人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

板門店に行けなかった旅 番外編

今日の夕方、職員室で「宦官」について話している人がいた。
それで、気づいたのが、今回、「光海、王になった男」を観ながら思った私の勘違い。

それは、「あれ?日本には宦官はいなかったんじゃなかったっけ?」ということ。
なぜそんなことを思ったのか。
韓国の映画を観ながら、日本の映画と勘違いしてた。
字幕がなかったからかな。
一日に映画を三本も観て、混乱してたからかな?

それにしても、今回の上映作品はビョンホンシが選んだそうだけど、どういう観点で選んだんだろう?
組み合わせとしては、それぞれジャンルが違っていて、おもしろくはあったけど。

なぜ、一日目は「内部者たち」の上映がなかったんだろう?
4作品制覇したかったな。

by lee_milky | 2019-07-16 22:29 | 韓国旅行 | Comments(0)

板門店に行けなかった旅⑩


映画の後は、GVが開催されました。
この模様と、この後に行われたセンパの模様は、ルバースのHPに動画がほとんどノーカットでUPされていますので、会員の方はそちらでご覧くださいね。

ルバースの内容は会員以外は見られないことになっていますが、GVの模様は、観覧者の方がUPされていましたので、貼り付けておきますね。

私の感想は、GVの最中は、50歳の誕生日がこんな形でお祝いできて、ビョンホンシは幸せだなと思いました。
ビョンホンシもいろいろあったけど、その都度乗り越えてきましたものね。
そして、その日を一緒に祝うことができた私も幸せ者でした。

ルバースの方は、私にとってまるで芥川龍之介の蜘蛛の糸※(「特のへん+廴+聿」、第3水準1-87-71)陀多(かんだた)になったような気分でした。
そして、その気分は、今、動画を見て、MAXになりました。

でも、お釈迦様が天から垂らされた蜘蛛の糸に気づいた瞬間を大切に思いなおそうと思います。

なにせ、私は、ビョンホンシがLAに家を購入したことをこんな風に思い、今度が最後かもしれないと思って、センパに参加したのだもの。
この勘違いによって、ビョンホンシの素晴らしい50歳の誕生日を一緒に祝うことができたことに感謝します。
そして、このことが勘違いだったことがわかった幸せをかみしめます。
さらに、あれほど気にしてた映画の公開の日程も何となくわかったしね。

でもね。
最後に一つだけ。
誕生日のお祝いにビョンホンシの名前入りのUSBをプレゼントしたんですよ。
「LAに行ってもインスタに一杯UPして私たちに近況を知らせてくださいね。その願いを込めて、このプレゼントにしました。」って書いたバースデーカードを添えて。
これって、なんだか間抜けじゃないですか~。



by lee_milky | 2019-07-15 21:28 | 韓国旅行 | Comments(0)

板門店に行けなかった旅⑨

次は、


です。

今回はGV付きなので、くじ運の悪い私はL列の14番でした。

とは言え、あのビョンホンシートの二つ右です。

映画の前、周辺の人でわいわい言いながら、かわるがわるシートの写真を撮りました。

しばらくして、シートにどっかり腰を下ろす方が居て、初めは、ちょっと座ってみただけかと思っていたのですが、どうやらそこの席をわざわざゲットされたようでした。

韓国の方で、シートの写真を撮っておられましたから、ファンの方でしょうね。


さて、映画がいよいよ始まりました。

この映画はブロックバスター系の映画でありながら、心に迫る良い映画です。

涙あり、笑いあり。

俳優陣の演技力もすごいし。


以前も、書いたかもしれませんが、ビョンホンシは一人二役でなく三役ですよね。

本物の光海とハソンと光海を演じるハソンと。


今回、光海を演じている時は、ハソンを食わないように、カメオ出演たみたいに遠慮してる気がしました。


by lee_milky | 2019-07-14 22:56 | +王になった男 | Comments(0)

板門店に行けなかった旅⑧


次は、

です。

これを観てしまうと、ルバースの受付の開始時刻を過ぎてしまうからか、ビョンホンファンは私だけのような気がしました。

定かではないですが。


この映画は掛け値無しに面白いし、カッコ良いです。

何も考えずに観られました。

カッコいいビョンホンシを撮らせたら、キム・ジウン監督の右に出る人は居ないでしょうね。

何せ、この映画は私がビョンホンシのファンになってから初めて大ヒットした作品であり、初めて韓国まで行って観た作品なので、この作品が特に好きかというと、正直そうでもないのですが、そういう意味で、私にとって特別な作品です。


ところで、この映画、いろんなバージョンがあったと思うのですが、一体どのバージョンなのかは分かりませんでした。

それは、字幕がついていないからかも。


当時はチャンイが亡くなったから、残念で仕方なかったけど、今は落ち着いて観られます。


ファンとしてのありようも、変容してきたみたいです。


by lee_milky | 2019-07-14 19:05 | +グッド・バット… | Comments(0)

板門店に行けなかった旅⑦

いよいよ「バンジージャンプする」の始まりです。
今回も、ビョンホンファンらしき人以外は、ビョンホン世代の男性でした。
と、言っても、全部合わせてもパラパラでしたけど。

