人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ヴェネチア国際映画祭 レッドカーペット





by lee_milky | 2018-08-31 23:24 | CF | Comments(0)

ミスターサンシャイン、高視聴率の要因の一つはチームワーク

韓国版(上)より内容は縮小されてますが、日本語版(下)も出てますよ^^
韓国ネチズンのコメントが嬉しいですね^^
蒸し暑い今年の夏を爽やかにしたミスター・サンシャイン軍団に拍手!!



↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-30 19:23 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)

ミスターサンシャイン、OST Part1



タイトル:その日(オリジナルバージョン

ティストパクヒョシン

容赦ない日差し 

その春は美しかった

息を殺した野原の上の花びらは 

赤く

果てしなく長い夜にも

私を覆ったのは青で

悲しい涙の夢でも

再び離れる

すべての風が止まる日

懐かしさが許されるその日

ラフな心で

あなたを呼ぶ

もしかしたら この人生の終わりで

多分来ないその日

寝つけないという口実で

あなたを呼ぶ

君と私の違いが

また他の私たちの痛みだと

お互いをねらった運命に

目をとじる

すべての風が止まる日

懐かしさが許されるその日

ラフな心で

あなたを呼ぶ

もしかしたら この人生の終わりで

多分来ないその日

寝つけないという口実で

あなたを呼ぶ

渇いた私の海に

ただ一度おりた赤い太陽

つくことはできない遠い夢

忘れない

あるいはこの人生の終わりで

結局一つになるその日

私のきらびやかだった痛みをみな

青と呼ぶ



↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-29 20:08 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)

ミスターサンシャイン、OSTも第1位に!

ミスター・サンシャインの10番目のOSTが第1位のチャートを獲得しました。
いい歌ですもんね。
でも、すごく難しい。



タイトル:AND I

アーティスト:ニューイーストW

私たちが言葉を交わさない夢を見て

もしかしたら あなたを見失うかもしれないと思って

届かない手を差し出した ウーム

別の日遠い季節に会ったならば

あなたは私のものだったでしょう

そう願ったけど

もう取り返しがつかないかと思って

後悔いっぱいかと思って

あなたに向かって また涙飲み込んだよ

そして私 そして私

最後には私たち別の道を行くでしょう

あなたをつかまえることはないでしょう

いつかまた会う

愛でいっぱいの その場所で

さよなら

あなたの目を見つめると(心が痛む)

偶然でもまた会える

今日も分かれたクロスロードの真ん中

あなたに向かってこの道を歩いたよ(忘れないで)

たどる記憶の中にあなたが入り込んで

見上げる空の上 通り過ぎる白い雲(白い雲)

固く閉じられた私の心の下

咲く花びらのように あなたの香り吸うには

この場所にこのまま

こうしてとどまることを願って

私の最後の笑顔

ただあなたが

覚えられるように

そして私 そして私

最後には私たち別の道を行くでしょう

あなたをつかまえることはないでしょう

いつかまた会う

愛でいっぱいの その場所で

さよなら

あなたのそばにいたすべての日々が

風のようにかすめて(私の中に入って)

舞い落ちるたくさんの花びらのように

私は知らないふりをする

この雨が 雨が

あなたとの思い出が

しきりに思い出されて

ますます遠ざかる

最後には別の道を行くでしょう(会うことはないでしょう)

あなたをつかむことはないでしょう(私の両手に)

いつかまた会う

愛いっぱいの その場所で

またね




↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-29 01:24 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)

ヴェネツィア国際映画祭出席!!〈追記しました〉

Facebookでしか観られませんが、動画を追記しました。


今回、ビョンホンシはレッドカーペットとガラディナーに参加だそうです。
動画がアップされるといいけど。
Cena di gala
Tappeto rosso



by lee_milky | 2018-08-28 23:19 | CF | Comments(0)

ミスターサンシャイン、第16話

そして、ビョンホンシはベネチア映画祭出席のため、ミンジョンシと共に既に韓国を発ったそうです。
休む暇どころか寝る暇もない忙しさですね。
でも、ドラマの好調で疲れも吹き飛ぶかな?

