親しくできたのかもしれません。

なかなか進まない日韓交流ですが、できる人ができることから始めるのが基本かなと思った出来事でした。


日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2016-08-15 23:49 | 日韓交流 | Comments(0)

トークイベントのお知らせ

f0027009_23461066.jpg

「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから
正会員年会費⇨の「日韓映画文化交流研究会STORERS」から、お支払い頂けます。

by lee_milky | 2015-10-08 23:46 | 日韓交流 | Comments(0)

仏教讃歌が繋ぐ日韓交流

昨年末、約40年ぶりに、高校時代にお世話になっていた合唱団に再入団しました。

今年の秋の40周年記念コンサートを前に、再入団やステージエキストラのお誘いが届いたのがきっかけでした。
これまでにも、幾度かお誘いは受けていたのですが、子どもが小さかったり母を引き取ったりで、なかなかきっかけがつかめないままに40年も経っていました。

今回は、子どもにも母にも手がかからなくなっているし、練習会場が勤務校に程近いこともあって、毎週火曜日のt練習日には、勤務校から直行するつもりで、思い切ってコンサート時のお手伝いだけではなく、再入団を決めました。

仏教歌を歌う合唱団なので、メインの曲は「歎異抄」という曲です。
私はソプラノパートなので、通常は音とりは比較的簡単なのですが、仏教讃歌の場合は、それがなかなか難しいのです。
それで、暮れに大掃除をしながら、「歎異抄」が収録されている25周年記念コンサートのDVDを繰り返し聴いていました。

そのDVDで、このコンサートでは韓国はソウルの尼寺の合唱団を招いていたことを知りました。
25周年と言えば、今から15年前、韓流ブーム以前です。
日韓の合唱団が合同で歌っているステージもあり、観ていて胸が熱くなりました。

この15年の間に、韓流ブームが到来したかと思いきや、今度は嫌韓で、耳を覆いたくなるようなニュースばかりが届いてきます。
ブームに流されるのではなく、草の根の日韓交流を続けていきたいと、切に願った年の暮れでした。
by lee_milky | 2015-01-07 20:55 | 日韓交流 | Comments(0)

不思議な縁



この映像番組は、1945年9月17日の枕崎台風の影響でおこった炭鉱事故にまつわる日韓の悲しくも心温まる交流に題材を得て編集しました。
この番組は、縁あって、昨年9月、福岡インディペンデント映画祭で上映していただき、当日は、糸田町の方々も会場にお越し頂きました。
68回目の命日のよい供養になったのではないかと心密かに思っていました。

そして、昨日、FaceBookのタイムラインにアップしていたこの動画に、ありがたいコメントを頂きました。
これも69回目の命日の供養になったと感じます。

縁とは本当に不思議なものです。

以前にも、お話ししたかもしれませんが、この番組を制作することになったのも不思議な縁に誘われてのことでした。
昨年、3月、日韓交流のイベントでお近づきになったある大学の先生が定年退職され、その退官を祝うパーティーに駆けつけました。

そのパーティーのレセプションで演奏していらっしゃったのが、韓国の伝統楽器「チャング」のプロ奏者「ペ・ヨンジン」さんでした。
その時、ヨンジンさんから伺ったのが、糸田町のエピソードです。

私は、その時、既に取材を始めていた映像番組のワンシーンにできるかもしれないとの思いから、後日、生徒を伴って、ヨンジンさんのご自宅を訪問しました。
ところが、ヨンジンさんの人となりも糸田町の日韓交流の実践もすばらしく、結局は、この話をメインに番組を編成することにしたのでした。

また、このパーティーでは、日韓映画文化交流研究会で度々MCをお願いしている韓国語通訳者の大塚大輔さんにもお会いしました。
大塚さんは、偶然、新聞で飲酒運転事故撲滅キャンペーンの映像作品を作っている中学校放送部があることを知り、インディペンデント映画祭に招待してくださる企画を構想していらっしゃる段階でした。
そこで、パーティーの席で、私が中学校の教員をしていることを思い出し、その話を何気なく持ち出されたのでした。
その話を聞いた私が、驚いたのは言うまでもありません。
なぜなら、当時、その放送部を指導していたのは、私自身でしたから。
結局、その話がとんとん拍子に進み、冒頭でお話しした映画祭で上映していただき、日韓のプロの映画監督とともに舞台挨拶に生徒共々立たせていただくという幸せに恵まれたのでした。

これを縁と言わずして何と申しましょうか。
1945年9月17日に殉職された4名の日韓の炭鉱夫の方々のご冥福をお祈りするとともに、私自身、全てのご縁に感謝し、この先の人生を歩んでいきたいと思います。


「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 
飛ばない時はこちらから 正会員年会費⇨から、お支払い頂けます。

by lee_milky | 2014-09-20 21:28 | 日韓交流 | Comments(0)