バンジーは、福岡で自主上映してからしばらくは、憑き物がついたように観ていましたが、最近はご無沙汰していました。
あれから経年がたち、自分も世の中も変わると、映画の解釈や感じ方はこうも変わるかと驚きながら観ました。
いずれにしても、この映画は素晴らしいです。
こう言うと、古いお仲間さんは、嘘ばっかりと仰るでしょうね。
はじめは、この映画が受け入れ難くて、そのことをブログに書いたので、この映画を好きになってねと、DVDをくださった方があったほどです。

さて、今回、特に感じたのは、はじめと終わりのバンジージャンプをした後の渓谷のシーンです。
まるでドローンで撮ったようなあのシーンをどうやって撮られたのでしょう。
監督に聞いてみたいところです。

それから、テヒは何に生まれ変わってたら幸せだったのかを考えました。
イヌの娘?
女子生徒?

風でも草でも動物でも良かったのよね。
千と千尋みたいに。

そうすれば、二人は死ななくてすんだ。

映画ができた当時、男子生徒だったからこそイヌは、あれほどに悩み、二人は死を選ばざるを得なかった。

今の時代だったら?

例え男子生徒だったとしても生きる選択肢も死ぬ選択肢もあって、それは女子生徒でも同じなんじゃないかと思いました。

まー、死ななきゃこれほど美しい映画にはならなかったでしょうけど。

そういう意味では、今の時代では成立しない映画だったかもしれません。

そして、以前はどうしても、イヌの家族が不憫で仕方なかったけど、この映画の主人公はイヌの魂とテヒの魂だけで、その他の登場人物は、例えそれがイヌでもテヒでも、魂を借りた体は誰がどうであろうと関係ないのだと思いました。

最近、授業で映画を取り扱うようになってから、自分自身が変わった気がします。

ドローンの出現、LGBTに対する社会の理解の深まり、自分自身の変容。
そんなことを考えながらも、美しい映画を改めて堪能しました。


by lee_milky | 2019-07-14 14:00 | +バンジージャンプする | Comments(0)

板門店に行けなかった旅⑥

新興の町をちょっとだけ散策した後、ロッテシネマ城南中央店のあるeマートのビルに戻りました。
今度は8階までエスカレーターを利用して、各階を散策しながら昇りました。
新装オープンしたばかりなのかほとんどが空き家になっていて、それこそ映画の撮影ができそうでした。

ポップコーンを食べながら、バンジーの開始時間を待っていると、
f0027009_12463545.jpg
この写真の向かって右側
f0027009_12473679.jpg
この写真の向かって左側のところが開いて、中から男性がパラパラと出てきました。
後からわかったのですが、ここが、ビョンホン館である6館の出口になっていて、出てきた方は、私が見逃した王になった男を見た方のようでした。

この頃になると、日本のビョンホンファンの方もちらほら来られて、写真を撮るなどしておられました。

さあ、いよいよバンジージャンプするが始まります。朝、撮影したところを通り過ぎて、コーナーを左に回り込むと…
f0027009_12555811.jpg

f0027009_12565049.jpg

f0027009_12560749.jpg

f0027009_12561073.jpg

f0027009_12561477.jpg

f0027009_12572798.jpg

f0027009_12573205.jpg

f0027009_12582430.jpg

f0027009_12573849.jpg
f0027009_12585284.jpg

f0027009_12585697.jpg

f0027009_12590691.jpg

f0027009_12595877.jpg

f0027009_13000120.jpg
f0027009_13013557.jpg

f0027009_13005041.jpg
10階のホワイエからビョンホン館までコの字型に配置された展示物の数々に大興奮です。

だけでなく…
f0027009_13023193.jpg
館内に入ると、足元がこんな風にライティングされていました。
写真だとやけにはっきりしていますが、もっとぼんやりとしていて素敵です。
なぜか私はこのライティングに気分がマックスになり、ウルっときてしまいました。

さらに、L列の12番には…
f0027009_13085658.jpg
ジョンホンシート♡
「ビョンホンシは幸せだなぁ」

by lee_milky | 2019-07-14 12:37 | 韓国旅行 | Comments(0)

板門店に行けなかった旅⑤

ここからが、入場しないと観られない展示です。
先ずは、この二枚、違いがわかりますか?
初めから午前中のもの。
二枚目が午後の修正後です。
しかも、職人さんでなくて、サラリーマン風の人が何やらやってたんですよ。
修正箇所はロゴのところだと思います。
f0027009_20083002.jpg

f0027009_20063118.jpg

f0027009_20114200.jpg

f0027009_20122641.jpg

f0027009_20135283.jpg
f0027009_23064161.jpg

f0027009_23064304.jpg

f0027009_23064510.jpg

f0027009_23073643.jpg



f0027009_23043641.jpg

f0027009_23043909.jpg

f0027009_23044142.jpg


f0027009_23080668.jpg

f0027009_23085639.jpg

f0027009_23081154.jpg

f0027009_23081615.jpg

f0027009_23081860.jpg
f0027009_23102517.jpg

f0027009_23111564.jpg
初めは、ここまでしか気づかなかったんだけど、バンジーを観るときにコーナーを曲がったら…。

by lee_milky | 2019-07-13 19:59 | 韓国旅行 | Comments(0)