さて、そのドラマですが、エシンは祖父のコ・サフンに、結婚はしない。
彼を盾にはしない。
一人で生きていくと直訴します。

そして、ついにユジンはコ・サフンの前へ。
幼少時代のユジンを時折想起していたコ・サフンでしたが、やはり孫娘の相手となると、話は別のようです。
なぜ奴婢なのか。
なぜ米軍なのか。
当然と言えば当然の反応ではあります。

いずれにしても、メロー全開の今回でした。
エシンの嗚咽が胸に痛かったです。

そうそう、ユジンは米軍をやめるわけでなく、米軍の立場で朝鮮軍の指導をすることのようです。

ク・ドンメはコ・サフンに手紙を届け、キム・ヒソンは新聞社を設立し、もしかして、みんながみんな義兵になるの?
と思いきや、予告編ではク・ドンメが撃たれた。
え!?死ぬの?

来週まで待てない!!
毎回、予告編に翻弄されますね。


↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-27 22:03 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)

ミスターサンシャイン、第15話

あれほど楽しみにしていた15話をようやく観ることができました。
そして、ユジンが生きのびた理由は、私の想像とは違っていました。
要は、ユジンは、自分の命をただ差し出したのではなく、ヨハネを殺した真犯人キム・ヨンジュを伴ったのでした。
もともとファン・ヒョンサンもユジンを殺したくはないからユジンの目論見に乗ったということでしょうか。
私の推理は単純でしたね。


イ・ワニクの背後に伊藤博文の影を見、慄く朝鮮王の高宗。
この辺りが、一般的な高宗の姿ですよね。

側近のイ・ジョンムンはファン・ウンサンからユジンは既に見方だったのに、気づかず逃したと聞き、三度、ユジンに接見。
ユジンは、朝鮮側に着くことを約束します。
元々、自分は朝鮮人なのかアメリカ人なのかと悩んでいましたからね。

つまり、ユジンも義兵になるということでしょうか。
その後の史実を考えると、ユジンもエシンも時代の犠牲になりそうですね。
ユジンがアメリカ軍のままだったら、何とか生きる道もあった気がしますが。

義兵と言えば、工藤ヒナもまたやはり義兵なのでしょうか。
以前にも、そうかな違うかなと書きましたが、やはり謎ですね。

そして、キム・ヒソンの動向。
新聞をハングルオンリーで発行するなんて、時代の最先端を行ってたのよね。
筆をもって自分の過去を漱ごうとするのかな。
この人もやはり時代の激流に自ら身を投じようとしていますね。

最後に、お約束の予告編。
エシンがユジンを祖父に引き合わせて逆鱗に触れています。
それはそうでしょう。

いったいどういうことになるのか。
今回はすぐ16話が観られるので嬉しいですね。


↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-26 20:12 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)

ミスターサンシャイン、보고십엇소

今夜、ミスターサンシャイン・サンシャインの動画を見ていたら、エシンがユジンに見せたのは「보고 싶었소」でなく「보고 십엇소」でしたね。
そう言えば、タイトルの「미스터 션샤인」も当時の表記に合わせたという記事が出ていましたっけ。

미스터 션샤인(旧)
미스터 선샤인(現)

보고 십엇소(旧)
보고 싶었소(現)

ファンミのお土産に私が書いたのは現代表記の보고 십엇소でした。
残念



↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-24 22:51 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)

ミスターサンシャイン、15話予想

14話のラストが衝撃的過ぎて、今後の行方が気になって仕方ないミルキーです。

とはいえ、主役のユジンが中盤で死ぬわけもなく、
何らかの方法で生き延びるわけで^^

だったら、どんな理由で生き延びるかを予想してみましょう。

14話でク・ドンメの手下に襲われたとき、
「今はまだ死ねない。」
(ヨゼフの死の真相が分っていないから)
と言っていたのに、
エシンのためなら、自らの命を差し出す覚悟のユジン。

だとしたら、それにこたえてエシンがユジンを逃がすというのが
最も濃厚ですかね。

でも、その場合、エシンの立場はどうなるのでしょう。
考えただけでも胸が痛みます。

しかし、義兵の頭目である陶工のハン・ウンサンは
元々ユジンを殺したくはなかったはずで、
そして、ユジンの師匠の猟師チャン・スングも
エシンの気持ちを思えば命を下すことには抵抗があったはず。
いや、異論を唱えたかも

だから、今回は直々にウンサンがエシンに命令したわけで

そう考えると、何かちょっとしたきっかけで
どんでん返しがあるかも

まー、希望的観測ですが。

元々、ユジンを生かしてはおけぬと言ったのは
大臣のイ・ジョンムンなわけで、

それを覆すとなれば、王しか居ないですよね。

密書が役に立たなくなった今、
手の打ちようがなくなって、
三度、ユジンに接触しようとするとか

それで、慌てて、ジョンムンが殺すなと指示するとか。

こちらの方が円満だけど、
それはないかな~~。

そうそう、エシンの祖父のコ・サフンを
ヨゼフを殺した犯人に仕立てようとしてましたね。
そのあたりとの関連はどうなるでしょう。

コ・サフンが犯人だと王コジョンに衷心する。
サフンはコジョンを指導した人
サフンが犯人とは信じられないコジョンが
この事件を調べているらしい
ユジンにコンタクトをとろうとする。

あら、できました~~。
パチパチ。



↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-22 21:55 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)

ミスターサンシャイン、第14話

え~~~~~~~~~!!
こ・・・細かいことはさておき
エシンにユジン殺害の命が下りました!!
それを知ったユジン、わざわざエシンに殺されるために窯場へ。

そげな~~~~~~~~!!
まっ、後10話残ってるからユジンが殺されることはないけどね。
それにしてもどんな展開になるんだろう。
観終ってすぐから次回が待ち遠しい。

でも、でも、今度の土日は夫と出かけるから、
観られないんだよね。
(´Д⊂グスン

さて、ちょこっとだけ、印象に残ったことだけ記録しておきます。

今日、義兵のメンバーが次々に明かされたのですが、
めっちゃ多かった。
鍛冶屋も飴屋も薬屋も・・・。
これまでちょいちょい出演した人はすべてと言っても過言ではないくらい。

それから、ユジンがエシンの祖父に会いに行ったこと。
お祖父ちゃん、思い出さなかったのね。
そりゃそうだ。
あれから30年以上も経ってるから。

そして、工藤ヒナとエシンのカッコいいこと。
今回は立ち回りが多かった気が。
それをネチズンが望んでるのかな。

ミスター・サンシャイン
すごくヒットしてるのに、
名作「トッケビ」と常に比較されるから大変。



最後に宣教師のヨゼフがなぜ朝鮮王と接触したのか分からなかったけど
宣教師なだけに
世の安泰を願ったのですね。

現歳の余暇の過ごし方
ミスター・サンシャインを観ていない時は
浅田次郎作「天子蒙塵」を読んでます。
日帝が満州国を作るあたりのラストエンペラーを取り巻く歴史小説です。
まー、これが。
時代背景がMスター・サンシャインと酷似してて、頭がウニになりそう。

そうそう、昨日、軍服が史実に基づいてると書いたら、日本軍の軍服が黒なので、
史実とは異なるのでは?
というご指摘を受けたのですが、
日本軍の軍服が黄土色になったのは、
満州国建国と関係があります。

つまり、満州の黄砂の中にあって目立たない色ということで
軍服が黒から黄土色になったのです。

だから、ミスター・サンシャインの中では、
日本軍の軍服も「黒」で間違いないと思われます。




↓日本からも視聴できます↓



日韓映画文化交流研究会は随時会員を募集しています。まずは、HPをご覧ください。
「日韓映画文化交流研究会」随時会員募集中!
←Click!! 飛ばない時はこちらから


by lee_milky | 2018-08-20 20:53 | -ミスター・サンシャイン | Comments(0)