板門店に行けなかった旅④

ビョンホン館のある10階に行ってみると、もうそこはビョンホン館♡
写真をたくさん撮りました。
地元の方やお掃除の方までご存知なかったようで、え!?って感じで、観ておられました。
インスタをされてない方は、サムネイルしか見えないそうなので、写真を貼り直します。動画はアップロードできませんでした。

f0027009_18572614.jpeg
f0027009_19030102.jpeg
f0027009_19042466.jpeg
f0027009_19055747.jpeg
f0027009_19105028.jpeg
f0027009_19120304.jpeg
f0027009_19153429.jpeg
f0027009_19162515.jpeg
f0027009_19175651.jpeg
f0027009_19190552.jpeg
f0027009_19200181.jpeg
f0027009_19210039.jpeg
f0027009_19221732.jpeg
f0027009_19232489.jpeg
ここまでは10階のホワイエの部分の展示です。
ショーケースのなかも撮りました。
台本や映画で使われた小道具など。
アン・サングの義手がインパクトあり。
次からは、ビョンホン館に入るまでのアプローチ。
写真撮っても良いですかと聞いたら、通してくれました。
なにせ、私しか居なかったのでね。
下のインスタの画像は、次のトピックスで貼りますね。



この後、少しの間、街をぶらり。
都会でした。
ダイソーで使い捨てもしくは電池式のバッテリーを買おうと思ったのですが、ありませんでした。

by lee_milky | 2019-07-13 18:29 | 韓国旅行 | Comments(0)

板門店に行けなかった旅③

タイトルが板門店に行く旅だったとは言え、センパにビョンホン館のオープン記念も付いてくるとあって、気持ちはそわそわしていました。
早朝9時からの王になった男を観るためには、ホテルを7時半には出ないと間に合いませんが、ホテルの朝食は、7時から。
それで、バタバタと準備を済ませて、出かける支度をして、朝食に行きました。

でも、プレジデントのモーニングが美味し過ぎて、
王になった男は舞台挨拶でも上映されるから、観なくてもいいか。という気になり、先ずは朝食を腹一杯食べました。

しかし、朝、大急ぎで支度したため、バッテリーを忘れてしまいました。
今回、いつものビデオカメラも置いてきてしまったので、写真やビデオを撮るのに冷や汗ものでした。

さて、先日、予習していたように、会場のロッテシネマ城南店はかなり遠かったですが、2号線では、初めてひとりで地下鉄に乗って行った漢陽大駅があり、乗り換えた8号線は南漢山城駅があって、色々楽しみながら行きました。
それに、最寄駅の新興から、ロッテシネマまではネットで調べたいりぐちより近い入口があって楽ちんでした。

ロッテシネマ城南店はeマートの8階から10階にあります。
8階に直行すると、先ず映画のチケットを購入しました。
バンジーとノム✖️3は、最前列Bの中央13番を購入。
GV付きの光海も、一応見てみましたが完売でした。


by lee_milky | 2019-07-13 17:29 | 韓国旅行 | Comments(0)

板門店に行けなかった旅②

出発は木曜日の深夜便でした。
いつものことですが、仕事帰りに直接、旅行するのは、職場を出るまでドキドキです。
今回も、5時ダッシュは出来ず、
何とか飛行機に飛び乗りました。

ただでさえ金曜日に休日を取ったので、早退しなくて良いように夜遅い便にしていましたが、そのせいで、空港鉄道の直通便の最終に乗り遅れてしまい、一般車でソウルまで行くことになりました。
もともと時間はあまり変わらないので、いつもは、到着の早い方を利用するのですが、なぜか今回だけ直通便を予約していたので、これがパーになってしまいました。

駅のホームで両替の自販機を見つけて、初体験。
パスポートをスキャンして、円を入れたら、ウォンのお札がさっと出てきて、大変便利。
後で調べたら、ソウル市内よりレートはちょっとお高めということでしたが、小銭はあまり使うことがなくて、チップがわりに置いてきてしまうので、今後も利用しそうです。

で、ソウルまではこの鉄道で無事に行けたのですが、そこからは、
地下鉄が既に動いてなくて、タクシー移動に。
プレジデントホテルが何度言っても通じず、最後に市庁のロッテホテルの横のプレジデントで漸く分かってもらえました。

そのプレジデントは初めて利用しました。
今回、最近よく利用するようになったセジョンホテルと料金が大差無く、板門店ツアー出発地であり、更にセンパの場所が決まっていなかったので、ソウル駅からほど近く、地下鉄1号線と2号線が乗り入れることから決めました。

流石四つ星。ロッテほどの豪華さはありませんが、清潔でモーニングが美味しいです。

by lee_milky | 2019-07-13 11:57 | 韓国旅行 | Comments(0)